大東文化大学東洋研究所大東文化大学東洋研究所

メニュー

東洋研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

刊行図書

東洋研究所の最新刊行図書です。 研究所の刊行物は下記の4書店が取り扱っておりますので、ご注文・お問い合わせはこちらにお願いいたします。

(有)池上書店
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1 大東文化大学2号館B1
TEL:03-3932-756703-3932-7567
FAX:03-3932-7544
E-mail:ike-book@smail.plala.or.jp
大東文化大学内購買部
(株)進明堂書店
〒355-8501 埼玉県東松山市岩殿560
TEL:0493-34-44300493-34-4430
FAX:0493-34-5622
E-mail:info-daigakuten@shinmeido.co.jp
汲古書院
〒102-0072 千代田区飯田橋2-5-4
TEL:03-3265-976403-3265-9764
FAX:03-3222-1845
E-mail:kyuko@fancy.ocn.ne.jp
東方書店業務センター
〒175-0082 板橋区高島平1-10-2
TEL:03-3937-030003-3937-0300
FAX:03-3937-0955
E-mail:tokyo@toho-shoten.co.jp

藝文類聚 (巻46) 訓読付索引

東洋研究所研究班 第2班 研究成果による刊行物

大東文化大学東洋研究所「藝文類聚」研究班(代表 中林史朗)
2018年2月25日発行/B5判 45,33頁/ISBN 978-4-904626-32-0/頒価3,000円(税別)

「藝文類聚」は中国の類書の中でも早い成立に属する類書で、日本文学への影響は計り知れないものがある。その『藝文類聚』を巻ごとに訓読文を施し、四部叢刊に採録されている作品については校異を付し、最後に利用者の便を考えて重要語彙索引を掲載したものである。

歴史研究者からの要望に伴い、前巻45以降職官部の読解に着手している。

本巻には『藝文類聚』巻46職官部2(太尉・太傅・太保・祭酒・博士)の訓読文・校異・注(典拠)・索引を収めている。 《既刊》巻1~巻16、巻45、巻80~89

『茶譜』 巻10 注釈

東洋研究所研究班 第5班 茶の湯と座の文芸 研究成果による刊行物

藏中 しのぶ、相田 満、安保 博史、オレグ・プリミアーニ、菅野 友巳、藏田 明子、笹生 美貴子、フレデリック・ジラール、高木 ゆみ子、布村 浩一、三田 明弘、松本 公一、矢ケ崎 善太郎 共著/
2018年2月26日発行/B5判 237頁/ISBN 978-4-904626-31-3/頒価11,000円(税別)

『茶譜』全18巻は、茶道流派の生成がきざし始めていた寛文年間(1661~1673)頃の成立とされ、茶道全般におよぶ総合的な類聚編纂書である。各項目について、千利休流・小堀遠州流・古田織部流・金森宗和流等、流派のちがいを対照的に提示しつつ、茶の湯や茶室にかかわるさまざまな記事を類聚編纂した茶道百科事典ともいうべき性格を備えている。

本書は、『茶譜』最善本とみなしうる国会図書館本を底本とし、伝存する四種の写本(国会図書館本・静嘉堂文庫本・内閣文庫本・岩瀬文庫本)すべてを校合して【校異】を示し、校訂をくわえた【本文】を掲げ、【訓み下し文】【大意】を加え、さらに若干の【語釈】と【考察】を施したものである。

既刊 巻1~巻9

大野盛雄フィールドワークの軌跡Ⅱ
―1960年代~1970年代のイランとアフガニスタン農村調査から―

東洋研究所研究班 第6班 イラン文化圏における伝統と変容 研究成果による刊行物

研究班(代表 原 隆一)
2018年3月20日発行/B5判 223頁/ISBN 978-4-904626-33-7 /頒価7,000円(税別)

本書は、『大野盛雄フィールドワークの軌跡』シリーズ(全5巻予定)の第2巻目にあたる。すでに、第1巻(総論編)で、大野氏が1950年代前半の日本漁村調査からスタートし、1950年代後半の南米日系移民開拓村調査、1960年代から亡くなる2001年まで調査拠点を西アジア地域(イラン、アフガニスタン、トルコ)へと大きく移し研究に専念した50年間の研究軌跡を追った。

今回の第2巻では、1960年代前半(1963年、1964年、1966年)に氏が単独でおこなったイランの5つのむらの調査、1970年からはじまる全3回の科研費による海外共同調査(『西アジア農村の人文地理学的調査』)、すなわち、1970年のアフガニスタンの2つのむら(第1次調査)、1972年のイラン南部ポレノウむら(第2次調査)、1974年の同じくイラン南部ヘイラーバードむら(第3次調査)の20年間の調査研究に焦点をあてて、その軌跡を追ったものである。

この時期は、大野氏が年齢的にも40代にあたり、フィールドワーカーとしてまさに油がきった頃にあたる。一次資料を読み返してみると、調査研究にかける氏の情熱や息吹といったものがひしひしと伝わってくる。フィールド調査に邁進する一方、他方で調査スタイルや研究そのものにたいする思想といったものに悩みながら模索している様子がうかがえる。長期にわたる定点調査方法、イスラム世界へ女性調査員の参加、これまでおこなってきた農村の社会経済構造のみを客観的に調べる調査に疑問をもちはじめ、農民像を追求する「主観的)という新しい試みに挑戦する。

この時期に収集された一次資料は、氏の研究業績上でも密度が濃くもっとも重要なものであり、後の研究者たちが継続調査する上での貴重な基礎資料となっている。

関連ファイル
  • 機関誌 東洋研究
  • 図書館
このページのTOPへこのページのTOPへ