大東文化大学東洋研究所大東文化大学東洋研究所

メニュー

東洋研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

公開講座

東洋研究所では1985年(昭和60年)から一般の方を対象とした公開講座を開催しています。「アジアの民族と文化」を共通テーマに毎年11月に3回講座を行っています。
本年2017年度も、夏休み公開講座として7月~8月に、公開講座を行なうことにしました。

2017年度 秋の公開講座

『アジアの民族と文化』
 期間:2017年11月9日(木)・11月16日(木)・11月23日(木・祝日)
 場所:大東文化会館 K-302

会場
大東文化会館 3階 K-302研修室
交通
東武東上線『東武練馬駅』下車 徒歩3分
受講料
1回 500円
定員
50名(先着順)
申し込み
受付期間 2017年11月6日(月)まで
ハガキ、FAX、メールでお申込みください。
※E-mail :tokenji@ic.daito.ac.jp
     〒175-0083 板橋区徳丸2-19-10
     大東文化大学 東洋研究所 秋の公開講座 係
     電話:03-5399-7351
     FAX:03-5399-8756
注意事項
受け付けは先着順とさせて頂きます。定員を超過した場合は、やむを得ずお断りの連絡を差し上げることになります。あらかじめご了承ください。
駐車・駐輪はできません。お車、バイク、自転車でのご来場はご遠慮ください。
(問い合わせ先:大東文化大学東洋研究所)
第1回 2017年11月9日(木)13:00~15:00
講師
東洋研究所 准教授 小林 春樹
テーマ
現代日本に生きる古代中国の「遺産」―「年号」、その他を中心として―

 「昭和」、「平成」など、現代の日本において使用されている「年号」は、いまから2000年以上も昔の紀元前114年に、前漢の武帝が、彼が即位した紀元前140年にさかのぼって「建元」という年号をたて、その年を「建元元年」としたことに始まる年代の数え方です。
 今回は「年号」のように、現代に生きる私たちの生活と密接な関係を有している古代中国の「遺産」をアラカルト的に紹介することによって、日本と中国との深く、長い関係を再確認したいと思っています。  

第2回 2017年11月16日(木)13:00~15:00
講師
東洋研究所 兼任研究員・大東文化大学名誉教授
テーマ
ペルシアの伝統技術ー沙漠の知恵、したたかに生きるイラン人ー

乾燥という厳しい環境のなかにあって、その厳しさを逆手にとりながら、したたかに生きるイラン・アーリア民族の歴史と文化について、在来生活技術に焦点を当てながら話したい。具体的には、地下灌漑用水路「qanat」、製粉水車「asiyab-e abi」、沙漠から吹くから120日の風を利用した製粉風車「asiyab-e badi」などをとりあげる。
その際、私の現地での生活や調査経験などを踏まえなが話す。それは、過去を懐かしむのでなく、未来に向かっての持続的再生可能エネルギー装置としての可能性を十分にふくんでいるからである。

以下の3冊の刊行物を参考とする。
原 隆一『イランの水と社会』(古今書院、1997年)
ハンス・E・ヴルフ著(原 隆一ほか共訳)『ペルシアの伝統技術ー風土・歴史・職人ー』
(平凡社、2001年5月)
原 隆一・南里浩子編『大野盛雄 フィールドワークの軌跡Ⅰ-50年の研究成果と背景ー』
(大東文化大学東洋研究所、2017年3月)

第3回 2017年11月23日(木)13:00~15:00
講師
安保 博史 先生 東洋研究所兼任研究員・群馬県立女子大学教授
テーマ
李白伝説と蕪村の文事

 蕪村の俳諧や文人画の世界は、種々の李白伝説に基づいて創作されている。月を捉えようと湖に死す李白、鯨に乗る李白、「一斗詩百篇」の李白、楊貴妃に墨をすらせ、帝の御前で詠作する「酔李白」など、枚挙に暇がない。本講座では、俳系の上で其角に繋がる蕪村グループの李白伝説受容の諸相に触れつつ、彼らの文事の豊穣を楽しみたい。

2017年度 夏休み公開講座

受講生募集は終了いたしました。

『中国史入門~歴史教科書の先に見えるもの~』
期間:2017年7月22日~8月5日
場所:大東文化会館 K-302 

会場
大東文化会館 3階 K-302研修室
交通
東武東上線『東武練馬駅』下車 徒歩3分
受講料
無料
定員
30名(先着順)
申し込み
受付期間 6月1日(木)から7月20日(木)まで
(インターネットメールのみにて受付)メールに受講希望回・氏名・年齢を明記のうえ、下記のメールアドレスまでご送信下さい。(受講希望回数は複数の申し込みが可能です) ※E-mail : tokenji@ic.daito.ac.jp
注意事項
受け付けは先着順とさせて頂きます。定員を超過した場合は、やむを得ずお断りの連絡を差し上げることになります。あらかじめご了承ください。
駐車・駐輪はできません。お車、バイク、自転車でのご来場はご遠慮ください。
(問い合わせ先:大東文化大学東洋研究所)
第1回 2017年7月22日(土)10:00~11:30
講師
東洋研究所講師 田中良明
テーマ
中国の文字と名前の文化史―名前にまつわる歴史的事件とともに―

漢字を用いて名前を書く。これは日本人にも当てはまることですが、漢字の本場中国では、この漢字で書かれた名前はどのように扱われてきたのでしょうか。本講では、歴史の教科書にも出てくる文王・武帝や太宗・玄宗、はたまた始皇帝や乾隆帝といった帝王の名前が持つ意味であったり、本名以外にも字(あざな)をつける習慣や、名前を漢字で書いているために起きた事件などについて紹介していきたいと思います。

第2回 2017年7月29日(土)10:00~11:30
講師
文学部中国文学科特任准教授 東洋研究所兼担研究員 小塚由博
テーマ
中国文人と書簡―清初の交遊ネットワークを中心に―

旧中国(辛亥革命以前)において、国の中心で重要な役割を担ってきたのは文人(知識人)と呼ばれる階層です。ある時は国家の官僚として、ある時はその時代の文化の旗手として活躍した彼らですが、一口に文人といってもその有り様は多種多様です。彼らは様々な人物と交遊関係を結び、所謂交遊ネットワークを構築することによって活動していました。そのネットワークの重要なツールの一つが書簡です。現代のように、多様で高速な遠距離間の情報伝達技術が存在しなかった当時において、書簡は重要かつ貴重な伝達手段でした。しかし、当時は民間において現在のようなシステマティックな郵便制度は確立されておらず、その伝達は個々が親族・友人・商人・僧侶等に依頼して行わざるを得ず、不確実なものでもありました。本講座では、清初(17世紀後半)に活躍した文人張潮の事例をもとに、その書簡伝達の一端を垣間見ようと思います。

第3回 2017年8月5日(土)10:00~11:30
講師
東洋研究所教授 岡﨑邦彦
テーマ
盧溝橋事件とは どのような事件だったのか ―盧溝橋事件80周年―

1937年7月7日午後10時40分、盧溝橋において夜間演習を行っていた日本の支那駐屯軍の背後から「第一発」、さらに数発の射撃があり、しかも兵士一名が行方不明となった。これが盧溝橋事件の始まりとされている。事件は、「中国軍29軍の兵士が発砲した」、また「日本軍が発砲した」偶発説もあり、計画的な謀略説もある。中国の教科書では、盧溝橋事件は日本軍の謀略によって引き起こされたことになっている。中国の研究者何立波は、日本の特務機関が中共系の学生へ教唆して起こしたもの、事件の責任は日本側にあると述べている。しかし、事件の陰に見える中共の謀略とは。

 

2016年度 秋の公開講座

受講生募集は終了いたしました。

第1回 2016年11月10日(木)13:00~15:00
講師
中村 菜穂(東洋研究所兼任研究員 大東文化大学非常勤講師) 
テーマ
現代イランの詩をよむ~20世紀の文学的潮流と言語芸術の試み~

ペルシア文学といえば、日本ではオマル・ハイヤームの『ルバーイヤート』やフェルドウスィーの『王書』が親しまれています。また『千夜一夜物語』を思い浮かべられる方も多いかもしれません。そうした文学的伝統のあるイランで、現在はどんな詩が詠われ、あるいは読まれているのでしょうか。深い悲哀を詠った詩から、愛の詩、人生への思索や軽快なユーモアの表れた詩まで。
この回では、20世紀イランに現れたいくつかの新しい詩の潮流を概観しつつ、激動の社会を生きる人々の心の内面に迫ってみたいと思います。

第2回 2016年11月17日(木)13:00~15:00
講師
岡倉 登志(東洋研究所兼任研究員 大東文化大学名誉教授)
テーマ
タゴール・天心の思想から見る 「アジアの民族と文化」

アジアで初のノーベル賞受賞者タゴールはインド亜大陸のインドとバングラデシュの国歌作詞者である。ベンガル・ルネッサンスとタゴール・天心の関係をみてみたい。
民族と文化の問題は現在のアフリカの紛争にも関係しており、自衛隊が出動するので、演者の専門であるアフリカの問題とも比較したい。
参考文献:

  • 岡倉覚三(天心)『東洋の理想』(岩波。講談社などの訳書)
  • 岡倉古志郎「天心とベンガルの革命家たち」『東洋研究』第81号
  • 岡倉古志郎「天心とベンガルの革命家たち」『東洋研究』第81号
第3回 2016年11月24日(木)13:00~15:00
講師
岡﨑 邦彦(東洋研究所専任研究員 大東文化大学准教授) 
テーマ
西安事変80周年、その真相を語る

本年(2016年)12月、中国西安事変80周年を迎える。わたしは2006年から10年間の「西安事変」研究を経て、本年2月に『西安事変と中国共産党-西安事変80周年』を大東文化大学東洋研究所より上梓した。
事変後80年目にして、闇に覆われていた事変の真相を、ようやく明らかにすることができた。いったい誰が、事変の真相について暴かれることを邪魔していたのか。
当日は、その真相に迫っていく。

 

2016年度 夏休み公開講座 「中国史入門-歴史教科書の先に見えるもの」

受講生募集は終了いたしました。

第1回 2016年7月23日(土)10:30~12:00
講師
小林 春樹 (大東文化大学東洋研究所准教授)
テーマ
中国古代の陰陽五行説

古代ギリシャの哲学者・タレス(前7世紀~前6世紀)は、万物の根源は「水」であると考え、おなじくヘラクレイトス(前6世紀~前5世紀)は「火」であると考えたそうです。ところで古代中国の人々は、万物の根源を「気」(気体のようなもの)と、それが二つに分かれた陰と陽、二つの気(「陰陽二気」)、さらにそれらが複雑に混淆して生じた「木・火・土・金・水」という、五つの元素のようなもの(「五行」)が、万物を形成する根源であると考えました。しかも古代中国では、「気」と「陰陽二気」、そして「五行」は単に世界を生成しただけでなく、天文現象や気象現象などの自然現象や、王朝の交替などの人間界の出来事まで、森羅万象を発生させる要因であるとも考えられました。本講演では、現在の私たちの生活とも密接な関係を有している「気」と「五行」の思想、すなわち「陰陽五行思想」についてさまざまな角度から堅苦しくならないように紹介します。

第2回 7月30日(土) 10:30~12:00
講師
田中 良明(大東文化大学東洋研究所講師)
テーマ
中国古典に記された名剣の故事

中国文化史(刀剣と文化):文明の産物としての刀剣 武家政権による統治が約700年も続いた日本には、「文武両道」という言葉があり、今でも勉学とスポーツを両立させる意味などで使われています。しかし、中国社会では伝統的に「文」(文化や道徳)が尊重され、「武」(軍事や武力)は「文」よりも価値が一段劣るものとして扱われてきました。中国古典では軍事や武力のことを、その道具である武器も含めて「兵」と呼ぶことがありますが、軍事思想の『孫子』こそ「兵は国の大事なり」と説くものの、道家思想の『老子』にすら「兵は不祥の器なり。君子の器に非ず」と言われてしまっています。今回の講座では、そうした「不祥の器」である武器の代表格である「剣」が、中国の文化や文学作品の中でどのように扱われてきたかを、様々な中国古典とともに紹介していきたいと思います。

第3回 8月6日(土) 10:30~12:00
講師
岡崎邦彦(大東文化大学東洋研究所准教授)
テーマ
中国現代史(人物と歴史):毛沢東から習近平まで

中華人民共和国成立後、中国政治の指導者は毛沢東、華国鋒、鄧小平(胡耀邦、趙紫陽)、江沢民、胡錦濤、習近平へと変わって来ました。今回の講座は、それぞれ指導者と歴史について映像を参考にしながらわかりやすく整理して、中国政治史を理解していきましょう。例えば、毛沢東はなぜ社会主義体制を選択したのか、どのような苦労をしたのか。逆に、鄧小平はなぜ市場経済原理―資本主義を取り入れたのか、どのような苦労をしたのか。皆さんと一緒に考えてみたいと思います。そして、現在習近平に何が求められているのか、中国が進むべき方向と課題を示してみましょう。

 

2015年度 公開講座

受講生募集は終了いたしました。

第1回 11月5日(木)13:00~15:00
講師
中村 聡(東洋研究所兼任研究員・玉川大学教授)
テーマ
プロテスタント伝来と東アジアの近代

アヘン戦争に敗北した清朝は、イギリスを始めとした欧米各国と次々と不平等条約を結んでいった。居留地に移り住んで来た人々の中には多くのプロテスタント宣教師も混じっていた。 彼らはカトリック布教禁止令の下で、教会建設も侭成らない中、文書による伝道を展開していった。これらの文書の中には、直接キリスト教の教義を説く文書もあれば、西洋の近代科学の紹介書もあった。 中国が近代化に苦しんでいた同じ時期、日本でも幕末~明治という近代化の嵐が起こっていた。中国においてプロテスタント宣教師によって著された布教書、近代科学の紹介書は、半年を経ず幕末の長崎に舶載され、日本の近代化にも大きな役割を果たすことになった。さらに、この影響は幕末に止まらず、近代化した明治前半にまで大きな影響をもたらすことになった。
中国と日本の近代化をプロテスタントの伝来のもとに考えてみたい。

第2回 11月12日(木)13:00~15:00
講師
生田 滋(東洋研究所特別兼任研究員・大東文化大学名誉教授)
テーマ
16世紀のヨーロッパ人の自己認識

「大航海時代」は、ヨーロッパ人にとって自分たちのヨーロッパ世界について初めて客観的に認識することができるようになった時代でもあった。かれらの残した記録はヨーロッパ世界の優位を示すものと解釈されてきた。ところが幸いなことに16世紀にヨーロッパ世界と非ヨーロッパ世界を比較して論じた記録がいくつかある。ルイス・フロイスの『日欧文化比較』や『遣欧使節対話録』である。これらの記録に基づいて、当時ヨーロッパ人がヨーロッパ世界をどのように理解していたかを紹介する。
(講演の内容は一部予告なしに変更することがあります。また講演当日にレジュメを配布します)

第3回 11月19日(木)13:00~15:00
講師
山田 準(東洋研究所専任研究員・大東文化大学教授)
テーマ
オランダも隠れキリシタン?

カトリックのスペインから80年戦争に勝利し独立を果たしたオランダはプロテスタントを唱え、ポルトガルの東洋貿易独占を阻止することを目的に、新航路を発見すべく探検航海を行い、新航路発見を機に東洋貿易会社が乱立することになった。その中の一社が艤装した船団の一隻が日本に到着することによって、ポルトガルとの南蛮貿易を終焉に導き、禁教政策の完結を幕府に進言し、キリスト教国でありながら布教ではなく貿易目的を理由に日蘭貿易を維持した。しかしその背景にはキリスト教徒としてのエピソードを残している。それらを中心に講義を展開する。

 

2014年度 公開講座

第1回 11月6日(木)13:00~15:00
講師
田中良明(大東文化大学東洋研究所講師)
テーマ
東アジアにおける暦(カレンダー)の文化と制度

我々が日常的に用いる暦(カレンダー)。そこに記された日付は誰が決めたものでしょうか。また、日付以外に記された情報は、どうした由来をもつものでしょうか。
東アジアでは古来から、暦が国家・政府によって重要視されてきました。暦の善し悪しが、その時代の王朝・為政者の威信に関わり、暦に記された内容が、民衆の生活を左右したのです。
本講では、古代から近現代にかけて、中国や日本の暦がどのように発展し、受容されてきたのかをご紹介したいと思います。

第2回 11月13日(木)13:00~15:00
講師
齋藤俊輔(東洋研究所兼任研究員・大泉日伯センター日伯学園日本語教師)
テーマ
16、17世紀ポルトガル領ゴアの統治と在地社会―ヨーロッパ植民地主義の端緒―

ポルトガルのアジア進出は一般的に海上交易の支配を目的としたものであるとされ、その支配は「海洋帝国」や「海の帝国」と呼ばれています。それゆえ、アジアでは商館や要塞が築かれただけで、いわゆる領土の支配は十分に進展しなかったと考えられています。
これに対して、本講義ではポルトガル領ゴアにおける在地村落の統治がどのように進められたのかを確認して、領土の支配がポルトガルのアジア進出にとって重要な政策のひとつだったことを明らかにしたいと思います。

第3回 11月20日(木)13:00~15:00
講師
林 裕(東洋研究所兼任研究員・カーブル大学客員研究員)
テーマ
アフガニスタン-政治社会と農村に暮らす人々の今-

2014年、アフガニスタンは同国史上初となる選挙による国家元首の交代が行われる。4月に第一回の選挙、そして6月の決選投票を経て、2001年以降アフガニスタンを率いてきたカルザイ大統領の後任が決定される。アフガニスタンの国内政治の動きがある一方で、タリバン政権が崩壊した2001年以降、13年に国際社会による支援が実施されてきた。
そこで本講義では、アフガニスタンの政治的動きを概観したうえで、農村社会に暮らす人々の今に焦点を当てて、現代アフガニスタンの一端を紹介することを目的とする。
アフガニスタンは、人や社会、そして非常に親日国であることなどが報道されることよりは、対テロ戦争やアル・カイーダとのつながりが多く報じられている。本講義が、アフガニスタンへのさらなる興味や関心への契機となれば幸いである。

  • 機関誌 東洋研究
  • 図書館
このページのTOPへこのページのTOPへ