大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

高田 茂臣

研究分野 西洋経営史、西洋経済史
担当講義 産業史、経営史
学歴・略歴 1975年、千葉県出身。1998年、名古屋大学経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科修士課程入学。2000年、同博士後期課程に進学し、2002年から2004年までハンガリー政府奨学生としてハンガリー科学アカデミー経済研究所へ留学。2007年、京都大学大学院経済学研究科博士号取得、大東文化大学経営学部専任講師採用、2011年、同准教授昇任、併せて2012年までエトヴェシュ・ロラーンド大学(ブダペシュト)にて在外研究。2016年、同教授昇任、現在に至る。
所属学会 社会経済史学会、政治経済学・経済史学会、
経営史学会、日本比較経営学会、
企業家研究フォーラム
学位 京都大学博士(経済学)
現在の研究テーマ

近代ハンガリー経済史・経営史・企業家史

研究室

板橋校舎 3号館4階 30434

趣味

近代建築の見学

研究業績
書籍

『19世紀ハンガリーの産業革命-ハンガリー資本主義像の再検討-』 単著 大東文化大学経営研究所 2008 

論文

「19世紀ハンガリーにおける鉄道および関連工業の発展」 単著 大東文化大学経営論集 第28・29合併号 2015 135-148頁
「東欧・ロシア」 単著 経営史学の50 年(日本経済評論社) 2015 352-360頁
「19世紀ハンガリー磁器産業における企業者活動―ヘレンド社の戦略―」 単著 経済研究 第28号 2015 13-21頁
「<書評>佐々木洋子著『ハプスブルク帝国の鉄道と汽船―19世紀の鉄道建設と河川・海運航行』(刀水書房、2013年)」 単著 西洋史学 第253号 2014 76-78頁
「マレーヴ・ハンガリー航空経営破綻の構図」 単著 比較経営研究 第38号 2014 96-112頁
「電化と企業活動」 単著 ハプスブルク史研究入門―歴史のラビリンスへの招待(昭和堂) 2013 173-177頁
「19世紀後半ハンガリー大平原の所領経営」 単著 大東文化大学経営論集 第19号 2010 83-99頁
「近代ハンガリー所領経営史覚書」 単著 大東文化大学経営論集 第18号 2009 35-47頁
「近代オーストリアにおける銃器工業の発展-オーストリア兵器工場の事例-」 単著 大東文化大学経営論集 第17号 2009 49-57頁
「第一次大戦前ハンガリーへのテイラー・システムの導入-ガンツ電機の事例-」 単著 大東文化大学紀要<社会科学編> 第47号 2009 189-195頁
「オーストリア・ロイドの創業と発展」 単著 大東文化大学経営論集 第16号 2008 27-45頁
「近代ハンガリーにおける高等技術教育機関の成立と『産学連携』の起源-内燃機関の開発を中心に-」 単著 西洋史研究 新輯第36号 2007 92-107頁
「<書評>薩摩秀登著『物語 チェコの歴史』(中公新書、2006年)」 単著 比較経済体制研究 第13号 2006 120-124頁
「ガンツ鋳鉄・機械工場の電機事業戦略-『第二次産業革命』とハンガリー工業企業-」 単著 経営史学 第41巻第1号 2006 28-46頁
「19世紀ハンガリーにおける革新的企業家活動-ガンツ鋳鉄・機械工場の創業と発展の事例に即して-」 単著 企業家研究 第3号 2006 1-16頁
「ブダペシュト製粉業における工場制度の確立-近代技術の導入と資本-賃労働関係の成立を中心に-」 単著 社会経済史学 第71巻第6号 2006 73-94頁
「ハンガリー-農業国の工業企業」 単著 外国経営史の基礎知識(有斐閣) 2005 320-321頁
「<書評>渡辺尚編著『ヨーロッパの発見 地域史の中の国境と市場』(有斐閣、2000年)」 共著(森良次・橋口勝利・村山弘・河﨑信樹・菅原歩) 商学論集 第70巻第1号 2001 85-102頁

  • 大学院経営研究科
  • 経営研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経営研究科
  • 経営研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ