大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

法律学科

法学研究所 法学部法律学科付置研究所

法学研究所 法学部法律学科付置研究所
2016年度 合格実績
公務員試験合格者 福生市役所 1名 NRさん
法学検定: 受験者20名中14名がベーシックに合格しました。
全員1年生です。
2015年度 合格実績
司法試験 1名 木村悠さん(2005年度卒業)
地方公務員行政職試験 川口市 1名 木更津市 1名
法学検定 スタンダード 6名 ベーシック 4名
(スタンダード合格者中13位合格者 1名)
2014年度 合格実績
司法試験 1名 長谷川啓さん 東北大学法科大学院卒
法学検定ベーシック 10名(1年6名、2年4名)
2013年度 合格実績
法学検定ベーシック 10名(1年6名、2年4名)
宅地建物取引主任者 1名
法学検定試験ベーシック(基礎)コース 2名
司法試験 1名
千葉大学法科大学院 1名
横浜国立大学法科大学院 1名
青山学院大学法科大学院 1名
研修部会

研修部会とは、司法試験や各種公務員試験/資格試験をめざす学生のために研修講座を、東松山校舎と板橋校舎に開設しています。受講申込みをすれば、全学のどの学部の学生でも、卒業生でも学修の機会を得ることができます。

写真にもあるように、各研修室には自習室があり、授業の空き時間だけでなく、休み期間も法律学の図書を身近にして自習することができます。ロッカーやキャレルの個人使用ももちろんできます。

開設している講座は、東松山では憲民刑の3科目に加えて、商法、行政法もあります。板橋ではこれらの科目の演習講座があり、弁護士の方々が講師となっています。

研修講座は、ロースクール受験、公務員試験、各種試験を目指す学生だけでなく、法律学の勉強に不慣れな学生には不得意感を解消するための補習的意味もあります。1、2年生の間に法律学の基礎をしっかりと身につけるには、最適な環境です。

開講科目
東松山研究室
  • 憲法(20回)憲法の論点と重要判例
  • 民法Ⅰ(20回)民法総則及び物権総則の論点と重要判例
  • 民法Ⅱ(20回)債権の目的~債務不履行、債権各論(契約総則を除く)の論点と重要判例
  • 刑法(20回)刑法の論点と重要判例
  • 商法(10回)会社法の論点と重要判例
  • 行政法(20回)行政法総論・各論の論点と重要判例
板橋研究室
  • 民事訴訟法(10回)、刑事訴訟法(10回)
  • 総合演習(1.憲法、2.民法、3.刑法、4.商法 各18回、商法のみ10回)
ほかとは違う!基礎から鍛える

法学研究所の研修講座は、法的知識を得ることは当然のこと、「法的ものの考え方」「法解釈の仕方」などを広く修得させるために、その実践をしております。講師の先生方には親しく質疑応答できるように心がけてもらっており、自分のめざす試験を確実にゲットしたいという固く強い決心をしている学生にとっては、頼りになる講座です。

自分のめざす試験の内容、たとえば、どのくらいのレベルの問題が出るのか、受験生がどのくらいいるのか、合格率は何%なのかなど、試験の概要を検討をし、強固な意志をもって友人とまたは先輩達とともに議論し合う場も大切です。研修講座はそのような場ともなります。

この研修講座では、早くめざす試験に合格し、夢や希望を実現してもらうために、まず法(律)学に関する基本(ないし基礎)知識をしっかりと身につけてもらうことを念頭に講座を運営しております。

研究部会

日々進展する社会の秩序の維持や人々の生活上の利益を保護/規制にあたって、現在施行されている法の解釈でそのような目的を達成できるのか、できないとすればどのような法規定が必要とされるかなど、法律学科の教員を中心とした研究プロジェクトを推進し研究を進めていくために助力をする部門です。

現在の研究プロジェクト

「フランス近代法研究班」
「法学基礎教育研究班」
「ジェンダーの学際的研究班」

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ