大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

留学制度

世界を感じて

カリキュラムにおける語学教育の充実も大東文化大学法学部の自慢のひとつ。国際化社会においては、英語はもはや当たり前、さまざまな国の、さまざまな分野の学習ができてこそ、国際人の育成が可能になります。法学部ならではの奨学金留学制度をはじめ、国際化社会を実体験するにはうってつけのキャンパスです。

目指せ、海外のキャンパス!留学制度の仕組み

大東文化大学ではふたつの留学制度が設けられています。ひとつは、所属する学部や学科とは関わりなく全学で留学生を選抜する「大学全体の留学制度」、もうひとつは、学科ごとに留学生を選ぶ「学科単位の留学制度」です。これらふたつとも、大学が留学に必要な費用や授業料を負担する点では変わりありません。

大東文化大学全体の留学制度

大学の国際交流センターが窓口となり、大学が協定を結んでいる協定校に留学生を派遣する制度です(協定校留学制度)。

学科単位の留学制度

法学部では、異なる文化に触れ、また語学力を磨くための手段のひとつとして、在学中に一年間留学する奨学金留学制度を設けています。学科単位の留学制度は、学生が勉強した外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語、コリア語)や自分の専門分野に応じて留学先を選ぶことができるという、魅力あふれた制度です。毎年2~3名の学生が、大学から奨学金を支給されて、アメリカ、イギリス、フランス、中国など世界各地の大学で勉強しています(留学経験者の声)。制度の概要は次のとおりです。

応募資格 法学部に在籍する学生
募集人員 法律学科2名、政治学科1名
留学の条件
  • 留学期間は10カ月以上12カ月以内とし、その期間は修業年限に算入することができる。
  • 留学の対象となる大学は、本学の協定校、または本人が選定し法学部教授会が承認した大学。後者の場合には、どこの国の大学でもよい。ただし英語圏の大学への留学には、TOEFL(R)のスコアが必要。
奨学金等
  • 留学生には、留学先大学の学費を給付する。ただし、本学に払い込んだ授業料相当額を限度とする。
  • 上記(1)のほかに、留学生には、渡航費(往復航空運賃)および奨学経費(留学地域により異なる)を給付する。ただし、100万円を限度とする。
  • 留学中に取得した単位は、法学部教授会の議を経て、30単位を限度として本学の単位として認定することができる。
問い合わせ先 法学部事務室
留学一般に関する相談 国際交流センター事務室(板橋校舎)または国際交流センター東松山分室

※その他詳しい応募手続きについては、Bulletinを参照のこと。

法学部生のこれまでの主な留学先

  • メトロポリタン大学(英)
  • キール大学(英)
  • ウェスト・フロリダ大学(米)
  • テキサス大学(米)
  • ユタ大学(米)
  • カーン大学(仏)
  • 北京外国語大学(中)

留学経験者の声

2004年度奨学金留学生 石川 学さん 
(留学先:ユタ大学(アメリカ合衆国))
留学先のユタ大学はどのような大学ですか?

ユタ大学は、学生が4万人と多く、アメリカ人だけでなく、世界中の国から留学生が多く来ているので、大学にいるだけでさまざまな異文化交流ができます。キャンパスは、日本では考えられないほど広く、キャンパス内をシャトルバスが5つの路線に分かれて走っていました。ユタ大学のPolitical Science (政治学部)の学部長レベナー先生は、毎年6月に大東文化大学にいらっしゃいます。

留学にチャレンジした理由は?

英語が好きで、日ごろから勉強していましたが、さらにスキル・アップするためには、直接現地に行って勉強した方が効率がよいと思い、また自分の可能性に挑戦してみたかったからです。ゼミでは、五味俊樹先生の国際政治学を勉強していて、超大国のアメリカの政治や文化に興味を持っていたので、直接肌で感じたいと思っていました。実際、2004年の大統領選挙の雰囲気を味わうことができ、貴重な体験ができました。

どのような授業を履修しましたか?
Political Science
日米関係の政治(レベナー先生の授業です)
ESL(English as a second language)
アメリカの歴史
ESL
文法
ESL
アメリカ大学の授業の対策

はじめの5カ月間は、ELI(English Language Institute)というユタ大学直属の語学学校で、英語の勉強を週20時間受けました。そこでは、speakingやessayの書き方、文法などの英語の基本中の基本を勉強し、9月のFall Semesterから大学の授業を受けました。大学の授業のESL(English as a Second Language)は留学生用の授業であり、essay対策の文法の授業のほかに、アメリカの大学の授業についていけるように、ノートのとり方や論文の書き方、ディスカッションの仕方も勉強しました。Political Science は正規の授業であり、先生は日米関係の政治を専門にしているレベナー先生と、日本文学を専門にしているフロスト先生の二人で、日本の政治や文学を、小さな教室で25人くらいの少人数で勉強しました。

アメリカでのキャンパスライフはどうでしたか?

ESLの授業は、その日勉強した文法の演習問題が宿題になったり、章が終われば章の小テスト(Quiz)があったりと、課題がほぼ毎回出されました。週末の休みを利用して夏目漱石の「こころ」を読んで、週明けに「こころ」についてクラスでディスカッションをしたこともあります。日本の大学の授業に比べてかなり忙しいです。Political Science のレポートの課題は、「日本とアメリカの新聞を比べて、同じ話題なのに、どのように違っているか」や、「これからの日米関係の問題(経済・貿易、アメリカの中国への接近、日本の国際的役割)について」など、教科書を読むだけでできるものではなく、日ごろから英字新聞を読んでいないといけませんでした。大学の図書館やダウンタウンのコーヒーショップで、夜遅くまで勉強する日々でしたが、それでも大学の授業にはついていくことができず、悔しい、情けない思いをしました。

勉強以外では、国立公園に行ったのがよい思い出です。ユタ州には、7つの国立公園(National Park)があり、州外のイエローストーン国立公園、グランドキャニオン国立公園、ラスベガスなどにも車で行ける距離です。一年間の留学なら、2カ所ほど行くことができると思います。また、NBAのユタ・ジャズのスタジアムがダウンタウンにあるので、NBA観戦ができます。冬には雪がたくさん降るので、スキーを楽しむことができます。

後輩にひとこと

大学時代は、失敗を恐れずに自分の可能性を信じて、あらゆることに挑戦して、さまざまな経験をしてほしいです。ひとつの目標に向かって「努力」した自分を誇りに思えるし、それが成功すれば、自信や達成感が得られ、きっと新しい視界が開けてくるはずだと思います。

2002年度奨学金留学生 蔵田 明子さん(2004年卒業)
(留学先:キール大学(イギリス))

私がイギリス留学を希望したのは、中東政治に興味があり、中東研究のさかんなイギリスでこの地域について深く学びたいと考えたからです。3年次に政治学科の奨学金をいただいて、イギリス中部のキール大学に留学することができました。

イギリスの授業で求められたことは、与えられた課題を紹介された文献を中心に自分で調べ、考え、論じるということです。英語学校が終わり、正規課程が始まってからは、毎日読書に追われていました。こうしたことを英語でこなすことは大変で、時には投げ出したいような気持ちにもなりましたが、それでも物事を深く考えて自分なりの解答を見つけていく過程にはそうした大変さを超えた楽しさがあり、やり終えた後の充実感にも特別なものがありました。

日本でもそうだと思いますが、留学生活においては、自分から行動する人・何かを得ようと努力しようとする人と、待っているだけの人では、得られるものが大きく変わってきます。留学先で出会う人々は、積極的に努力している人に対して、できるだけ助けようとしてくれます。ただ、第一歩を踏み出すのは自分自身です。これから留学を考えている人は、その第一歩を踏み出すところから始めて下さい。

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ