大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

法律学科

NewsFeed法律学科からのお知らせ News法律学科からのお知らせ

ゼミを重視した実践的教育で、
社会の動向に鋭く切り込む法律家を育成する

基礎学習から実践的なゼミ活動まで、法律家に必要なスキルを身につける理想的なカリキュラムを追求

社会と深く結びつく法律を基礎から学ぶ

法律を学ぶことによって、社会の動きや展開をより深く理解する。それが本学科の目指すところ。ニュースや新聞で見聞きすることや、日常で起こるさまざまなことは、法律と深く結びついており、本学科で学んだ知識は、必ず役に立つといっても過言ではありません。カリキュラムは幅広い選択肢の中から自由に選べます。1年次は法律学の基礎となる知識や技術を身につけられるよう、「憲法」や「民法」など、一般的になじみのある分野からスタート。また、「積み上げ型」の本学科では、小テストと作文課題の添削などの繰り返しにより、自分の知識を確認しながら学べるよう工夫されています。

ゼミ重視の実践的な学習でスキルを磨く

法律学は論理性が重視されるため、法律関係の仕事を目指す人は文章の表現力や読解力が不可欠です。そこで、「文章表現法」という授業を設置。1年次から論理的にメッセージを伝えるための文章力と、論理的に書かれた文章を理解する読解力を養います。そして、2年次では基礎演習、3・4年次では専門演習(ゼミ)による議論・討議によってより実践的に学んでいきます。また、本学では、特に少数精鋭のゼミを重視しており、裁判の判決(判例)を読んだり,研究成果をゼミ論文にまとめたり、学生が自由に学びを深められるような環境やシステムも整備されています。

プロの法律家を交えながら積極的に研究参加

その他、本学科主催で弁護士や司法書士が語る「プロに聞く講演会」も開催。多くの学生にとって、法律の世界や進路などについて話を聞ける貴重な場となっています。また、法学研究所においては自由参加の課外授業(有料)も実施され、関心のある科目だけ参加することが可能です。授業の予習・復習のために、1年次から法学研究所に籍を置く学生も多数います。

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ