大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

学部長からのごあいさつ

大東文化大学 法学部長 苑原 俊明法学部長 苑原 俊明

NHKの報道番組のキャスターを長年務めた国谷裕子(くにやひろこ)さんは近著のなかで、テレビの報道番組が果たすべき役割として次のように述べています。

  

『時代に個人が翻弄されるなかで、一人ひとりが将来を考え、自分の生き方を選択していくためにも、長期的で多角的な情報を得て、自分の置かれた立場を俯瞰することが必要になっている。』(『キャスターという仕事』岩波新書より)

本学の法学部も、『専門知識を生かしつつ自ら考え判断することのできる人材を育てる』ことを目的としており、法律学科では法律の視点から問題や社会現象を捉え(リーガル・マインド)、紛争の解決を図る判断力と紛争当事者に納得の行く方策を示す表現力を、政治学科では紛争の原因や背景を理解し、人々の利害の調整を図る政治的な思考力、判断力および表現力をそれぞれ習得することをめざします。

わたしたち教職員は、学生の皆さんが『長期的で多角的な』活用のための専門知識を卒業までに習得し『自分の置かれた立場を俯瞰』できるようにお手伝いする、よきパートナーとしての務めを果たしていきます。

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ