大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

法律学科

カリキュラム

授業・ゼミ紹介

専門演習(刑法)
小島 秀夫

専門演習(刑法)

過去に下された刑事裁判の中でも重要なものをとりあげ、犯罪と刑罰を定めた刑法の観点から、何が問題となり、どのような理由づけや結論が適切か、受講生全員で議論します。自分とは異なる意見にも耳を傾けながら、論理的に納得できる解決の方法を探ります。

刑法1A・1B
山本 紘之

刑法1A・1B

刑法は犯罪と刑罰を定める法律です。人に怪我をさせたとしても自分や他人を守るためであった場合は正当防衛として処罰されません。しかしどこまで正当防衛を認めるかは意見が一致しないものです。このような、考えの分かれる問題をresponというアプリで意見を聞いて進めていきます。

民法3A・3B
松原 孝明

民法3A・3B

銀行が融資を行う際、保証人や財産などを担保として提供してもらいます。担保を設けることで銀行は安心してお金を貸すことができ、私たちはお金を借りやすくなります。民法はお金の貸借に関わる大切な法律。金融関係に就職する人や企業で働く場合にも役立ちます。

専門演習(民法)
萩原 基裕

専門演習(民法)

民法学の論点に関わる事例問題の検討を中心にしています。グループごとに事例問題を課し、協力して検討をした上で報告の後、質疑応答を含めた全体での議論に移行します。事実関係把握のための理解力や、説得的な論理構成の力を養うのが目的です。

研究テーマ一覧

  • データ収集方法と整理・統計的分析
  • 会社法研究
  • 民事訴訟法
  • 保険契約法の基礎知識
  • 行政法とそのシステムの考察
  • 法社会学
  • 刑法
  • 国際法/国際人権法
  • 刑事訴訟法/裁判法/刑事政策
  • イギリスの演劇・政治・宗教
  • 日本の法律における「生命権」
  • 民法(契約法)
  • 憲法・環境法
  • 労働組合機能と基本権論の課題
  • 契約法判例研究
  • 民法(特に不法行為)に関する判例研究
  • 税法・財政法
  • 民法(特に契約法)
  • 経済法-独占禁止法と消費者法の事例研究
  • 刑法
  • 法哲学研究
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ