大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

齊藤哲郎

学歴

東京大学大学院社会学研究科博士課程(国際関係論専攻)単位取得満期退学

職歴

1994年4月 広島市立大学国際学部助教授
2000年4月 広島市立大学国際学部教授
2006年4月 大東文化大学法学部政治学科教授。同大学国際比較政治研究所研究員。
2008年4月 同大学東洋研究所研究員。
2009年4月~2011年3月
        大東文化大学大学院法学研究科政治学専攻主任

専門分野と研究テーマ

現代中国政治思想
国家と市民社会
中国をめぐる国際関係

研究業績

専門分野と研究テーマ

「米中G2時代の検証:改革と国際関係」『IICPCニューズレター』20号、2011年3月。
「二十一世紀中国のソフト・パワーと“中国モデル”の意義」『大東法学』第20巻第1号、2010年11月。
「“非承認国家”のソフト・パワー:馬英九政権下の台湾”活路外交”の事例から」『ユーラシア研究40』2009年5月。「現代中国と新自由主義イデオロギー」『大東法学』第18巻第2号、2009年3月。 Dialectics of the Political reality and the political science concerning contemporary China,Daito Bunka Law and Political Science Review,vol.7.March2008.
広島市立大学国際学部現代アジア研究会編『現代アジアの変化と連続性』(共著)彩流社、2008年6月。
「中国‘一国二制度’の地域的機能と市民社会の可能性:返還後の香港・マカオの理論的位相」『広島国際研究』第11巻、2005年。 「現代中国市民社会論についての省察」『広島国際研究』第10巻、2004年。中国20世紀前半期における社会主義思想の再生:張東孫の「社会主義」と「哲学」との結合『Working Paper Series』学際No.1,広島市立大学国際学部,2004年
『中国革命と知識人』(単著)研文出版,1998年。
「ネオマルクス主義と台湾」『社会思想研究』1998年。

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ