大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

全学共通科目

カリキュラム概要

 

基礎・専門・全学共通の3つの教育科目を中心にして、将来の目標を見据えた知識と技能、教育を身につけるためのカリキュラムを設定できます。また、他学科の科目を履修できる制度もあるので、さらに幅広い学びを実現できます。

4年間のカリキュラム

自らの目標にあわせて3つの教育科目群から効率よく選択し、卒業時には必要な知識や技術が修得できるカリキュラムを設定できます。

教育科目の選択の仕方

上記3つの教育科目群は、さらに「必修科目」「選択科目」「自由科目」に区別されています。各学科での必要な単位数を考慮した上で履修します。

必修科目
各学科の専門分野の中心となる科目です。卒業するためには必修科目を履修し、単位を取得しなければなりません。
選択科目
授いくつかの科目群から、決められた単位数を選択して履修する科目です。必修で学んだ知識や技能をさらに広げていくことができます。
自由科目
自分の興味や関心に基づいて自由に学ぶ科目です。特定の分野を深く学んだり、幅広い分野の知識を身につけることができます。

単位について

卒業までに決められた単位を取得する「カリキュラムの必須条件」

  • 大学の履修科目には、それぞれ「単位」が設定されていて、卒業までに各学科で必要とされる単位を取得しなければなりません。単位は、履修科目の出席数や定期試験の得点などの条件を満たすことによって取得できます。
  • 科目の単位数の割り当ては、毎週1時限の講義・演習科目を15週履修すると2単位、実習科目(語学や体育実技など)は1時限で1単位となっています。年間30週を基本としているので、通年科目は4単位、半期科目は2単位となります。

他学部・他学科開放科目履修制度について

  • この制度は、所属する学部・学科以外の科目を受講できる制度です(法学部生は対象ではありません)。
  • 「開放科目」から自由に選択できます(受講できる年次や人数などの制限があります)。
  • 詳しくは、東松山教務事務室・各学部事務室によるガイダンス(4月開催)がありますので参考にしてください。

彩の国大学コンソーシアム(単位互換校)

  • 埼玉県西部の10大学(2013年度現在、大東文化大学を含む)が連携して行う単位互換制度です。

跡見学園女子大学、十文字学園女子大学、城西大学、尚美学園大学、駿河台大学、西武文理大学、東京家政大学、東京電機大学、文京学院大学(50音順)

授業のスタイル

大学の授業は主に「講義」、「ゼミ」(演習・セミナー)、「実習」の形式で行われます。講義は、教室で教員が壇上でレクチャーする座学の形式が一般的です。また「ゼミ」は、ひとりの担当教員と10~20名の学生が教員の指導のもとで研究を行い、発表・討論する場です。主に教員の研究室や演習室で行われます。「実習」は、語学や体育実技などで行われる形式で、実践的な内容の授業です。

大東文化大学ゼミの魅力

  • 少人数制で学生・教員同士のつながりが深い
    少人数制で行われるため、きめ細かな指導と教員・学生同士が深く交流できます。また、他大学のゼミとの交流など、学外での活動もさかんに行われているため、ゼミの枠を超えた勉強や経験を得ることができます。
  • 独自の専門分野を深く追究できる
    2年間連続して履修する学科が多く、研究したテーマは、最終的にゼミ論文や卒業論文(卒業発表)という形で完成できます。研究発表の仕方やディベートの能力を身につけられるため、論理的思考力や表現力、コミュニケーション能力を磨くことができます。

授業時間

東松山・板橋キャンパス共通
1時限
9:10~10:40
2時限
10:55~12:25
昼休み
12:25~13:15
3時限
13:15~14:45
4時限
15:00~16:30
5時限
16:45~18:15

全学共通科目一覧

この科目は、全学部・学科共通の履修科目で、「基本科目」「課題(テーマ)科目」「教職資格専門科目」という3つの科目から成り立っています。新しい時代に必要な幅広い教養と高い専門性を培い、さまざまな方法による問題解決の能力を養うことを目的としています。

基本科目

4つの系から成り立ち、個々の学問の持つ体系性、特徴などを学ぶことができます。どの学科にも共通して必要となる学問としての基礎知識を得ることを目的としています。

課題(テーマ)科目(2012年度参考)

8つの群から成り立ち、社会や生活と密接に関わるテーマを学問の枠にとらわれずに追究することを目的としています。講義だけでなくフィールドワークなども採用しています。

教職資格専門科目

中学校・高等学校教諭の資格を取得するために履修が必要な科目です。学期は半期で、単位は2単位になっています。全学共通科目のひとつとして、資格取得を希望しない学生も履修することができます。

全学共通科目
基本科目
A系
人間と文化(人文系)
哲学A・B/文学A・B/論理学A・B/倫理学A・B/宗教学A・B/歴史学A・B/考古学A・B/文化史A・B/芸術学A・B/地理学A・B/言語学A・B
B系
社会と生活(社会系)
法学A・B/社会学A・B/政治学A・B/経済学A・B/心理学A・B/教育学A・B/民俗学A・B/文化人類学A・B
C系
自然と環境(自然系)
数学A・B/地学A・B/生物学A・B/生態学A・B/現代科学A・B/情報科学A・B/自然科学A・B
D系
健康とスポーツ(保健体育系)
総合体育A・B/健康スポーツ科学A・B/体育実技A・B/野外実習A・B
課題科目(※)
第1群
地域・国家・民族の考察 A・B
沖縄の歴史と文化A・B/日蘭交渉史A・B/中国地域文化論A/日本の歴史地理/タイの字語文化A・B/明治維新と国家形成A・B
第2群
女性・子ども・老人への視点 A・B
日本子ども史/ジェンダー史/「フルハウス」に見る子ども心/チャイルドウォッチングで知る子ども心/女性史A・B
第3群
人権・民主主義・平和を考える A・B
平和学A・B
第4群
現代社会の諸問題 A・B
現代日本経済A・B/環境政策と環境行政A・B/秩序と公共性の思想A・B/ニューベンチャー講座/気候変動論から考える日本史A・B/生協社会論/経済指標とマクロ経済
第5群
異文化・世界にふれる A・B
西洋文化史A・B/東方キリスト教の世界/文化と環境/中国少数民族A・B/解釈学/芸術と社会A・B/現代文化における思春期の表象A・B/歴史都市/文学と社会A・B
第6群
自己・人間をみつめる A・B
《愛》についてA・B/囲碁と将棋A・B/現代の大学A/文章の書き方A・B/ことばと人間A・B/大学生のための文章表現入門A・B/論語A・B
第7群
キャリアデザイン A・B
就職力養成講座/自分の将来と生き方を考える/コミュニケーション力を磨く
第8群
全学共通特殊講義 A・B
自然観察フィールドワーク/実験化学とレポートのまとめ方
教職資格専門科目

日本史概論A・B/西洋史概論/東洋史概論/日本の人文地理/世界の人文地理/日本の自然地理/世界の自然地理/日本地誌概論/世界地誌概論/日本国憲法/法学概論/情報処理/哲学概論A・B/倫理学概論A・B/心理学概論/社会病理

(※)課題(テーマ)科目は担当教員によって科目内容が異なります。
(※)一部変更の可能性があります。

論語A・B

「論語」は約2500年前に行われた孔子と弟子たちの対話の記録で、日本でも古典落語に取り上げられるなど私たちの生き方や日々の生活に広く深く影響を与えています。
この講義では「論語」の中にある日本文化に深く溶け込んだ言葉を手掛かりに、孔子の主要な思想とその現代的な意義を学びます。また孔子の生涯とその人間形成の過程を知り、基本的には我々と変わらぬ人間であることを理解した上で、「論語」に記された知恵を読み解き、人が生きていくために本当に必要な事は何かを考えていきます。

自分の将来と生き方を考える

就職活動に前向きに取り組むには、主人公意識を持って自分らしい生き方をデザインすることが大事です。ここでは国語を含む基礎学力、あいさつやマナーといった社会常識、産業・企業・職業の知識などを学び、働くことの意味を考えます。参加者からは「就職活動に対する不安が和らいだ」と好評です。

このページのTOPへこのページのTOPへ