大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外留学生レポート/中国語圏

2017年04月14日

【中国】北京外国語大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 こんにちは。外国語学部中国語学科2年の佐久間晴子です。北京へ来て一ヵ月半が立ちました。来た初日は、北京空港まで北京外大のバスが迎えに来てくれました。学校へ着くとすぐ学校登録、宿舎などの手続きをすべて行います。私は北京へ来たのがギリギリだったということもあり、宿舎の環境があまりよくありませんでした。またクラス分けテストも来た次の日にあったのですが、とても忙しく気持ちの面でも余裕がなくとても大変でした。そのため2、3日早めに来ることをお勧めします。

【学校紹介】
北京外大には東院と西院があります。
 基本的にほとんどの人が東院を利用します。
東院には留学生が主に勉強する中文学院や、
学生支援センター、運動場、バスケコート、テニスコート、バレーコート、またスーパーがいくつかあります。東院の東門を出ると、飲食店、雑貨屋さん、コンビニ、スーパー、 [東院](西門)
タピオカ屋、ネイル屋などといったお店がたくさんあります。

(右の写真は[東院](西門))

 最初の半期はほとんどの人が西院の宿舎で過ごします。私の宿舎も西院にあります。私の宿舎から中文学院まではそんなに遠くはありません。西院は東院と比べると少し古いですが銀行があることや、本屋さん、スーパーがあります。スーパーは東院と比べると少し安いです。

(右の写真は[西院])

【学生支援センター】
主に学校、宿舎の手続きはここで行います。ほかにも学生証の発行や、駐在届の手続きもこちらで行います。中では証明写真も撮ることができます。2階には留学生用の学生センターもあり、何度か私も利用しています。
 

【銀行】
北京外大西院入ってすぐ左手にあります。
私は北京へ来てすぐに中国語の話せる友達と口座を作りに行きました。
銀行口座があると何かと便利です。
私以外にも私の友達のほとんども、こちらで口座を作っています。
 

【運動場】
運動場は東院入ってすぐのところにあります。私は体を動かすことが好きなので、気分転換にジョギングをしたり、放課後クラスメイトとバスケをしています。このほかにもバレーコートやテニスコート、ジム、プールもあります。
 

【図書館】
中には勉強スペースがあり、たくさんの学生が図書館で勉強しています。
 

【学食】
北京外語の学食は地下1階~3階まであり種類豊富です。私は平日の昼と夜はほとんど学食で済ませています。学食はとても安くておいしいです。
 

【授業風景】
A~Gまであるクラスの中で私はBクラスで勉強しています。クラスは最初のクラス決めテストで自分のクラスが決まりますが、最初の一週間以内であればクラスを上げたり下げたりできます。Gクラスが一番レベルが高く、Aクラスは中国語の基礎から学びます。クラスの数が多いため自分のレベルにあったクラスで勉強できます。基本的に授業はPPTで行います。
 

〈発表〉
これは、授業で習った文法を使って1人1人自分の国の文化や思い出の写真を発表している様子です。私は以前、登ったことのある富士山のことや着物のことについて発表しました。
 

これは授業内でジェンガをしている様子です。ジェンガ一つ一つに中国語でお題が書かれていて倒した人がそのお題に従うというルールです。

【休み時間の様子】

【日本語プラス】
毎週水曜日と木曜日に日本語学科の中国人と交流できる機会があります。私はここで知り合った中国人の友達と仲良くなり、放課後や休みの日にお互いに教えあいながら一緒に学習しています。
 

【学校の風景】

まだまだ始まったばかりの留学生活ですが、1年という短い期間で悔いのないように過ごしていきたいと思います。 

このページのTOPへこのページのTOPへ