大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2018年10月12日

【カナダ】ブリティッシュ・コロンビア大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 こんにちは、外国語学部英語学科3年の北です。今回で最後の留学生レポートとなるので、自分の留学生活を振り返ってどのように感じたかを書きたいと思います。

 

 私は現在バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学の語学学校に留学していて、今月で7か月終わりました。バンクーバーはマルチカルチャーで色々な国から異なるバックグラウンドを持った人達がたくさんいます。なので、日本では経験できない食べ物もたくさんあり、日本では聞けない礼儀の話や法律の話などがたくさん聞けます。私はそういう文化を学び、体験したことによって異なる文化に対する理解力がついたと思います。麺を食べるときに音をたててもよいか悪いか、列を作る習慣がない文化など様々です。それを理解し、教えてあげることがとても重要だと感じます。バンクーバーはそういったことに関してはとても柔軟で、もしも間違っていれば教えてくれる人が多いです。なので、非常に馴染みやすいところだと思います。
気候の面では、ほかのカナダの地域と比べると寒すぎもせず暑すぎもせずの気温です。ただ、秋から初春にかけて雨の日が多く出かける機会が夏と比べると少なくなると思います。3月から9月までで、最高で30度、最低で4度なので日本と似ている気候です。

 

 アクティビティに関しては、充実していて、大きい国民の祝日はみんな全力で祝っている気がします。カナダの日では花火が上がり、ダウンタウンの至る所でパーティをやっていました。ほかにも各国の祭が開かれていたり、ナイトマーケットという夜限定のアジアフード祭があったり、遊園地があったり様々です。山が近いところに3つあり休日にはそこにハイキングしにいくことができ、海も近くバンクーバーの下のほうには港がいくつもあるのでそこに行き、漁師の歴史を学ぶことができます。とても自然に囲まれていて健康的な都市とも呼ばれています。

 

 

UBC UBC
サスペンションブリッジ サスペンションブリッジ
プレイランド プレイランド
このページのTOPへこのページのTOPへ