大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2019年07月02日

【オーストラリア】グリフィス大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

経営学部経営学科2年の山田啓斗です。僕は今年の2月から経営学部の奨学金留学制度を利用して、オーストラリアのゴールドコーストにあるグリフィス大学付属語学学校に通っています。留学期間は約1年間です。このレポートは留学期間中に今回を含め3回あるので、読んでくださる皆さんに少しでも留学について分かっていただけるようにまとめたいと思います。

 

僕の通う語学学校はレベル別にクラスが分かれており、下はレベル1からあり上はレベル7まであります。レベル7は年に数回開校され大学に進む人たちが通うクラスになります。僕は留学を始めた際にレベル6を卒業することを目標にしていましたが、レベル5のクラスからスタートさせることができたので、レベル7を終わらせて語学学校を卒業し、グリフィス大学の経営学の授業を2~3か月間受けるという形に目標を変えました。今はレベル6のクラスにおり、ライティング、リーディング、スピーキング、リスニングの4技能を身につけるために勉強しています。クラスは朝8時15分から2時間授業を受け、30分休憩をはさみまた2時間受け12時45分に授業が終わります。午後の時間は基本フリーですが、僕は語学学校が開催するアクティビティに参加したりしています。語学学校なので英語を母国語としない学生と授業を受けます。アジア人が多くを占めますが、南米やヨーロッパ出身の学生もいて英語でコミュニケーションをとります。僕は留学する際に英語でプレゼンをできるようにするという目標を立てました。授業内でもプレゼンをする機会があり、つたない英語ですが回をこなすごとに着実に自分の英語力がついていることが実感できます。

 

次に学校以外の生活面について書きたいと思います。僕は最初ホームステイをしていました。今はシェアハウスに移りました。僕のホームステイ先のファミリーがとても親日家で、ご飯もたまに日本食が出てきたりといたせりつくせりな環境でした。約3か月間お世話になった後、今のシェアハウスに移りました。基本平日は自炊をしてランチも作っています。休みの日は友達と過ごすことが多いです。映画館に行ったり、海が近いのでビーチに行ったり、自然が近くにあるので外に出てリフレッシュします。中国人、台湾人、韓国人と遊ぶことが多いです。また公共のBBQスペースがあるのでBBQをすることが多いです。授業で学ぶ英語と友達と話すために使う英語は多少違うので、友達と遊ぶだけでも英語の勉強になります。オーストラリアに来て5か月目に突入しようとしています。だいぶ生活にも慣れて日本とは違う環境の中で自分なりに成長できていることが実感できます。留学することは高校からの夢だったので、今でも毎日が新鮮で楽しく、その中でも英語を身につけようと努力しています。まだ自分がこの留学を通して成長できることはたくさんあると思うのでこの1年を有意義に過ごしたいと思います。

 

次回はより詳しく現地で感じられたことをレポートにしてまとめたいと思います。

このページのTOPへこのページのTOPへ