大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2019年07月11日

【アメリカ】ワットコムコミュニティカレッジ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

こんにちは。Whatcom Community Collegeに留学中の国際関係学部4年古山です。アメリカに来て約3ヶ月が経ちました。振り返るととても時間が過ぎるのが早かったと感じます。今回のレポートでは、街と生活環境について紹介します。

 

住んでいる街はワシントン州ベリンハムという田舎です。シアトルとバングーバーの中間あたりに位置しており、どちらにもバスなどで簡単にアクセスできます。買い物など生活に困ることはありませんが、基本的に何もない自然豊かなところなので他のアメリカの都市と比べると治安が良いと思います。今は夏にさしかかる時期ですがまだ長袖で過ごすほどの気温で、日本と比べるととても過ごしやすいです。

 

初めはホームステイに暮らしていましたが、様々な理由により1人暮らしをした方が良いと感じたため約1ヶ月でアパートに引っ越しをしました。アパートは個人部屋があり、バスルームとキッチンを2~3人ほどでシェアします。現在は2人でシェアをしており、ルームメイトとは引っ越す前から友達だったので、毎日一緒にご飯を作ったり週末にはホームパーティーや映画を見に行ったりなどとても楽しく過ごしています。また、ルームメイトと毎日英語で会話をするので、ホームステイに住んでいた頃と比べると英語に触れる時間も格段に増えました。ホームステイの良さも沢山ありますが、自分に合った環境を選び決断することも大事だと思います。

 

私は留学を決めたときはアメリカに来る予定は全くなく、急遽留学先を変更し出発の約2ヶ月前から急いで準備をしたため到着後に準備不足だったなと感じることが多くありました。一番は、学校の仕組みについてあまり知らないまま来てしまったので知らないことが沢山あり初めはとても困りました。留学準備は余裕を持って準備することをおすすめします。

このページのTOPへこのページのTOPへ