大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/アジア・ヨーロッパ圏

2018年11月02日

【韓国】高麗大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

こんにちは。国際関係学部3年小松桜子です。私は2月14日から韓国、ソウルの高麗大学で留学生活をしています。簡単ではありますが、私の留学生活について紹介したいと思います。

 

<学校生活>

・講義について

高麗大学では、講義にもよりますが交換留学生でも正規学生と同じ講義を受けることができます。しかし、正規学生と同じ方法でネット上での履修登録を行うので、必ずしも希望通りに行くとは限りません。もしネットでの履修が上手くいかなくても、グローバルセンターの方で交換留学生が講義を受けることができるように調節してくれる場合もあります。詳しいことは学期前のオリエンテーションで説明があります。

語学の授業は多様で、初級から上級まであり自分に合った授業を受けることができます。上の級にいくほど人気のある授業という印象です。語学の授業でもPPTを作り発表することもあり、大変でしたが他の留学生と協力して行ったのがとても刺激になりました。日語日文学科という学科があり、そこでは日本語での授業もあります。日本人の私より韓国人学生の方が日本について詳しく知っているということ多くあり、改めて日本について考えるきっかけにもなりました。

・キャンパスライフ

 留学生が所属するサークルがあり、様々な行事に参加することができます。ご飯を一緒に食べたり、お酒を飲んだりします。ほぼ週に一回は観光地を案内してくれます。参加は強制ではないですが、韓国人の学生たちがとても親切で、ほかの国の友達がたくさんできるので最初は参加してみるのをお勧めします。銀行口座の開設のような一人でするのが難しいことなどもこのサークルを通して行います。

 大学の周りには安くておいしい飲食店も多いので食べ物に困ることはありません。駅やバス停も近くにあるのでアクセスもいいと思います。

 

<日常生活>

 高麗大学に近くには大学の寮もコシウォンもあります。私は高麗大学から15分くらい歩く少し離れたところにワンルームを借りています。日本の賃貸のシステムとは違う点が多く契約した時は大変でしたが、大家さんも不動産の方も優しかったのでどうにか借りることができました。私の住んでいる近くには女子大があるので、飲食店だけではなく衣服やコスメのお店、かわいいカフェが多くあります。交通のアクセスも良いため、とても気に入っています。

 

海外で暮らすことは簡単なことではないけど、とてもいい経験だなと感じます。新鮮な気持ちは常にありますが、少しずつ生活に慣れてくる自分にうれしさと感動があります。これから留学をする方は準備頑張ってください。簡単な紹介でしたが参考になれば幸いです。

 

大学 大学
イプシレンティ イプシレンティ
フィールドデー フィールドデー
このページのTOPへこのページのTOPへ