大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

地域連携の取り組み

本学のキャンパスがある東京都板橋区や埼玉県東松山市、近隣の市町村との連携活動や公開講座をご紹介いたします。

なかいた環創堂

中板橋商店街(東武東上線で池袋から4つ目の「中板橋駅」駅前に展開している店舗数約150店という規模の大きい商店街)と本学学生が連携し、商店街を活性化させようという活動です。
学生たちが自分たちのパワーとアイデアを活かし、春のさくら祭り、夏のへそ踊り、冬の歳末セールなど、地域に根ざしたイベントを商店街と共同で企画・運営しています。
学生たちの活動についてはホームページをご覧ください。

みらいネット高島平

団地の街として名高い板橋区高島平を拠点に「地域社会、元気!」をめざす大東文化大学の試みが、2007(平成19)年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(現代GP)の「地域活性化への貢献」(地元型)部門で採択されました。
「みらいネット高島平」の目的は、「大学・地元連携による高島平地域の魅力創出と再活性化」です。
教員・住民・学生が協力して行っているこのプロジェクトの詳細はホームページをご覧ください。

地域デザインフォーラム

地域デザインフォーラム(地域連携研究)は、板橋区と大東文化大学とが共同研究などを通じて21世紀の地域社会の課題に挑戦していくしくみです。
板橋区は、「幅広い区民とのパートナーシップ」を基本理念として再生板橋の創造を目指しており、また、大東文化大学は、「地域社会に開かれた大学」という使命に基づき、教育研究機能の提供を通じて地域社会への貢献を目指しています。この両者が協力関係を地域社会に積極的に広げ、実りある成果を生み出そうとして、2000年5月に協定を締結し、「地域デザインフォーラム(地域連携研究)」を開始し、これまで研究活動等を続けてきています。

「子ども大学ひがしまつやま」の開校

埼玉県では子どもの学ぶ力や生きる力を育み、地域ぐるみで地域の子供達を育てる取組みのひとつとして、県内各地で「子ども大学」事業を推進しており、本学では2014年度から埼玉県東松山市と協力のうえ「子ども大学ひがしまつやま」を開校しています。

「日本スリーデーマーチ」への協力

毎年11月に埼玉県東松山市を中心とした比企地域で開催されている、日本最大のウォーキングの祭典「日本スリーデーマーチ」に協力・協賛しています。

東松山市との協働研究

埼玉県東松山市と「安心できる暮らしと豊かな自然を大切にしたまち」をめざした協定書を2007年に締結し、2012年2月から概ね2年を1期として二つの分科会が活動を行いました。

埼玉県ときがわ町との連携事業

埼玉県ときがわ町と平成18年6月に地域連携協定を締結し、連携事業を行っています。

大豆のアジア学

鳩山町「『環』のまち元気づくりプロジェクト」から持ち上がった地域連携事業を背景に、文部科学省「特色ある大学教育支援事業(特色GP)」の一環として鳩山町の特産品である大豆と大豆栽培事業(栽培・加工・販売)を通じた体験学習型授業と調査レポートを組み合わせた「農業インターンシップ」の開発を目指す公開講座としてスタートしました。また、本学部生のフィールドワークの実践として、「大豆のアジア学」に関連する鳩山町の民俗調査などを行い、座学では得られない学生の自主性を喚起し、「食文化」という具体的な課題を通じてアジアへの主体的な関わりを促すことを目標としています。

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ