大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

カリキュラム・ポリシー

教育研究上の目的

文学部は、人文諸科学に関する学識を修めることを通し、広い識見と深い洞察力をもち、人間の生き方やあり方を考究し、多様な現代社会ならびに国際社会の諸問題に対応できる人材を養成することを目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

文学部は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 最初に、多様な現代社会に対応できるように、学部・学科を越えた全学共通科目として自然・社会・人文諸科学の各科目を学ぶ。さらに基礎教育科目としての外国語科目・情報処理科目等、また、キャリア・ジェンダー・芸術(創作を含む)といった現代社会において必須とされる諸科目を学び、各専門科目への基礎を築く。
  • 次に、日本文学科・中国文学科・英米文学科・教育学科・書道学科・歴史文化学科の6学科それぞれの基礎科目と専門科目を学ぶ。それらは各学科において体系的にカリキュラムが組まれている。
2.教育方法
  • 各学科においては、少人数制のゼミや実践研究における課題に取り組むことによって、資料・情報の分析・読解能力、批評能力、自己表現能力、コミュニケーション能力、創造的実践能力の育成が目指されている。
  • さらに各学科において、卒業論文や卒業制作、研究テーマへの総合的取り組みが、個別的指導のもとに行われる。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の評価として、文学部における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA、外部客観テスト等の結果によって測定するものとする。
  • 4年間の総括的な学修成果として、複数教員による卒業論文等の評価を行う。
日本文学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

文学部日本文学科は、日本文学に関する学識を修め、多様な現代社会に対応できる能力を有する人材の養成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

日本文学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 日本の文学と言語・文化に関して、体系的・通史的な知識や素養を身につける。「日本文学史概説」「日本語学概説」など。
  • 古代から近現代にいたる各時代の文献や資料を読解する能力や、特定の主題に関する専門的な知識を身につける。「日本文学講読」「日本語学講読」、各分野の「特殊講義」など。
  • 4年間を一貫する少人数制の演習科目の履修を通して、問題発見・問題解決の能力、論理的思考力、文章表現力、口頭発表力、情報検索・情報分析の能力を養う。また、共通の課題に取り組むことを通して、自身と価値観や見解を異にする他者と向き合い、いかに協働するかを学んでいく。「日本文学基礎演習」「日本文学演習」、各分野の「演習」(ゼミナール)。
  • これまで習得した知識や技能、文学作品を批評・鑑賞する能力や言語の特質を理解する力をさらに発展・応用させつつ、論文という成果にまとめ上げる。「卒業論文」。
  • 外国語科目や比較文学・文化関連の科目、全学共通科目の履修を通して、幅広い知識や素養を身につけるとともに、異文化に対する理解を深める。「比較文学・文化特殊講義」「異文化コミュニケーション論」「基礎教育科目」(外国語)など。
2.教育方法
  • 知識の教授を目的とする教育内容に関しては、講義を中心とする授業形態をとるとともに、問題発見・問題解決の能力、技能習得などを目的とする教育内容に関しては、演習形式の授業形態をとる。
  • 基礎から発展へと体系的な学習が可能となるように、科目を配置する。
  • 初年次の日本文学基礎演習においては、入学以前の国語力の不足を補いつつ、文学研究の方法を学ぶ導入教育を行う。
  • 1年次から4年次まで一貫して少人数の演習科目を配置し、教員や受講生の間の討議を中心としたインタラクティブな教育を実践する。
  • 科目として卒業論文の時間を設け、主題や構想の検討などから文章添削に至るまで、教員(原則として3・4年連年演習の担当教員)と協議し、その指導の下に取り組んでいく。
  • 比較文学・文化の科目やゼミナールを用意するとともに、留学制度(協定校留学・奨学金派遣留学)の積極的な活用を推奨して、グローバルな視点から日本の文学と文化を見直すよう促す。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力に関しては、卒業要件達成状況、すなわち規定の単位数を取得したかどうかによって判定する。
  • 各科目に関しては、シラバスを通して成績評価基準を明示し、それに基づいて厳正な評価を行う。
  • GPA制度を導入して、客観的な評価基準を適用する。
  • 3・4年次連年の演習科目は、テーマや課題に対する受講者の取り組み方、問題発見・問題解決の能力、プレゼンテーション力などを総合的に評価する。
  • 卒業論文は、論文内容を中心に、それまでの勉学の成果や態度などを多角的に検討して評価する。
中国文学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

文学部中国文学科は、中国古典学に関する学識を修め、中国文化圏に対する深い洞察力と国際感覚を有する人材の養成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

中国文学科は、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成している。

1.教育内容
  • 初年次には必修科目「漢文入門」において文献読解に必要なスキルを学ぶ。
  • 初年次には必修科目「中国哲学基礎演習1(論語)」、「中国文学基礎演習1(唐詩)」、「中国語学基礎演習1・2」、「中国語入門」において読解力、基礎知識、語学力を養成する。
  • 2年次には必修科目「中国哲学基礎演習2(孟子)」、「中国文学基礎演習2(十八史略)」、「中国語学基礎演習3・4」、「中国語学基礎演習」において読解力、基礎知識、語学力をさらに伸ばす。
  • 3年次以降は選択科目で文学、哲学、歴史に関する分野を広く学ぶことで理解を深めるとともに、文学、哲学、歴史から所属するゼミを一つ選択し、自ら設定したテーマを調査し考察を加える。
2.教育方法
  • 1・2年次の必修科目ではクラスに分けて履修者数の偏りを無くし、主体的な学びを促す。
  • 1・2年次の必修科目で文学、哲学、歴史の文献を読み、それぞれの文献の特徴を理解するとともに広い知識と各分野の読解力を身につける。
  • 3年次以降の特別演習、卒論指導では少人数ゼミの履修を必修化し、課題の設定から卒業論文作成まで指導する。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の評価として、卒業要件達成状況、単位取得状況、GPAにより測定する。
  • 4年間の総括的学習成果として、口頭試問を伴う卒業論文の評価により測定する。
英米文学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

文学部英米文学科は、英語圏の文学・語学・文化に関する学識を修め、国際語としての英語の基盤の上に立った広い見識を持つ人材の養成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

英米文学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を実施する。

1.教育内容
  • 英語の実用的な運用能力を高め、国際的な場面で様々な文化的背景の人々とも、主体性・協調性を持って交流することのできる国際感覚を培う。「Freshman Seminar」「Speaking/Writing/Reading English」「英語文化コミュニケーション演習」など。
  • 英米を中心とする英語圏の文学・文化・歴史・社会への知識を深め、その特徴と多様性の理解を目指す。「英語の小説/詩/演劇を味わう」「英米児童文学を味わう」「英文学入門」「米文学入門」「イギリス文化論」「アメリカ文化論」など。
  • 英語の様々な側面をより複眼的、多面的にとらえ、その成り立ちと機能をより正確に理解できるようにする。「英語学入門」「英語の音声」「英語の歴史」「言語のしくみ」「英文法論」など。
  • 現代社会における文学・文化の価値の展開と発展について理解することで、東洋文化と西洋文化との差異や民族間における文化の差異を越えた交流を行うための知見を深める。「東西文化交流論」「比較文化論演習」など。
  • 英語・英語圏文学・文化に関し、他者の様々な意見を参照し、それを基礎として、自分自身の意見や思考を論理的に構築する力を養う。「ゼミナール」「卒業論文」など。
  • 英語以外のヨーロッパ諸言語また他の地域の外国語を身に付ける。「フランス語基礎」「ドイツ語基礎」「スペイン語基礎」「中国語1」など。
  • 英米文学、英語学、英語圏文化以外の人文学、また社会科学、自然科学に触れることにより、大学生として当然身に付けておかなくてはならない教養と知識および知的好奇心を養う。それと同時に、他分野と専門分野の関連性を見出すことによってさらに深い洞察力を身に付ける。「哲学AB」「芸術学AB」「社会学AB」「経済学AB」「数学AB」「生物学AB」など。
2.教育方法
  • 初年次教育においては、少人数のゼミ形式の授業における実践を通じて、発表の仕方、発表資料の書き方、レポートの書き方、ノートの取り方、図書館活用方法など、大学での学びの基礎を身に付ける。
  • 2年次において「英文学」「米文学」「英語学」を講義形式で導入し、専門科目に関する広範な知識を身に付ける。
  • 1,2年次の「英語の小説/詩/演劇/児童文学を味わう」の科目では、英米文学の様々なジャンルの具体的作品に原文で触れながら、ディスカッション形式で文学作品の持つ内容、形式について学ぶ。
  • 3年次には英文学、米文学、英語学、英語圏文化の分野に関する少人数制のゼミナールを、学生同士の討論また学生による発表を含むアクティブ・ラーニングを取り入れた形式で運営する。
  • 4年次の卒業論文では、教員と卒論生との間の一対一指導、およびゼミ形式で、テーマの確定、資料の分析、論文執筆を進める。
3.評価方法
  • ディプロマ・ポリシーで掲げられた能力の形成的な評価として、英米文学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、卒業論文提出者数等の結果によって測定するものとする。
  • 語学検定試験や教育職員採用試験などの学外試験の受験者に関しては、当該試験の結果も4年間の総合的学修成果として、カリキュラムの適切性を測定する判断基準とする。
  • 学生達の就職活動の結果を鑑み、学生達がカリキュラムに基づいた学習内容を就職活動に活かせたかどうかを確認する。
教育学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

文学部教育学科は、教育学に関する学識を修め、教育に関する知識・技能について、理論的実践的に優れた能力を有する人材の養成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 1,2年次には、広く深い教養を身につけるために、学部・学科を越えた「全学共通科目」から自然・社会・人文諸科学の各科目、「基礎教育科目」から外国語科目・情報処理科目等を学ぶ。さらに教育学研究の基礎力を養い問題意識を耕すために「教育学科入門科目」としての「基礎演習」を履修する。
  • 1年次から4年次を通じて「教育学科専門基礎科目」、「教育学科専門科目」、「教育学科演習科目」を学ぶ。それらは教育学・心理学・福祉学・芸術学の領域を柱として、多様性と系統性を重視して教育課程が組まれている。とりわけ、3,4年次で全員が履修する教育学演習(ゼミナール)では、少人数の学習集団の中で専門的テーマを深く研究していく。
  • 1年次から4年次を通じて、幼稚園・小学校の教員免許、保育士資格が取得できる教育課程が用意されているが、教育学の知見に裏づけられた免許・資格となるよう、理論と実践のバランスを考慮した教育課程が組まれている。
2.教育方法
  • 理論的な学びが実践に結びつけられるように、ディスカッションやグループワーク、実験、校外フィールドワークを含む多様な授業形態を取り入れ、教育や社会の現代的諸課題を主体的・協同的・創造的に探究することをめざす。
  • 全員が教育学演習(ゼミナール)を履修することによって、集団的研究・実践活動を経験し、その成果をゼミ論文や卒業論文として発表する。
  • 1年次から4年次を通じて、問題関心や進路に応じた個別的指導を重視する。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の評価として、教育学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA等の結果によって測定するものとする。
  • 4年間の総括的な学修成果として、複数教員による卒業論文等の評価を行う。
  • 教員採用試験等の受験者に関しては、4年間の学修成果として、試験結果によって測定するものとする。
書道学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

文学部書道学科は、書道学に関する学識を修め、書表現および書学に秀でた人材の養成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

書道学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 書道学科は、書学と書作からなる書道学を体系的に学ぶために書学と書作の科目の連携を図り、その基礎力から応用力までを身につける。
  • 外国語科目においては、1年次の必修科目「中国語学基礎演習1・2」と2年次の必修科目「中国語学基礎演習3・4」の履修を通して、書道と関連の深い中国語学を習得し、語学力の養成を図るとともに異文化に対する理解を深める。
  • 全学共通科目においては、「文学A・B」「歴史学A・B」「情報科学A・B」といった科目の履修を通して、人文・社会・自然諸科学にわたる幅広い教養の形成を図る。
  • 初年次においては、必修科目である「書道学基礎演習」の履修を通して、書道学の学習に必要な基礎力を養成する。
  • 必修科目群では、初年次において「楷書法1(書写を含む)」「行草書法1(書写を含む)」「仮名書法1(書写を含む)」といった科目の履修を通して、漢字・仮名等の書表現の基礎を修得する。また「日本書道史通論」「中国書道史通論」を履修することにより書道史の基礎力を養成する。さらに2年次では「書学基礎研究1・2」といった科目を履修することを通して書学の基礎を幅広く修得する。
  • 選択科目群では、2年次において「漢字仮名交じりの書法1」「篆刻法」といった科目の履修を通して漢字仮名交じり・篆刻等の書表現をも修得する。また2年次の「書跡文化財学概説」や3年次の「書論講読」等により書論・書跡等の研究能力を育成する。
  • 選択科目群では、「書道美学論」「中国美術史」「日本美術史」「日本文学史概説A・B」といった科目の履修を通して美学・美術史や文学等の学際領域も広く視野に入れて、現代社会における書文化の機能とあり方を考察できるようにする。
  • 選択科目群では、「書道文化演習1」といった科目の履修を通して、国内の書跡作品を実際に観察することの意義と鑑賞力を養成する。さらに「書道文化演習2」の履修を通して、中国や台湾での書道の体験学習や古今の書跡の鑑賞により異文化に対する理解を深める。
  • 各学生が自らの希望・選択する分野でより専門的履修が行えるように、3年次よりすべての学生が書学ゼミと書作ゼミのダブルゼミを受講する他校に類を見ない教育課程を整備している。
  • 4学年においては、それまでに習得した能力を発展・応用させて「卒業論文」と「卒業制作」としてまとめる。
2.教育方法
  • 主体的な学びを促進するために、専門科目においては、アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法を採用する。
  • 3年次より書学ゼミ1、書作ゼミ1の2つのゼミの履修を必修化し、インタラクティブな教育を実施する。
  • 3学年では、海外での体験学習を含む授業の受講を積極的に推奨している。
  • ラーニングポートフォリオを活用し、自己評価と他者評価を踏まえた、学びの振り返りを促していく。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の評価として、文学部における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA等の結果によって測定するものとする。
  • 学位授与方針で掲げられた形勢的評価として、毎学期カリキュラムルーブリックを活用して、成績不振者に対しては教員による個人的面談を実施する。
  • 4年間の総括的な学修成果として、複数教員による卒業論文・卒業制作の評価を行う。
歴史文化学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

文学部歴史文化学科は、歴史・文化に関する学識を修め、世界の中の日本を自覚し、多様な現代社会に対応できる能力を有する人材の育成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

歴史文化学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • まず、1年次の専門必修科目である「歴史文化学入門A・B」において、歴史文化学全般の導入教育を行い、1年次からの基礎的訓練の動機づけを図る。同時に、専門基礎科目で日本史、東西文化、観光歴史学の各コースの概要を周知し、専門支援科目で各コースの専門教育を支援する専門的な言語運用能力の養成を図ることで、2年次からのコース分けに備える。
  • さらに、1年次から2年次にかけては、語学科目を中心とした基礎教育科目で、国際社会に通用する国際感覚を身につけるとともに、専門教育の基礎となる多様な一般的学力を身につける。また、多様な現代社会の諸問題に対応できるように、学科の枠を超えた全学共通科目で、人文・社会・自然諸科学にわたる幅広い教養の形成を図る。
  • そして、2年次には、専門教育として1年次に続いて専門支援科目の学修を深めると同時に、専門必修科目の「基礎演習」において、それぞれの関心に応じた演習科目を配当する。講義科目としても、1年次からの専門基礎科目に加え、コース分けが行われた後なので、学生が選択したコースに関する様々な専門的領域の研究成果を提示する研究科目を用意する。
  • 3年次では、2年次までの基礎的教育の学習成果を発展させて、専門科目を学ぶ。なかでも、専門必修科目の「専門演習」で、各コースそれぞれの専門性に応じた演習が行われる。このように、主体性、創造性や協働性を養うために演習を重視する本学科の立場から、3・4年次には他にも、各コース独自の演習・実習科目を提供する。
  • 3・4年次では、各コースの発展的内容を持つ多様な講義科目を設けて、学生の専門領域の学識を深めるとともに、他領域との交流・比較も行うことで、アナロジーやシナジー効果などによる、さらなる発展を図る。このように、本学科は2年次という比較的早い時期に各専門コースに分かれるという特徴を持つが、同時に3・4年次にいたるまで一貫して、多数の他コースの授業も受講できるという特徴もあわせ持っている。
  • 4年次では、4年間の学問研究の集大成として、「卒業研究」が行われる。各自が指導教員のもとで、自分のコースの学問領域の中で、さらに特定の専門領域を選択して、これまでの学習成果を自らが選んだ具体的な研究テーマの深化のために活用していく。
2.教育方法
  • 知識の理解を目的とする教育内容については、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、意欲・関心、課題発見・解決、及び技能の習得を目的とする教育内容については、演習形式による授業形態を採ることとし、また理論的知識や能力を実践に応用する能力を身につけることを目的とする教育内容については、実習形式による授業形態を採用する。
  • 基礎から発展へと体系的な学修が可能となるようにするとともに、特に専門教育においては、専門分野の教育内容ごとに、知識、技能、応用といった授業の内容と科目間の関係や履修の順序に留意する。
3.評価方法
  • あらかじめ各授業における到達目標やその目標を達成するための授業方法、計画等を明示したうえで、成績評価基準や卒業認定基準を提示し、これに基づいて厳格な評価を行う。
  • GPA制度を導入して、客観的な評価基準を適用する。
  • 4年間の総括的な学修成果として、卒業研究の評価を行う。
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
このページのTOPへこのページのTOPへ