大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

日本文学科

教授
池山 晃

研究領域:近世日本文学

近世(江戸時代)の文学、特に歌舞伎・人形浄瑠璃などの劇文学を通して、当時の人々の生き方を探ります。

太田 雅孝

研究領域:近現代詩(おもに戦後の詩)

詩は、短い表現で、楽しいことや深いこと、さらには感動を伝えます。詩の可能性を追求します。

下山 孃子

研究領域:日本近現代文学

詩や小説を読み、何がいかに書かれているかを分析し、言葉・人間・世界について考察します。

千葉 一幹

研究領域:比較文学/近現代文学批評

「読む」とはどういう体験なのでしょう?たとえば「私はキツネ」と言う人がいます。この人は何を言いたいのでしょうか?答えは、講義で!

播本 眞一

研究領域:江戸時代の文学

『南総里見八犬伝』を中心に小説の研究をしています。作品に仕掛けられた謎を読み解く面白さは無限です。

檜垣 孝

研究領域:中世和歌文学

新古今時代の代表的な歌人を取り上げ、彼らの和歌の解釈・鑑賞および文芸意識等について研究しています。

日吉 盛幸

研究領域:日本上代文学

ひらがなやカタカナはどのようにして生まれたのか。『万葉集』を通して文字・表記・表現などを探求します。

美留町 義雄

研究領域:日本と西欧の比較文学・文化

交通やメディア、服飾など、西洋の諸文化の流入が、私たちの生活やものの見方をどのように変えていったのか探求します。

藤尾 健剛

研究領域:日本近現代文学

主な研究対象は夏目漱石。漱石は作品ごとに新しい地平を切りひらいていく偉大な作家で、やりがいがあります。

山口 敦史

研究領域:上代文学

日本上代の文学作品を研究します。『日本霊異記』などの説話文学を主な対象とします。

特任教授
德植 俊之

研究領域:国語教育/平安文学

古典教材を中心に、授業での扱い方について研究しています。各教材の解釈も研究対象とします。

准教授
北村 章

研究領域:平安朝文学

特に、『栄花物語』『大鏡』を中心としてその虚実性にスポットをあてながら、作品の執筆意図を探求してゆきます。

久住 真也

研究領域:日本近世・近代史

私の専門である明治維新史は、世界史的にも魅力ある研究対象です。授業では政治・文化の視点から史料を読み解きます。

冨樫 純一

研究領域:日本語学

日常生活や小説・漫画で用いられることば、特に、感動詞や終助詞を中心に研究しています。

浜口 俊裕

研究領域:平安朝の文学

文学作品とそれにちなむ図像の饗宴をテーマにして、文学作品の広がりと享受の方法を探っています。

講師
滝口 明祥

研究領域:近現代文学

井伏鱒二や太宰治を中心に近現代文学を研究しています。個々の作品を、それが生み出された同時代の文脈に置き直すことで開示される意味や価値を把握するよう努めています。

中国文学科

教授
大橋 由治

研究領域:中国文言小説

妖怪、幽霊、神、仙人、美女、動物、夢などが登場し独特のプロットを展開する中国の説話を研究しています。

門脇 廣文

研究領域:中国中世の文学

中国の漢詩や古典小説の研究、および文学論・書道論・絵画論・音楽論などの伝統美学の理論とその歴史の研究。

中川 諭

研究領域:中国明清小説

『三国志演義』をはじめとする、中国の明・清時代に成立した古典小説について研究をしています。

中林 史朗

研究領域:中国四川地方文化史

中国の三国時代から唐以前までの歴史や、四川地方の文化史、中国の陶磁史や書籍史、および日本の漢文学史など。

武藤 慎一

研究領域:宗教学

宗教学。中国関係では、シルクロードを往来した景教の研究。特に、唐代の碑文、モンゴル帝国の出土資料。

准教授
村井 信幸

研究領域:中国少数民族

中国少数民族、特に西南中国に居住する少数民族の歴史と文化。最近は彼らの間に昔から伝わる洪水神話を研究。

山口 謠司

研究領域:書誌・文献学

中国や日本では、むかし、どのように本が作られていたのかということを、主に研究しています。

吉田 篤志

研究領域:中国古代思想

周代(西周・春秋・戦国時代)の思想を伝世文献や出土文献により研究しています。

特任准教授
小塚 由博

研究領域:中国近世の文学

中でも明末清初という激動の時代を生きた文人たちの文化活動(詩・文・随筆・小説・戯曲・書画の制作など)を考察し、彼らの多様な生活の実態を研究しています。

講師
小尾 孝夫

研究領域:中国中世史

中国の魏晋から隋唐にかけての歴史、とくに、東晋南朝(宋・斉・梁・陳)時期の政治史および政治制度史について研究しています。

髙橋 睦美

研究領域:中国古代・中世思想

「老子」を中心とした中国の古代から中世までの思想史を研究しています。

助教
葉山 恭江

研究領域:唐代小説

唐代伝奇小説の文章構造や内容分析の研究をしています。

英米文学科

教授
網代 敦

研究領域:古期英語/英語史

700年から1100年頃の古期英語で書かれた詩と散文を研究しながら現代までの英語の史的発達を探っています。

猪股 謙二

研究領域:比較言語研究/言語論

言語研究の成果により伝統的記述に対して新たな説明がされている。これらの説を比較検討している。

河野 芳英

研究領域:イギリス児童文学

『ピーターラビットのおはなし?』の作者、ビアトリクス・ポター?の生涯と業績を掘り下げて研究してゆきます。

栗栖 美知子

研究領域:19、20世紀英文学・文化

人々の思いや生き様をイギリスの文学や文化を通して見ることで、人間の生き方の問題を多角的に考察します。

里見 繁美

研究領域:アメリカ文学と文化

アメリカは比較的短い歴史にもかかわらず、多種多様な文化を育んできました。その本質に迫ることがテーマです。

ジョージ・ウォレス

研究領域:イギリス児童文学

『不思議の国のアリス』とその続編『鏡の国のアリス』を通して、19世紀のイギリスの歴史・文化を研究します。

中澤 紀子

研究領域:英語学/ナーサリーライム研究

英語の文法を中心に英語の構造を探る研究とナーサリーライムを言語・文化の両面から探る研究をしています。

宮瀧 交二

研究領域:日本古代史・博物館学

日本古代の人々の暮らしについて研究しています。博物館学芸員の資格に関する授業も担当しています。

准教授
小池 剛史

研究領域:英語史・ウェールズ語学

英語とウェールズ語の歴史を研究し、イングランドとウェールズが歴史的にどのように関わってきたかを考察します。

照沼 阿貴子

研究領域:言語学・第一言語獲得

子どもがどのように母語を獲得するのかについて、英語や日本語等の異なる言語の場合を比較しながら探ります。

講師
生駒 久美

研究領域:アメリカ文学

19世紀アメリカ文学、とりわけマーク・トウェインを中心に「差別と共感」というテーマで研究しています。

木村 竜太

研究領域:イギリス思想史・文化史

詩人、工芸家、社会主義者など多様な活動をしたウィリアム・モリスを中心に19世紀イギリスの思想史・文化史を研究しています。

日野原 慶

研究領域:アメリカ文学、環境文学・批評

現代のアメリカ小説やネイチャーライティングなどを研究対象として、それぞれの作品において提示される環境観についての考察を行っています。

教育学科

教授
荒井明夫

研究領域:近代日本中等教育史

教育の歴史が専門です。人は何故学校に行くのか、地域の人々は何故学校を作ったかがテーマです。

磯貝富士男

研究領域:日本前近代史の研究

日本前近代社会経済史・政治史等。気候、海水面変動、農業、奴隷制、法制等々をテーマとした研究をしています。

一盛 真

研究領域:教育学、思想史

現在の教育課題に対する関心と理解を深めます。

上野正道

研究領域:学校教育学・教育哲学

学校の公共性と民主主義について、アートと学びの世界がひらく教育の視点から研究しています。欧米や東アジアとの比較をもとに、新たな時代の教育の可能性を探っています。

小室俊明

研究領域:英語教育

学習者が英語でコミュニケーションをする力を育てる方法をさまざまな面から研究しています。

齋藤友介

研究領域:「障害」と教育

特に、聴覚障害児教育の歴史及び聴覚障害児のコミュニケーション指導法について研究しています。

沼口博

研究領域:教育社会学・産業教育

日本の中等・高等教育がヨーロッパと異なり、アカデミックな内容が中心で、職業的訓練を含まないことについて研究しています。

藤本卓

研究領域:教育哲学・教科外教育論・生活指導論

教科以外の指導領域を中心とする教育方法の哲学的探究がテーマです。

松村健吾

研究領域:ヘーゲル哲学研究

西洋の哲学と倫理学、特に17世紀から19世紀にかけてのフランス、イギリス、ドイツの思想研究をしています。

准教授
石渕聡

研究領域:身体表現の理論と実践

学校の集団演技、コミュニケーションとしての身体、身体表現の可能性等をテーマとして理論と実践から探る研究をしています。

呉栽喜

研究領域:保健福祉学・子ども家庭福祉論

子ども・家庭支援に関わる政策及び実践について研究しています。

金澤妙子

研究領域:保育学・幼児教育学

保育実践の場で、保育者の関わりや子どもを見ながらその行為の意味を探求しています。また、保育記録の検討会に参加し、子どもにとってよりよいかかわりを保育者と共に考えあっています。

杉田明宏

研究領域:社会心理学、平和・人権学習論

虐待・体罰・いじめ・差別・戦争等、さまざまな暴力の原因と克服の方法を心理学の視点から研究しています。

関井一夫

研究領域:工芸・美術教育

工芸「金工」を専門に研究しています。特に鍛金・彫金という、鎚やタガネで金属を成形する技法の研究を行っています。

田尻敦子

研究領域:教育人類学・状況的学習論

インドネシアにおける学校と地域の関係やイエメンとセネガルの文化人類学的研究をしています。

船木正文

研究領域:教育法学

学校生活において子どもたちが安全に安心して教育を受ける権利が保障されるための研究がテーマです。

武者小路信和

研究領域:貴重書図書館学・書誌学・書物史

モノとしての書物の研究。印刷・製本・ブックデザインから書物の表現可能性まで、歴史的に研究しています。

吉永良正

研究領域:科学論・科学哲学

(1)数学と哲学の関係の理論的・歴史的研究。(2)複雑系・生物進化・宇宙論の哲学の構築。

特任准教授
渡辺恵津子

研究領域:算数科教育

生活主体としての子どもの発達と数量認識、子ども理解と算数教育について実践的に研究しています。

講師
飯牟礼悦子

研究領域:生涯発達心理学

子どもから大人まで、さまざまな「経験」を通して発達する人間の「こころ」の研究をしています。

北風菜穂子

研究領域:臨床心理学

人間のこころについて科学的に探究し、苦労を抱えながらもその人らしく生きられるように働きかけていきます。

中村清二

研究領域:教育哲学・教育方法学・民主主義教育論

すべての人の「生きる喜び」を保障することが民主主義の教育です。そのための教育の方法と哲学を研究しています。

中村麻由子

研究領域:教育方法学・生活科指導法

教師の実践的探求と、研究者の学問的探求を行き来する教育の臨床を基盤にしながら教育学を探求しています。

三島一郎

研究領域:コミュニティ心理学

精神障害回復者クラブをはじめとするセルフ・ヘルプ・グループの研究が専門です。

山中吾郎

研究領域:国語科教育

文芸学の理論研究を基礎にして、子どもたちの認識と表現の力を育てる国語科教育のあり方を実践的に研究しています。

教職課程センター 専担教員
中井 睦美/渡辺 雅之/仲田 康一

研究領域:教職セミナーや相談業務を担当しています。

書道学科

教授
安達 直哉

研究領域:書学研究/書跡文化財学

さまざまな本物の書跡を見て、文字だけでなくその内容、紙、虫穴やシミにまで注目し、多様な価値を探ります。

河内 利治

研究領域:書学研究/美学・芸術学

人はなぜ書を「美しい」と感じ、「芸術」であると思うのか。東アジアの伝統的な書の本質を研究していきます。

澤田 雅弘

研究領域:書学研究/中国書道史・中国書学

中国における書の変遷、書に関わった人々や書を生み出す社会の実態、書に関する思想などを研究しています。

髙木 茂行

研究領域:作品制作/漢字

漢字の起源を知り、その書法を徹底解明する。無限の筆法を鑑賞と実技両面から研究。

高木 厚人

研究領域:作品制作/仮名

平安時代に開花した仮名の美しさを分析し、古典の美を踏まえた現代の仮名を創り出すことが目標です。

髙城 弘一

研究領域:書学研究/古筆学・料紙研究

広義での古筆(こひつ、古人の筆跡)を総合的に研究します。特に、日本書道史での位置付けを探究していきます。

髙橋 利郎

研究領域:書学研究/日本書道史・日本書学

作品や作家と同時にそれらを取りまく社会環境にも注目しながら、書の魅力をひも解いていきます。

特任教授
土橋 靖子

研究領域:作品制作/漢字仮名交じり

自分のことばや好きな詩歌を書き、それを本格的な匂いのあるものに表現します。現代性と格調ある作品制作を探求します。

准教授
歳森 芳樹

研究領域:作品制作/漢字

漢字の作品の制作について、臨書作品、創作作品の両面から研究をします。実習により、その表現法を追求します。

講師
角田 健一

研究領域:作品制作/漢字

「今」に生きる私たちが現代の書をいかに表現すべきか。書作と書学の相互性の中で書の本質を考えます。

助教
中村 拓也

研究領域:作品制作/漢字

漢字作品制作の様式や形式、筆法の基礎を捉えつつ、自身の考える書表現に結び付けることが目標です。

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
このページのTOPへこのページのTOPへ