大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ディプロマ・ポリシー

教育研究上の目的

文学部は、人文諸科学に関する学識を修めることを通し、広い識見と深い洞察力をもち、人間の生き方やあり方を考究し、多様な現代社会ならびに国際社会の諸問題に対応できる人材を養成することを目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

文学部は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(日本文学・中国文学・英米文学・教育学・書道学・歴史文化学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 人文諸科学に関する学識を修め、人間や世界に対する柔軟な想像力と洞察力を持つことができる。
2.思考力・判断力・表現力
  • 自ら設定した課題について、人間文化・地域文化・歴史文化・言語文化のいずれかの学問療育の研究方法を用いて、考察することができる。
  • 他者の声に耳を傾け、自分の考えを口頭表現や文章表現によって、的確に伝えることができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 各学科で学んだそれぞれの専門性を生かし、社会において真摯に課題に取り組み、解決しようと努力することができる。
  • 国際社会に対する広い識見をもとに、周囲と力を合わせ、未来を創造していく過程に参与することができる。
日本文学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

文学部日本文学科は、日本文学に関する学識を修め、多様な現代社会に対応できる能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本文学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(日本文学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 日本の文学と言語・文化に関する基本的な知識を総合的・体系的に習得し、日本の文学や言語・文化の問題に関して専門的な知見を身につけている。
  • 日本の文学と日本語に関するさまざまな時代の文献や資料を的確に読解することができる。
  • 専門的な情報を集めるスキルを習得し、それを活用する能力を身につけている。
  • 日本語文法や文章表現法に関する基礎的な知識を習得し、口頭または文章で自身の考えを発表するのに必要な語彙力・表現力を習得している。
2.思考力・判断力・表現力
  • 問題を発見し、解決するために必要な論理的思考力を身につけている。
  • 専門的な問題に関する自身の考えを、一貫性・体系性を備えた文章で論理的に表現できる。
  • 各時代の文学作品に関する批評能力や鑑賞力を有しています。または、各時代・各地方の言語の特質を理解できる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 他者と協同して、積極的に問題に取り組み、その解決をはかろうとする姿勢・意欲を身につけている。
  • 異文化や異質な他者を尊重し、理解しようとする態度・意欲を持っている。
中国文学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

文学部中国文学科は、中国古典学に関する学識を修め、中国文化圏に対する深い洞察力と国際感覚を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

中国文学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に卒業の認定を行い、学士(中国文学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 文学作品、歴史記述、哲学思想の原書を訓読で学ぶことで、漢字・漢語や中国文化への理解を深め、日本語中での漢字・漢語の運用能力を高め、思考の幅を広めるとともに豊かな人間性を身につけている。
2.思考力・判断力・表現力
  • 研究対象として選択した分野の特徴を捉え、自ら課題を設定し、考察を加えることができる。
  • 文献から得た知識を実践に利用することができる。
  • 先行研究を批判的に継承し、自らの考えを口頭や文章で的確に伝えることができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 中国学で学んだ学識を実践的な力へと高めることができる。
英米文学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

文学部英米文学科は、英語圏の文学・語学・文化に関する学識を修め、国際語としての英語の基盤の上に立った広い見識を持つ人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

英米文学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(英米文学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 現代社会におけるコミュニケーションの手段として、他者との文化的差異に臆することなく交流を行うための、総合的かつ基礎的な英語能力。
  • 文化や慣習の隔たりを越えて、世界に生きる様々な人々と意見の交換を行うための基礎となる、「聞くこと」「話すこと」に関わる英語の運用能力。
  • 英語という言語を様々な側面から複眼的、多面的にとらえ、その成り立ちと機能をより正確に理解する能力。
2.思考力・判断力・表現力
  • 言語としての英語の運用能力に留まらず、英語によって創り上げられた文学と文化に関する知識を持ち、その上で、文学および文化に対する自分自身の考えを紡ぎだす能力。
  • 社会への貢献を目指すなかで、与えられた課題や問題に関して、論理的に思考し、それらの解決を可能にするための判断力と洞察力。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 英語に関わる基礎的な知識、そして専門的な知識を基盤として、自身の適性を活かし、社会に貢献する方法を発見する能力。
教育学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

文学部教育学科は、教育学に関する学識を修め、教育に関する知識・技能について、理論的実践的に優れた能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下のような能力を備えた学生に卒業を認定し、学士(教育学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 本学科の教育学研究の柱である教育学・心理学・福祉学・芸術学の領域に関して深い学識と適確な技能を修得している。
  • 幼稚園・小学校の教員、保育士、その他の教育者・発達援助者として、子どもを含む人間が学び発達していく理論および実践活動について、専門的な識見を修得している。
  • 教育・発達援助の専門家として、困難や課題を抱えている対象に対して、条件・状況に応じた適確・創造的な学習指導・生活指導や養育活動を組み立てる実践的技能を習得している。
2.思考力・判断力・表現力
  • 教育の専門家として、また現代社会の市民として、教育的課題・社会的課題の解決のために、情報リテラシー・柔軟な発想力・豊かな感性を身につけ、多様な価値観・文化を持つ人々と協同で問題を探求し活動することができる。
  • 自らの学習・探求した成果を、報告書や論文、あるいは芸術作品として的確に表現し、他者・社会と共有できる能力を身につけている。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 日本社会や国際社会において生じている子どもを含む人間の多様な在り方・生き方に関わる諸問題について、広く関心を持ち、学問的に探求することができる。
書道学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

文学部書道学科は、書道学に関する学識を修め、書表現および書学に秀でた人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

書道学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(書道学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 漢字・仮名の文字文化を、周辺の諸領域とともに理解し考察することができる。
  • 書学と書作の両面においてバランスのとれた基礎力と応用力を身につけている。
  • 豊かで幅広い教養と高い倫理性を身につけている。
2.思考力・判断力・表現力
  • 芸術表現としての「書」の歴史を踏まえて、高い表現技法と鑑賞する力を身につけている。
  • 書の素晴らしさを感じ取り、その感動を人に伝え指導することができる。
  • グローバルな視野で異文化を理解し、多文化共生社会を推進する能力を身につけている。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 現代社会における「書」の文化的役割や機能を主体的に担い、推進する能力を身につけている。
歴史文化学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

文学部歴史文化学科は、歴史・文化に関する学識を修め、世界の中の日本を自覚し、多様な現代社会に対応できる能力を有する人材の育成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

歴史文化学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(歴史文化学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 人文分野を始めとして、社会・自然分野に及ぶ確かな知性と鋭い感性を備えた、豊かな人間性を陶冶することができる。
2.思考力・判断力・表現力
  • 世界、日本、地域の歴史・文化に関する豊富な学識を修め、歴史的思考力を縦横に駆使して、それを行動の拠り所とすることができる。
  • 国際化が進む社会において、異なる立場にある者とも相互理解の上に立って、十分なコミュニケーションを取りながら、協働することができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 現代の多様な課題の発見・解決に主体的に取り組み、歴史文化学科で修得した専門性を総合して、新たな価値の創造に柔軟に活かすことができる。
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
このページのTOPへこのページのTOPへ