大東文化大学語学教育研究所大東文化大学語学教育研究所

メニュー

語学教育研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ごあいさつ

語学教育研究所は本学外国語学部の附置機関として36年前(1983年)に開設されました。本研究所では外国語教育や言語学研究の発展を主な目的に据えた活動をしています。アジアの中国語と日本語、ヨーロッパのフランス語とドイツ語さらには世界言語の英語の五つの言語・文化に関する研究や教育の発展のために外国語学部の7人の教員が本研究所の研究員として集っています。

主な業務としては、それぞれの言語(日・中・英・仏・独)の5つの講演会(板橋又は東松山校舎で行うことが可能)や本研究所の研究員の4つの研究発表会(板橋校舎で行う)の開催、学外の研究者又は海外からの研究者を受け入れての学術交流及び共同研究の実施、学術雑誌(『語学教育研究論叢』、『語学教育フォーラム』)の発行などがあります。

中国語学科、(「ヨーロッパ2言語コース」のフランス語、ドイツ語を含む)英語学科、日本語学科から選出された研究員は、それぞれ専門分野毎に研究テーマを定めて鋭意研究に取り組み、その成果を学会や学術雑誌に発表しております。外国語教育・言語学・文学・文化・国際関係論等の多彩な分野の専門家を擁する外国語学部の特色を生かし、国際的に活躍できる人材の育成、及び学問の発展に貢献すべき努める所存です。現在は日本人以外に中国人、フランス人、ドイツ人やニュージーランド人がいるので、本研究所で研究している研究者グループは国際的な団体です。

雑誌の『語学教育研究論叢』や『語学教育フォーラム』と『所報』のバックナンバーの目次をご覧になれば本研究所の研究活動をより詳しくご理解いただきます。是非、本研究所の「刊行物」を開いてみてください。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Christian W. Spang (クリスティアン・シュパング)

  • 語学教育研究論叢
  • 語学教育フォーラム
  • 語学教育研究所所報
このページのTOPへこのページのTOPへ