大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

カリキュラム・ポリシー

教育研究上の目的

スポーツ・健康科学部は、本学の建学精神とその教育理念に基づき、国民の健康の維持と増進を視野に、スポーツを通して文化の発展と健康づくりに貢献できる人材の育成、医学・看護・健康関連分野で健康の増進に寄与できる人材の育成を目的とします。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

スポーツ・健康科学部(スポーツ科学科・健康科学科・看護学科)は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 全学共通科目の履修により様々な分野を学習することで、幅広い教養を修得するとともに豊かな人間性を養う。
  • 外国語科目として、1〜2年次において英語を必修とするとともに、選択科目として中国語、コリア語、フランス語及びドイツ語を選択する。さらに各学科において、教育課程の方針に応じた外国語教育の科目を開講する。これらを通じて、異文化への理解を促すとともに外国語コミュニケーション能力および国際性を養う。
  • 初年次および2年次において、大学生としての基本的知識・技能と各学科の専門分野を学ぶための基礎的能力の養成、ならびにリメディアル教育あるいはキャリア教育のために、各学科独自の科目を開講する。
  • 専門教育科目について、各学科はそれぞれスポーツ科学・健康科学・看護学の専門性に応じて、おもに1年次・2年次にて基礎的な科目群を学習し、年次進行とともに発展的な科目群について講義による授業形態に加えて、実技・演習・実習形態の授業により学習するように体系的なカリキュラム構成となっている。
  • スポーツ科学・健康科学・看護学の分野における各種資格に必要な科目群を、年次進行に合わせて配置する。
2.教育方法
  • 主体的な学びを促進するために、アクティブ・ラーニングおよびICTを取り入れた授業を展開する。
  • 専門教育科目においては、各種実習・演習授業を通してより実践的な能力を修得させる。
  • 3年次および4年次において、少人数制によるゼミナールを開講し、インタラクティブな教育を通じて、学生の主体的な学習を促進する。
3.評価方法
  • 学位授与方針に掲げた項目に関する形成的評価として、卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA、外部客観テストおよび学科の専門性に応じた各種テストなどを用いる。
  • 国家試験および各種資格試験受験者に関しては、4年間の認知領域の学修成果について、それら試験の結果によって評価する。
スポーツ科学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

スポーツ科学科は、スポーツ科学に関する学識を修め人間性豊かなスポーツ指導と健康づくりの能力を有する人材の養成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

スポーツ科学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 1年次には、必修科目のスポーツ科学概論、生理学や解剖学などを通してスポーツ科学の基礎を学習し、2年次以降でスポーツ科学の専門的な各種分野を、3年次には各演習科目およびゼミナールにおいて専門的に学習する。
  • 実技科目として、1年次には陸上競技、水泳、器械運動を必修とし、2年次では各種球技系科目(基礎)を学習し、3年次の各種球技系科目(発展)さらにはコーチングへと発展させる。
  • 外国語科目として英語を1〜2年次において必修とし、加えて中国語、コリア語、フランス語及びドイツ語の中から1つを選択することにより、外国語教育を通して、異文化の理解に加えて自国の言語や文化を客観的に見直すとともに、バランスのとれた国際感覚を養う。
  • 専門科目とは別に、1年次の「フレッシュマンセミナー」を通じて大学生として身につけてほしい基礎的能力を、2年次には「スポーツキャリアセミナー」により各自の進路について考え、目的を達成するために自ら行動する能力を養う。
  • 4年間を通じて、全学共通科目を履修することにより幅広い教養を修得する。
2.教育方法
  • 主体的な学びを促進するために、特に講義系の専門科目においては、アクティブ・ラーニングを取り入れた授業を展開する。
  • 3年生〜4年生においては、ゼミナールを選択でき、より主体的な学習に取り組む。
  • 特に3年生では、スポーツボランティア活動への参加を積極的に推奨する。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の形成的な評価として、スポーツ科学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA、外部客観テスト等の結果によって測定するものとする。
  • 4年間の総括的な評価として、卒業時の学生によるアンケート調査によって評価する。
  • 教員採用試験受験者に関しては、1次試験合格者数、2次試験合格者数さらには臨時任用等の採用数などを考慮する。
健康科学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

健康科学科は、生命の尊厳に基づいた生活の質を理解し、医療と保健の幅広い分野で国民の健康づくりに貢献できる人材の養成を目的とします。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康科学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。そして、本学の教育理念に基づき、医療、食品、環境の分野のスペシャリストを育成する。

1.教育内容
  • 基礎教育科目・語学では、必修科目の生命倫理学、英語A/B、および人文・社会系の全学共通科目(自由科目)を通じて、生命の尊厳に基づく倫理性、国際性、社会性を学ぶ。
  • 専門教育科目では、健康科学のエキスパートとして科学的な思考力と判断力を養成するための生化学A、生理学、分子生物学の必修科目に加えて、さらに免疫学、血液学、病理学などの基礎医学領域から臨床医学総論、臨床病態学A,Bなどの臨床医学領域に及ぶ科目についての講義・演習・実習の履修を通して、実学的かつ実践的な能力を育成する。
  • 初年次においては、基礎科学、基礎生物学、化学、健康科学基礎演習などのリメディアル科目において、健康科学を学ぶために必要な学習スキルを学ぶ。
  • 資格関連科目として、臨床検査技師資格取得、食品衛生管理者、食品衛生監視員、第二種作業環境測定士などの4つの資格に関する専門科目を配置し、各学生が自らの希望・選択する分野でより専門的履修が行えるよう教育課程を設定する。
2.教育方法
  • 主体的な学びを促進するために、専門科目における各種の演習授業・実習授業を通して問題解決型のアクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法を採用する。
  • 3,4年次においては、少人数制によるゼミの履修を積極的に促進し、インタラクティブな教育を実施する。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の形成的な評価として、健康科学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、外部客観テスト等の結果によって測定するものとする。
  • 学位授与方針で掲げられた形勢的評価として、毎学期ごとにコモンルーブリックを活用して、学年担任制およびゼミ担当教員による個人面談を実施する。
  • 4年間の総括的な学修成果として、卒業論文の評価も行う。
  • 国家試験受験者に関して、国家試験の結果は4年間の認知領域の学修の明確な成果とする。
看護科学科 カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的

看護専門職として自ら主体的に学問を探究し、好奇心に満ちた豊かな人格形成と多文化社会に生きるさまざまな人々への理解を涵養し、住み慣れた地域社会における生活者の健康回復・維持・増進に向けて創造的に活躍するための看護実践能力を発揮できる人材の養成を目的とする。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

看護学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 総合基礎科目(全学共通科目・基本スキル科目)、専門基礎科目(人体の構造と機能、疾病と治療、地域社会と医療福祉)、専門科目(看護の基盤、看護の実践Ⅰ、看護の実践Ⅱ、看護の実践Ⅲ、看護の統合)の 3つの科目群で構成する。
  • 総合基礎科目では、深い教養と豊かな人間性を身につけ、異なる文化や考え方、多様な価値観が理解できるよう全学共通科目などで幅広い分野を学習する。また、1年次より、必修科目の基礎ゼミナール、コモンスキル、情報処理、人間関係論などを通して基本的な技能(ジェネリックスキル)を修得する。
  • 英語を第一外国語とし、英語コミュニケーションⅠ~Ⅳ、医療英語、英語ゼミナールを1〜2年次を中心に学習する。医療英語では、外国人患者とのコミュニケーションスキルを、英語ゼミナールでは英語の文献抄読に必要なスキルを学習する。第二外国語として選択科目の中国語、コリア語、フランス語、ドイツ語を設定する。
  • 専門基礎科目では、さまざまな健康状態や発達レベルにある看護対象者を全人的に理解するため保健・医療・福祉の基礎とあり方を学習する。必修科目として、人体の構造と機能Ⅰ〜Ⅱ、人間と栄養、生化学、微生物学、疾病・治療学Ⅰ〜Ⅴ、病態論、薬理学、郷土論(埼玉学)、公衆衛生学、保健医療統計学、医療情報学、保健医療福祉制度論などを1〜3年次に配置する。また、臨床心理学概論、社会福祉学、生命倫理学を選択科目として配置する。
  • 専門科目では、看護の基盤を学習した上で、看護の実践Ⅰ(理論と方法)、看護の実践Ⅱ(臨地実習)、看護の実践Ⅲ(看護の発展)において対象や場に応じた看護学を学習し、さらに、看護の統合では体系的に看護学を学習する。
2.教育方法
  • 主体的な学びを促進するために、ICT 教育やアクティブ・ラーニングを取り入れた授業を積極的に採用する。病棟実習や看護技術演習などにおいては、タブレット端末にプリインストールした電子書籍を利用した学習を支援する。動画撮影・再生を通した看護技術のフィ-ドバックやクリッカー機能を用いた学習到達度の振り返りにより、インタラクティブな教育を実施する。
  • 教材を用いた自学自習・PBL 型授業を実施する。批判的思考力(態度、経験、意識調査を背景)を評価した上で、ジェネリックスキル(思考力・文章作成能力など)、社会人基礎力、協調的問題解決力(チームで問題を解決する力)の育成を促す。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の形成的な評価として、看護学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA、外部客観テスト、OSCE(Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験)などの結果によって測定する。
  • 国家試験受験者に関しては、4年間の認知領域の学修成果として、国家試験の結果によって測定する。
  • スポーツ科学科卒業生コミュニティサイト
  • 健康科学科卒業生コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • スポーツ科学科卒業生コミュニティサイト
  • 健康科学科卒業生コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ