大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

スポーツ・健康科学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

スポーツ科学科

NewsFeedスポーツ科学科からのお知らせ Newsスポーツ科学科からのお知らせ

理論と実践力を融合させながら、スポーツ業界で
活躍できるプロフェッショナルを育成する

アスリートから指導者、インストラクターまで、スポーツのさまざまな分野で力を発揮する人材を育成

スポーツ界を生き抜くトータルなスキルを身につける

アスリートや指導者の育成のみならず、スポーツジムのインストラクターやメンタル、栄養などのアドバイザー、さらにはスポーツグッズ販売など、将来スポーツ分野で活躍できる人材を育成することが本学科の使命。「知識」「技能」「指導力」という3つの柱を基本に、スポーツにおいてトータルに役立つスキルを身につけます。学びのルートは将来を見据えて設計されており、1年次は大学生としての基本的態度と基礎教育・技能の習得、2年次は専門知識・技能の習得と将来観の確立、そして3~4年次は将来観に基づく自己実現の達成を目指します。

スポーツを知的に解説する科学理論を修得

身体について科学的に学ぶことも、本学科の大きな特徴の1つ。各種スポーツやトレーニングに対する生理的な応答と適応を探求する生理学、ヒトの身体の動きや構造に関するバイオメカニクスや解剖学、さらにはスポーツ心理学、スポーツ栄養学などを学ぶことによって、スポーツを科学的理論で解説できるようになります。指導現場で働く方にとっては、欠かせない内容と言えるでしょう。また、身体的な科学だけでなく、スポーツ社会学やスポーツ産業論などの授業では、スポーツを取り巻く環境や周辺事情を学び、スポーツと社会・地域の関係性について考察します。

学科の壁を越えて参加できる教員育成ゼミ

将来は、スポーツの指導者や子どもと接する仕事に就きたいという学生の声も多く聞かれます。そのため、元都立高校の校長先生が現場感覚で指導する授業を設け、放課後には学科の垣根を越えて参加できる特別ゼミを行っています。学生数は各学年約120名、教員とのコミュニケーションを密にしながら、1~4年次まで東松山キャンパスで学びますので、学生と教員がまるで1つのチームのような団結力で結ばれています。

  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ