大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

スポーツ・健康科学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

スポーツ科学科

教授
大橋 二郎

研究領域:トレーニング科学

スポーツ選手の体力やその動き、そして試合でのパフォーマンスとの関係について研究します。

勝又 宏

研究領域:運動制御・運動学習理論

人間が動作をコントロールする、上達する仕組みについて、力学・神経生理学・心理学の観点から研究します。

川本 竜史

研究領域:スポーツバイオメカニクス

最新鋭の科学的機材を駆使して、スポーツ選手の動作を解析し、競技力の向上に役立てます。

進藤 周治

研究領域:教科教育法(保健体育)

保健体育科の教育技能を中心に研究。さらに教員採用試験対策についての研究と実践を行います。

只隈 伸也

研究領域:トレーニング理論

スポーツパフォーマンス(持久系)の向上・維持を目的としたトレーニングやコンディショニングの研究をしています。

田中 博史

研究領域:スポーツ心理学・バレーボールの指導法

競技スポーツや健康増進スポーツにおける実施者および指導者の心理的諸事について研究します。バレーボールのコーチングも行います。

中間 和男

研究領域:剣道での上段からの打突の研究

上段からの甲手の打突と面の打突のコースを研究し、有効打突として最も適した竹刀のコースを模索します。

中村 正雄

研究領域:野外教育/環境教育/冒険教育

野外活動に期待される教育的効果を検討しながら、安全で良識ある活動の在り方について考えていきます。

馬渡 照代

研究領域:身体表現(コミュニケーション)

リズムや空間の持つエネルギーを借り、身体の動きで、自分の感性、思想等を伝達します(体と心との対話)。

宮城 修

研究領域:スポーツ生理学、発育発達論

スポーツ中に体内で生じる生理学的変化(筋力発揮メカニズム、呼吸循環系応答等)を明らかにします。

森 浩寿

研究領域:スポーツ法学・スポーツ政策学

差別、ドーピング、選手契約、事故の法的責任といったスポーツに関連する法的問題を取りあげています。

琉子 友男

研究領域:健康生理学

健康を維持・増進させるための重要な要素である運動や休養とからだの仕組みとの関係について研究します。

特任教授
羽田 聡

研究領域:教科教育法(保健体育)

保健体育科の教育及び学校教育における諸問題について研究します。

准教授
工藤 保子

研究領域:生涯スポーツ論

スポーツイベントの企画・運営、地域とスポーツの関わり等について取りあげています。

本間 俊行

研究領域:運動生理学

筋エネルギー代謝およびパフォーマンスの向上、トレーニング方法の検証等について研究しています。

横矢 勇一

研究領域:コーチング論(球技)

球技(バレーボール)のコーチング、スカウティングについて追究しています。

講師
鹿島 丈博

研究領域:コーチング論(体操競技)

体操競技におけるモルフォルギー的技術分析や、体操競技の指導法について研究します。

春日 芳美

研究領域:スポーツ社会学・歴史

体育・スポーツに関する歴史について研究します。

佐藤 真太郎

研究領域:コーチング論(陸上競技)

陸上競技コーチング及びトレーニング法の開発。特にストレングス・トレーニングについて研究します。

健康科学科

教授
大城 聰

研究領域:生化学/分子生物学

ヒトの健康と病気の予防に役立つように、生命の営みを分子及び細胞レベルで研究する学問領域です。

太田 眞

研究領域:スポーツ医学/予防医学

動脈硬化の前段階を最新機器や新しい測定法により早期に発見し、心・脳血管疾患を予防したいと考えています。

後藤 孝也

研究領域:総合医学/細胞内情報伝達

病体病因を細胞、遺伝子レベルで解析し、なぜ病気が起こるのかを明らかにすること、そしてその治療や治療薬開発へつながる研究をしています。

杉森 裕樹

研究領域:公衆衛生学/疫学

メタボリックシンドロームなどの生活習慣病をどうしたら予防できるか?真面目に科学しています。

鈴木 明

研究領域:健康教育学/健康管理学

環境の変化がライフスタイルにおよぼす影響と健康の関連から、より効果的な健康教育を追究しています。

高橋 進

研究領域:体育科教科教育

体育授業の工夫が、生徒たちの心理的諸側面をいかに変容させるか、それぞれの間の因果関係を明らかにします。

高山 成伸

研究領域:生体防御/臨床免疫学

生命活動を健全に維持するための重要な機構である免疫について、さまざまな病気をテーマに研究しています。

中島 一敏

研究領域:感染症危機管理学/実地疫学

エボラウィルス病などの新興感染症対策を含む世界的な感染症危機管理、感染症アウトブレイクの疫学調査と対応(アウトブレイク探偵)、感染症のコントロールについて実践的な研究を行っています。

藤田 和博

研究領域:血液学/分子細胞遺伝学

血液疾患を染色体や遺伝子レベルで解析しています。その成果を新しい検査技術の開発に結びつけることが目的です。

准教授
植田 幹男

研究領域:化学

自然科学の理解をより深めるための理科教育法の探索とこれによる新しい教材や実験手法の開発に取り組んでいます。

蕪木 智子

研究領域:栄養学/栄養免疫学

様々な栄養状態が生体に与える影響を解析し、生活習慣病予防に効果的な食生活を追究しています。

日野 るみ

研究領域:病理形態学/解剖学

病理形態学的アプローチに加え、分子生物学的手法を用いて癌の成因・病態について明らかにしていきます。

宮本 正秀

研究領域:英語文学/科学史

17世紀英国の文学作品、科学者や医師の著作を読み、近代的自然観が確立される過程を研究しています。

簗瀬 澄乃

研究領域:放射線生物学/基礎老化学

生物が老化する仕組みについて、実験動物を用いて探るとともに、抗老化に役立つ物質の探索を行っています。

講師
只野 智昭

研究領域:臨床化学/医用工学

さまざまな疾患・疾病の診断につながる生体成分分析方法論、臨床検査データ解析の研究をしています。

丹波 泰子

研究領域:臨床化学/検査機器管理学

生体成分の分離・分析(定量)をすることで、病因・病態を解析し、さらに疲労と臨床検査値の関連性を研究しています。

特任講師
山﨑 まどか

研究領域:臨床神経生理学

外部刺激による反応や疾病による生体の変化を臨床生理学的検査、特に脳波を中心に研究しています。

  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ