大東文化大学東洋研究所大東文化大学東洋研究所

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

研究紀要「大東書道研究」

第22号目次

制作論
懐袖雅物
専任研究員 
藤森 大雅(大節)
和歌における散らし(4)
兼坦研究員 
高木 厚人
〈神〉の断想
兼坦研究員 
河内 利治(君平)
快哉の所為 
兼坦研究員 
澤田 雅弘
「連月和歌十六首‐早春‐」について
兼坦研究員 
土橋 靖子
調和体の表現
兼坦研究員 
歳森 芳樹
手から手へ
兼坦研究員 
綿引 浩一(滔天)
多様な異体字の水面下にあるもの
兼坦研究員 
角田 健一(大壤)
少画数文字を用いた作品の表現
兼坦研究員 
中村 拓也(大郁)
研究論文
晩唐「劉遵礼墓誌」「劉中礼墓誌」における卲建初―鐫刻における記名刻者の関わり―
兼坦研究員 
澤田 雅弘
秦始皇帝時期の草書的文字Ⅱ―里耶秦簡に出現した〝草書化現象〟―
兼任研究員 
新井 儀平
趙之謙と多胡碑―日・朝・清の文物交流史の視点から―
兼任研究員 
大橋 修一
  • 大東書道
  • 書道テキスト
  • ギャラリーと書道教室の利用について
  • 芸術新聞社
このページのTOPへこのページのTOPへ