大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

エコキャンパス

人と環境にやさしい都市型キャンパス

これは、板橋新キャンパスの基本コンセプトです。明るく生き生きとした学園生活と地球環境への負荷の低減の両面を追及します。
自由な学問と教育研究の場として、このキャンパスでは人と人の横のつながり、談論風発する出会いと交流、緑の中の憩いと癒しの空間を設置するとともに、ごみを減 らす〈REDUCE〉、できるだけ再利用する〈REUSE〉、再資源化する〈RECYCLE〉の、3Rに努め、自然の力をできるだけ取り入れ、過剰なエネルギーを使わないライフスタイルを目指します。環境負荷を低減する、徹底した建設リサイクル、耐用年数100年の建築、環境素材の活用、高効率かつ省資源・省エネの設備システム、ヒートアイランドを防ぐ積極的な緑化を行っています。このような環境負荷軽減のさまざまな対策と工夫、3Rのライフスタイルの実施により、「板橋エコキャンパス」は環境目標として、CO2の13%削減、エネルギーコストの38%節約を目指します。

大東エコキャンパス 13のからくり

1.風力発電
風力発電

3号館屋上に風力発電機が5基設置されています。プロペラの直径260cmで、最大発電能力は1基あたり0.6KW/hです。風速70mを超えると安全のために停止します。

2.太陽光発電
太陽光発電

体育館屋上と3号館屋上・壁面に合計372枚の太陽光発電パネルが設置されています。1枚あたりの最大出力は85W/hで、合計すると約30KW/hの電力になり、家庭用エアコンなら20台を動かせます。この電力で1カ月に4万円程度の電気代の節約になります。

3.コジェネレーション発電
コジェネレーション発電
電気と熱を両方利用する賢い仕組み

コジェネ発電機と排ガス利用の冷温水機を組み合わせて電気と排熱を有効活用しています。火力発電所から送られる電気エネルギー効率は、送電ロスまで含めると40%近くまで落ちますが、板橋キャンパスでは、80%近い効率になります。電力と高温排ガスエネルギーと排温水の3つのエネルギーを有効に活用しているためです。

4.中央コントロール
中央コントロール
総合的なビルマネージメント

中央棟・図書館の地下に中央監視室を設けて、全キャンパスの設備を一体に管理しています。常時機器の最適な運転を監視するほか、学校時間割と連動するスケジュール管理などにより無駄をなくし、省エネルギーに努めています。

5.外断熱、ペアガラス、木サッシ
外断熱、ペアガラス、木サッシ
エネルギーロスを最小にする工夫

新築3等は外断熱、ペア(2重)ガラス、木製断熱サッシを使用して、建物表面からの熱損失を最小にしています。中でも外断熱は、コンクリートに熱を蓄え、その輻射熱の活用と蓄熱による温度変化の緩和効果により、冷暖房負荷の削減に大きく貢献しています。

6.共同溝(空気のトンネル)
共同溝(空気のトンネル)
地下トンネルの温度は安定

空調用の新鮮な空気はキャンパス地下に新しく作られた共同溝に取り込みます。この外気は温度が安定した共同溝を通るうちに夏は冷やされ、冬は暖められて、3号館や図書館に給気されます。こうして冷暖房のエネルギーを節約しています。共同溝には各種配管や電力・通信用の配線なども設置され、既設の1号館、2号館にもつながっています。

7.中空杭による地中熱利用
中空杭による地中熱利用
地中温度は1年中安定

3号館を支える中空杭の中には熱交換用のチューブを挿入して、冬は暖かく夏は冷たい地中熱を汲み上げて、外調機の冷暖房に利用しています。この地中熱で3号機の冷暖房エネルギーの2割程度をまかなっています。

8.風の塔による自然換気
風の塔による自然換気
煙突効果で自然換気

春秋には自然の風を呼びいれ、夏冬も冷暖房の効果を高めて快適な環境を作るために考えたのが、風の塔と呼ぶ建物内空間です。半分開放された廊下と上部が開いた竪穴で煙突のように空気の自然循環をうながします。

9.屋上緑化・中庭緑化・街並み緑化
屋上緑化・中庭緑化・街並み緑化
キャンパス内の多様な緑化

断熱の役割を兼ねた屋上緑化をはじめ、思索の杜や交流の杜などの中庭緑化、沿道には街並み緑化を行いました。緑化は都市のヒートアイランド対策に有効なだけでなく、新緑、花、紅葉などの季節感や、虫や鳥を呼ぶなど、自然を体感する機会をつくります。

10.天井裏熱の還元
天井裏熱の還元

体育館の天井付近にたまる熱を、ファンとダクトで床下に引き込み、床暖房のように床から吹き出します。体育館のような活動的な場所では、特別な暖房ナシでもこれで充分です。体育利用時以外には、床下パイプにコジェネの排熱を貯めた蓄熱槽の温水を通して床暖房します。

11.除湿空調
除湿空調
コジェネ排熱利用による除湿

冷房では除湿空調機により除湿した外気を、2重床を通して吹き出しています。除湿することで、通常より高い冷房温度でも爽やかに感じられます。除湿のエネルギーはコジェネの排温水の熱を利用しています。

12.自然採光と調光ゾーニング
自然採光と調光ゾーニング
自然採光の工夫

キャンパス活動は大部分が日中なので自然採光優先としました。中央棟の開架閲覧室など大きな空間では、天井の形状を工夫して奥まで自然光が届くようにし、また3号館の教室ではライトシェルフと呼ぶ反射板で天井に反射させて教室の奥まで光を導いています。

調光

3号館の教室や研究室では、調光センサーにより窓側の照明を消すなど、自然光利用による省エネを図っています。カリキュラムに連動して電源をオフにする工夫もしています。

13.雨水貯留と中水利用
雨水貯留と中水利用
雨水の流出抑制(ガラ利用)

高島平一帯は強い雨が降ると道路に雨水が溢れるなどの課題を抱えた地域です。エコキャンパスでは50周年記念館の解体コンクリートガラのすきまを利用して雨水の貯留を行い、下水道への流出を遅らせています。ガラの利用は廃棄物を敷地外に出さない工夫でもあります。

中水として利用

貯めた雨水をろ過してトイレの洗浄水に使う中水道システムも作りました。水道水の使用を減らし、水道料金を減らすことになります。

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ