大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

大東文化大学の基本方針

大東文化大学の基本方針

大東文化大学は、大学の理念・目的、教育研究組織の編成原理、学生支援、国際化、社会連携、社会貢献、内部質保証等の9項目について基本方針を定めています。

大東文化大学の学士課程教育に関する基本方針
(3つのポリシー)

大東文化大学は、学則第1条において、建学の精神に基づき、学問の理論と応用を教授・研究して真理と正義を愛する自主的精神に充ちた良識ある人材を育成し、文化の発展と人類の福祉に貢献することを目的とする、と謳っています。この目的を実現するために、以下に3つの基本方針(ポリシー)を定めます。

3つのポリシーは、それぞれの教育の目的に応じて、学部・学科ごとに定められています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

ディプロマとは、学位や卒業証書のことです。ディプロマ・ポリシーは、学部や学科が定める単位を修得して、どのような能力、知識、教養を身に付ければ卒業を認定し、学位を授与するかの方針を示したものです。
大東文化大学は、厳格な成績評価に基づき、基礎教育科目、専門教育科目、全学共通科目の所定の単位を修得し、豊かな教養と確かな専門的知識、高い倫理性を備えていると認定した人に学士の学位を授与します。本学が学位授与にあたって求める能力、見識は下記のようなものです。

  • 豊かな教養と高度な専門的知識をもって現代社会の諸課題にチャレンジできる。
  • 国際的な広い視野と感覚、異文化への共感的想像力、コミュニケーション能力をもって国際社会に貢献できる。
  • 生涯にわたって学び続け地域社会の発展に貢献する意欲と能力を持っている。
  • 自己の意見を適切に表現、伝達し、また他者の意見を傾聴できる能力を持っている。
  • 社会の一員としての強い責任感、使命感、モラルを持ち適切に行動できる。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成と実施の方針)

カリキュラム・ポリシーは、学位授与の方針で定めた目標を達成するために、4年間の学士課程で、どのようなカリキュラムを編成し、どのような方法によって教育を行うかの方針を定めたものです。
大東文化大学の学士課程は文学部、経済学部、外国語学部、法学部、国際関係学部、経営学部、環境創造学部、スポーツ・健康科学部の8学部から構成されています。このうち国際関係学部とスポーツ・健康科学部は、全学年の教育を埼玉県東松山市にあるキャンパスで行い、他の6学部は1年次と2年次の教育を同キャンパスで、3年次と4年次の教育を東京都板橋区にあるキャンパスで行っています。
本学のカリキュラムは、大きく分けて、基礎教育科目、専門教育科目、全学共通科目の3つの科目群から成っています。このうち基礎教育科目と全学共通科目は主として、全学部の1、2年生が学ぶ東松山キャンパスで、専門教育科目は、国際関係学部とスポーツ・健康科学部は東松山キャンパスで、他の6学部は板橋キャンパス(一部は東松山キャンパス)で開講されています。
3つの科目群は下記のような特徴を持っています。

  • 基礎教育科目は、専門教育科目を学ぶための基礎となる科目、英語・中国語など外国語の運用能力を育てる言語科目、ITスキルの習得を目指す情報処理科目など、学部学科で独自に編成されている科目群です。これらは専門教育を受けるために不可欠のものです。
  • 専門教育科目は、各学部学科が、それぞれの教育目標を達成するために独自に編成した科目群です。基礎教育科目、全学共通科目を学んだ上で、高度な専門的知識、能力を修得することに主眼が置かれています。
  • 全学共通科目は、教養教育にあたるもので、次の3つの科目群から構成されています。(1)学問の体系と方法をわかりやすく教授し、また健康な心身を育むことにより、豊かな教養と高い倫理性を備えた人間を育成することを主眼とする基本科目群。(2)人類の社会と生活に密接に関わる課題を通して現代世界への問題意識と異文化への理解、総合的な判断力を育てる課題(テーマ)科目群。(3)中学校・高等学校等の教職資格科目群。

このほか、高等学校から大学へのスムーズな移行を促すための初年次教育も学部・学科単位で、また全学的な取り組みとして行われています。
これらの授業は、通常の講義形式のほか、演習や実習、フィールドワーク、海外研修、卒業論文作成などさまざまな方法で行われています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッションとは入学のことで、アドミッション・ポリシーは大学が掲げる目的を達成するために、どのような人を受け入れるかの方針を定めたものです。
大東文化大学は1923年(大正12年)に、東洋の文化を教授・研究するために創立された歴史ある大学であり、これまで10万人をこえる卒業生を社会に送り出してきました。また、アジアを中心に70をこえる世界の大学、研究機関と交流協定を結び、多くの留学生を受け入れ、大東大生を海外に派遣してきました。
「東西文化の融合」を建学の精神に掲げる本学は、世界の歴史・社会・文化に関心を持ち、日本文化への深い理解と異文化への共感をもって地域社会と国際社会に貢献し、豊かな人間性と深い学識をもって現代社会のさまざまな課題の解決に力を尽くすために、基礎的な学力を有し、自ら学び発展しようとする高い勉学意欲を持った人に学びの場を提供しています。

各学部・各学科等における3つのポリシー
学部・学科
大学院
  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ