大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

理事長からのごあいさつ

大橋英五理事長からのごあいさつ

学長 太田政男理事長 大橋 英五

学校法人大東文化学園は、帝国議会の決議によって創設された大東文化学院(1923年)に始まります。そこでは、漢学をはじめ東洋の文化を学び、西洋文化を吸収して、東西文化の融合をはかろうとする熱い思いがありました。大東文化学園は、この「東西文化の融合」という考え方を建学の理念とし、大東文化大学・大東文化大学第一高等学校・大東文化大学附属青桐幼稚園の3組織から構成されています。

現在、社会はグローバル化する知識基盤社会へと構造が大きく変化しています。知識基盤社会においては、人・情報・物資などあらゆるものが国境を越えて交差していくため、国際通用性を備えた人材が求められます。このような社会の状況に対応した人材の育成こそが期待されています。大東文化学園では、この社会の変化を「東西文化の融合」という建学の精神を活かす好機と捉えて教育・研究活動の質の向上に取り組んでいます。そして、これからも学問・研究、文化・芸術、スポーツ・健康の三分野においてバランスのとれた質的総合力を高め、真の総合学園をめざします。

大東文化大学は創立100周年を見据え、中期目標としての「大東文化大学将来基本計画DAITO VISION 2023」を策定しました。この基本計画では、アジアに軸足をおき、学問の分野をさらに欧米を含む世界に広げ、国際的な視野に立った研究と教育の実現によって大学の国際化をめざしています。そしてさまざまな文化的背景を持つ人々が相互に理解を深め、新たな価値を不断に育む開かれた大学であることを、地域社会の協力を得ながら今後とも追求していきます。

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ