大東文化大学 人文科学研究所大東文化大学 人文科学研究所

メニュー

人文科学研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

研究報告会

平成29年度冬季「研究班報告会」

前のページに戻る

平成29年度冬季「研究班報告会」

日時

平成29(2017)年12月2日(土)

会場

板橋校舎2号館2階 2-0221会議室 ※聴講自由

報告1
題目

デジタルマイクロスコープで見る料紙の一考察
―「香紙切」と複製「筋切」を中心に―

「装飾料紙の研究」研究班

報告者

野中 直之

通常、料紙の調査を行う際は、肉眼で確認できる情報を中心に行われるが、デジタルマイクロスコープの普及により、繊維の状態を観察することが容易となってきた。「香紙切」の料紙には稀に異なるものが存在することを確認し、また大正11年発行の複製「筋切」においても、実物の状態を再現するための工夫を見ることができた。

報告2
題目

『中国書画家鑑蔵印文索引(仮)』の作成とその意義

「中国書法史の文献学的研究」研究班

報告者

髙田 智仁

鑑蔵印は、書画書籍等の来歴を明示する重要な文献資料の一つであり、多くの工具書が刊行されてきたが、殆どが用印者別に編集されてきたため、当該印が誰の印であるかを求める場合にはひたすらページをめくる労力を要した。当研究班でこの度作成を進めてきた印文索引について、その作成経緯と意義とを報告したい。

報告3
題目

『詩経』と出土文物から見る周人の故郷
「中国古代研究 ―出土資料と伝世文献―」研究班

報告者

吉田 篤志

『詩経』の大雅や小雅には、周人が岐山の麓(陝西省)に移住して都邑を造営したことが歌われている。これを裏付けるように、周原地区からは甲骨文や青銅器が出土し、さらに周公廟付近からは大型墓や青銅器が発見された。報告ではこれらの資料から周原遺跡や周公廟遺跡について論じ、周初の歴史や文化について論じてみたい。

 

  • 文学部
  • 図書館
  • ビアトリクス・ポター資料館
このページのTOPへこのページのTOPへ