大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経済学部からのお知らせ

2018年11月26日

大東文化大学経済学会(2018年度)・学生懸賞論文「博物館小論文部門」審査結果

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

大東文化大学経済学会(2018年度)・学生懸賞論文「博物館小論文部門」について、経済学会運営委員会において慎重に審査した結果、優秀賞と奨励賞は下記の通りとなりました。受賞者には鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)の入館料が返還されるとともに、図書カードと副賞が授与されます。受賞した小論文(PDF)は準備が整い次第、こちらに掲載します。なお、今年度の応募本数は計10篇でした。

優秀賞(1件)

「日本の鉄道」 現代経済学科1年 郡司健吾

奨励賞(3件)

「乗車率120パーセント」 現代経済学科1年 直井美穂

「鉄道と日本」 現代経済学科1年 長谷川玲央

「「鉄道」の存在~鉄道の発展と地域開発~」 社会経済学科1年 和知航平

このページのTOPへこのページのTOPへ