100周年事業

2021.04.03

東松山キャンパスに、新1・2年生を歓迎する巨大モザイクアートが出現

TOPへ戻る

この記事をシェアする

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

2023年の創立100周年に向けた企画として、東松山キャンパス5号館2階(通称M Front)に巨大ポスターが現れました。

 

このポスターをよく見るとモザイクアートになっています。このモザイクアートは、2~3月にかけて行われた創立100周年に向けたイベント、卒業生向け企画「写真で集合!!DAITO思い出CROSSING+」キャンペーンで集まった今春卒業の4年生の大学生活の思い出写真約4,500枚を組み合わせて制作されました。

 

卒業生の思い出の詰まった写真からできたモザイクアートは、新たにキャンパスライフを始める新2年生、新1年生に、同じように素晴らしい大学生活の思い出を作ってほしいとの願いを込めた卒業生からのエールが表現されています。

モザイクアートのコンセプトは「最高の笑顔」。本学の全學應援團がモチーフになっています。

 

ポスターには2つのメッセージが表現されています。

一つは、大学生活の充実とチャレンジ精神を喚起させる「最高を創り出せ」。「書道の大東」を誇る本学の特色を打ち出した力強い筆文字で書かれています。

もう一つは、新入生を歓迎するとともに、コロナ禍で昨年1年間ほとんどキャンパスに来ることができなかった新2年生をはじめ在学生に向けた「キャンパスへおかえりなさい」の意味を込めた「ENJOY YOUR HOME CAMPUS」。

思いの込もったメッセージとともに、創立100周年の新たな大学のテーマカラーであるあざやかな「Future Green」を基調としたポスターが、コロナ禍を乗り越え4月からの本格的な対面授業再開を控えた賑わいが待たれるキャンパスのメインエントランスを華やかに彩り、新入生、在学生を迎えます。

 

大東文化大学は2023年に創立100周年を迎えます。「真ん中に文化がある。」をキーワード(=タグライン)として、創立100周年は「学生が主役」を掲げ、大東文化の総力を結集し、2023年に向かって進化を続けてまいります。

創立98周年となる2021年度より、本格的な100周年記念事業がスタートします。

大東文化の新たな挑戦にご期待ください。

これまでの取り組み

この記事をシェアする

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

RECOMMEND

  • 100周年事業

    創立100周年に向けたブランドデッドムービー 「百年目の祝福」が伝えたいもの―大東文化大学の目指す多様性と受容性―

    2022.01.20

    詳細
  • 100周年事業

    本学創立100周年を記念して制作されたブランドデッドムービー「百年目の祝福」が完成

    2022.01.06

    詳細
  • 100周年事業

    本学教職員・学生が板橋区立小・中学校書き初め教室で交流

    2021.12.23

    詳細
  • 100周年事業

    堂々完成!創立100周年記念企画「大東生による100thCM制作プロジェクト」

    2021.12.08

    詳細