履修証明プログラム

Overview

概要

大東文化大学サーティファイド中学校部活同指導者は、中学校における部活動運営の質的向上を目指し、指導者・生徒が安心・安全に部活動に取り組むことが出来るようにするための部活動指導者認定制度である。
現在、中学校の部活動指導の現場では、指導者の不適切な指導による各種問題が散見されている。
そこで、中学校部活動指導に携わる者を対象とし部活動運営の質的向上を目指す。
近隣地域の中学校部活動に携わる指導者へ、スポーツ科学領域の各科目群から捉えたジュニア期のスポーツコーチングを中心に包括的な学びを提供することで、生徒が安心・安全のもとで明るく元気に部活動に取り組むことが出来るようになることを目的とするプログラムである。

身に付ける事のできる能力

  • スポーツ科学の知見に基づいた中学生年代のスポーツコーチングスキル
  • 生徒が安心、安全に部活動に取り組むことができるようにする能力や知識

修了時に付与される
資格など

  1. 1. 履修証明書
  2. 2. 中学校部活動指導者認定※

※大学独自資格

受講対象者

下記のいずれかに該当する方

  1. 現職が中学校教員である方(公立・私立は問わない)
  2. 教員免許状(科目は問わない)を有し,現在中学校の部活動の指導を行っている方
  3. 教員免許状(科目は問わない)を有し,今後中学校の部活動の指導を行う予定がある方
  4. 教員免許状は有していないが,現在中学校の部活動の指導を行っている方 ※出願資格審査あり
  5. 教員免許状は有していないが,今後中学校の部活動の指導を行う予定がある方 ※出願資格審査あり
受講期間

20221020233(6カ月)総授業時間数60時間

受講料

¥54,000

修了要件

全60時間の履修及び資格認定試験の合格による修了認定(ただし、出席時間が総授業時間の4/5に満たない場合、資格認定試験を受けることはできない)

Curriculum

カリキュラム

basic基礎

advanced応用

  • 対面授業は、全て東松山キャンパス(東武東上線高坂駅からスクールバスで7分)にて開講。

Tutor

講師紹介

  • 鹿島 丈博(かしま・たけひろ)

    科目:

    ジュニア期のスポーツコーチングPDFファイル

    • スポーツ科学科 准教授
    • 体操競技部部長
    • 日本体操協会 男子体操ジュニア強化部長
    • 2008年北京オリンピック 男子体操団体総合銀
    • 2004年アテネオリンピック男子体操団体総合優勝・あん馬3位
  • 春日 芳美(かすが・よしみ)

    科目:

    体育・スポーツ史PDFファイル

    • スポーツ科学科 准教授
  • 蕪木 智子(かぶらぎ・ともこ)

    科目:

    ジュニア期のスポーツ栄養学PDFファイル

    • 健康科学科 教授
    • 管理栄養士
    • 男子バスケットボール部栄養管理スタッフ
    • スポーツ科学科 教授
    • 東京大学大学院総合文化研究科修了(学術博士)
    • (一財)全日本大学女子サッカー連盟理事長
    • 日本バイオメカニクス学会理事
    • 日本フットボール学会理事
  • 工藤 保子(くどう・やすこ)

    科目:

    生徒の多様性とコーチングPDFファイル

    • スポーツ科学科 准教授
    • 女子バスケットボール部 部長兼監督
    • 26年間(公財)笹川スポーツ財団で全国調査やボランティア運営等担当
    • 研究テーマ:女性スポーツ、スポーツ政策、スポーツボランティア
    • 日本スポーツとジェンダー学会 理事
    • 一般社団法人スポーツ・コンプライアンス教育振興機構 理事
    • 埼玉県スポーツ推進審議会 委員
    • 生涯スポーツ論による体育授業研究
    • スポーツ科学科 教授
    • 長野県にて中学校・高等学校の保健体育教諭として勤務(19年間)
    • 長野県陸上競技協会より指導者功績賞(2002年)
    • 長野市・北信中学校体育連盟事務局長(2005年)
    • 北海道マスターズ陸上競技選手権最優秀選手賞(2014年)
    • 旭川市スポーツ振興計画懇談会審議委員(2015年 11月~2017年3月)
  • 佐藤 真太郎(さとう・しんたろう)

    科目:

    トップアスリートのコーチングPDFファイル

    • スポーツ科学科 准教授
    • 大東文化大学陸上競技部監督(短距離、フィールド)
    • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(陸上競技)
    • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(ボブスレー、リュージュ、スケルトン)

    ボブスレー競技でソチオリンピック出場(ボブスレー)、陸上競技では100mで埼玉国体を優勝した経験がある。コーチとして東京オリンピックの陸上競技日本代表の育成に関わった。
    コーチ学とスプリントトレーニングについて研究している。

    • スポーツ科学科 講師
    • 女子陸上短距離実業団選手(2020東京オリンピック日本代表)の専任トレーナー
    • 公益財団法人 全日本柔道連盟 教育普及・MIND委員会(知的障がい者柔道振興部会)委員
  • 高橋 進(たかはし・すすむ)

    科目:

    ヨーロッパのクラブ事情PDFファイル

    部活動のチームマネジメントPDFファイル

    • 健康科学科 教授
    • 講道館柔道 七段
    • 高等学校教諭・副校長として勤務
    • IJF インターナショナル・レフリー
    • 全日本柔道連盟 教育普及MIND委員会 委員長
    • 講道館指導員
  • 只隈 伸也(ただくま・しんや)

    科目:

    スポーツトレーニングⅠ(持久力系)PDFファイル

    • スポーツ科学科 教授

    大東文化大学時代に箱根駅伝を4年連続で走り、2区区間賞、関東インカレ4種目(1,500、5,000、10,000、20k)優勝。卒業後はヤクルト本社で全日本実業団駅伝4位入賞、ロードリレー世界選手権日本代表。仙台育英高陸上部監督を経て、1999年から母校を指導。2000年から監督を務め、2018年に総監督就任。箱根駅伝では、日本テレビ、NHKで解説を担当し、現在、ラジオ日本解説者。研究分野は、有酸素系トレーニング、ジュニア期のトレーニング、コーチング(陸上競技長距離)。

    • スポーツ科学科 教授
    • 大学院スポーツ・健康科学研究科 教授
    • スポーツ振興センター 所長
    • 男女バレーボール部 部長
    • 日本バレーボール学会 副理事長
    • 日本バレーボール協会ハイパフォーマンス委員 会メンタルユニット
  • 中村 正雄(なかむら・まさお)

    科目:

    安全管理と救急法PDFファイル

    • スポーツ科学科 教授
    • Medic First Aid® インストラクター(Basic/Pediatric)
    • Wilderness Medical Association International Wilderness First Responder
    • Rescue 3 Japan Technical Rope Rescue Technician Level
    • Rescue 3 Japan Swiftwater Rescue Techni cian Level 1
    • 公益社団法人 日本キャンプ協会 安全対策委員会委員長
    • Wilderness Risk Management Japan 理事
  • 福島 斉(ふくしま・ひとし)

    科目:

    スポーツ医学(基礎)PDFファイル

    スポーツ医学(応用)PDFファイル

    • スポーツ科学科 教授
    • 日本整形外科学会専門医
    • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
    • PHICIS(Pre-Hospital Immediate Care In Sport) Level 2
    • 日本ラグビーフットボール協会セーフティーアシスタント
    • 膝関節外科(手術件数1500件。うち前十字靭帯再建術300件)
    • 日本臨床スポーツ医学会最優秀論文賞(2015年)
    • 大東文化大学女子サッカー部部長
    • 釜石シーウェイブスラグビーフットボールクラブ チームドクター
  • 宮城 修(みやぎ・おさむ)

    科目:

    スポーツ生理学とコーチングPDFファイル

    • スポーツ科学科 教授
    • 大東文化大学 男子サッカー部 部長
    • 公益財団法人 日本サッカー協会 フィジカルフィットネスプロジェクトメンバー
    • 公益財団法人 日本サッカー協会公認A級ジェネラルコーチ
    • 公益財団法人 全日本スキー連盟公認スキー指導員・検定員
    • スポーツ科学科 教授
    • 日本スポーツ法学会理事
    • 日本体育・スポーツ政策学会理事
    • 日本教育法学会理事
  • 横矢 勇一(よこや・ゆういち)

    科目:

    スポーツ科学入門PDFファイル

    • スポーツ科学科 准教授
    • 男子バレーボール部監督
    • 埼玉県バレーボール協会理事
    • 日本バレーボール協会情報企画委員
    • 国際バレーボール連盟公認コーチ(レベルⅡ)
    • スポーツ科学科 准教授
    • CSCS (NSCA認定 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
    • JATI-AATI (日本トレーニング指導者協会認定 上級トレーニング指導者)
    • 中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)

    1994年東海大学体育学部卒業後、東海大学トレーニングセンターにてアシスタント・ストレングスコーチとして従事した後、2001年~2021年まで、立命館大学スポーツ強化センターにて課外活動支援を目的として、学生のトレーニング指導にあたる。2021年4月より現職。
    トレーニング指導実績としては、アメリカンフットボール日本選手権優勝、全日本大学アメリカンフットボール選手権優勝、全日本大学女子駅伝大会および選抜大会優勝。また、パーソナルトレーナーとしてはオリンピック代表選手(陸上短距離、棒高跳び、スノーボード)、プロ野球、Jリーグ、その他プロスポーツ選手(テニス、競輪、ゴルフ、カーレーサーなど)を指導。
    日頃より教育機関や自治体の依頼によりトレーニングやコンディショニングの普及教育・啓蒙活動を行う。

Schedule

Photos

受講の様子

-準備中-