グッズプロジェクト

2023.09.05

大東文化大学の創立記念グッズ大公開!アノ有名なお菓子も登場?!【100周年篇】

この記事をシェアする

  • Facebookでシェア
  • Xでシェア
  • LINEでシェア

はじめに

大東文化大学は2023年9月20日に迎える創立 100 周年を記念して、様々なグッズを製作する取り組みが行われています。
この記事は、過去に製作されたグッズの【90周年篇】、100周年を記念して製作されたグッズの【100周年篇】の2本立てで紹介します。
今回は創立100周年記念グッズについて追いかけていきます! 

 

100周年記念グッズとは?

大東文化大学が創立100周年を迎える記念として製作されるグッズのこと。
この100周年を機に、今後も継続的なグッズ製作・販売を予定している。
現在100周年記念グッズは、スポーツ・キャンパス・書道の3つのテーマに分けて製作され、各種イベントなどでの限定配布グッズや、学内店舗やショッピングサイトなどを通じた販売グッズなどもある。

 

〇100周年記念グッズ販売について(大学HP)〇

100周年記念オリジナルグッズ販売のお知らせ

 

今回はグッズ製作Bチームの米山さん、栗林さんに、キャンパスグッズについてお話を伺いました!

左から米山さん、栗林さん 左から米山さん、栗林さん

 

トートバック、タンブラー、ハンカチを選択した理由を教えてください。

私たちは3つの100周年記念グッズ製作チームのうち、キャンパスグッズ担当をしています。グッズを通して100周年を広く周知するというのが目的です。その中でも、在学生やOB・OG、教職員といった幅広い方々に手に取ってもらうことができ、かつ日常使いができる物という視点から、トートバック、タンブラー、ハンカチを選択しました。

 

グッズ製作の期間はどれくらいですか?

2022年の1月からグッズ製作の打ち合わせが始まりました。定期的に製作メンバー全員で集まって、どのようなものがいいかなという話し合いをしました。話し合いの中で良いものが見つかったらもう少し踏み込んで、業者の方に製作が可能か、それぞれのグッズの担当となった職員が聞いてみたりしながら打ち合わせをしていきました。その後100周年記念事業推進室や大東スクラム※との調整や相談を含め、グッズの決定→販売の流れの決定→広告の方法の決定という形で取り組んでいきました。
ここまで約1年5か月かけてついに今年の2023年5月から販売がスタートしました。

 

※大東スクラム…学校法人大東文化学園の教育研究サービスの高度化・事務業務の効率化等を目的として、2019年10月1日に学校法人大東文化学園の100%出資により設立された大東文化学園の子会社のこと。
 

製作の過程で一番苦労したことは何でしたか?
過去に作ったグッズの売れ行きも踏まえて、どのようなグッズなら手に取ってもらえるのか、ニーズがあるのかを考えるのが大変でした。また100周年という大学の大きな節目という点で迷うこともありましたが、なぜこのグッズを作るのかというポイントに立った時に、学生さんやOB・OG、教職員の方々に「大東文化大学は今年100周年を迎えます」ということを知ってもらえるきっかけが一番大事なのではという結論にたどり着くまで、製作メンバーで色々意見を出し合い、話し合いを重ねて時間をかけた部分が大変だったかなと思います。

 

 

構想段階では具体的にどんな案が出ていましたか?

PCケースも考えましたね。他には地酒をコラボして、埼玉県や川越など、そういったところとコラボできないかなと考えたり。それと大東文化の学生は東武東上線を使うので、PASMOとコラボした定期券が出来ないかというのも考えたりしました。
 
地酒はなぜお蔵入りになったのですか?
学内でお酒を販売するとなったとき、1、2年生が手に取れないなっていうところがあって見送りました。(笑)

 

学内で実際にグッズを使用している方を見かけたことはありますか?
タンブラーを使っている様子となると、なかなか目にする機会は少ないですが、トートバッグだったりハンカチタオルは職員の方が結構使ってくれたりするところを目にします。あとは生協で実際に購入してくれている方々を目にすることが出来たので、製作側としてとても嬉しく思っています。6月3日に開催されたホームカミングデーでも、OB・OGの方々が数多く手に取ってくださり、学外でも使用してくださることを楽しみにしています。

 

  • タンブラー全4色 タンブラー全4色
  • トートバッグ全4色 トートバッグ全4色

 

最近学内の自動販売機で 100周年ラッピングのミネラルウォーターも見かけるようになりました。こちらも出来上がるまでのお話を教えていただけますか。

トートバッグ、タンブラーと一緒にオリジナルラベルのミネラルウォーターも売りたいですねという案が挙がっていました。水なので自動販売機で購入できるようにするのが1番良いだろうという所と、価格も手に届きやすいので、目にして貰える機会がたくさんあるんじゃないかと思いました。
そして、ちょうどデザインを検討している時期に100周年のキービジュアルが完成しました。キービジュアルは可愛らしさもあり大東らしさもすごくあるのでぜひこれを使いたいなと思って使わせてもらっています。

 

100周年ラッピングのペットボトル 100周年ラッピングのペットボトル

 

これまで多くのグッズを製作してきたと思うのですが、100周年という節目にあたって復活させたいと思うグッズはありますか?例えばキットカット等のお菓子とか面白いなって思います。

お菓子もいいですね。せっかくの100周年なのでお菓子の手に取りやすい要素もありつつ何か形に残るものをと思っていたので。
前回90周年の時のキットカットのように、手に取りやすいお菓子にチャレンジしたいんですけど、紙のパッケージだと食べ終わったらなかなかそのまま取っておくというのは少ないと思うんですよね。なのでパッケージも長く取っておいて貰えるようにしたいなということで考えているものがあります。

 

そのグッズのヒントとかって…

ヒント……絶対みなさんが知っているお菓子です。
お菓子っていうと幅広いですが、実家で1度は食べたことあるんじゃないかなと思います。
個人でみなさんが買うよりも、贈り物とかいただきもの、お土産とかで買ったりするものです。
とても美味しく、見たらこれか!って多分なるんじゃないかと思います。

 

最後に、100周年記念まで20日を切りましたが、これからまだ新しいグッズが出てくる予定はありますか?
お話ししたいのですが、まだ検討段階で話せない部分もたくさんあり…(笑)
トートバッグ・タンブラー・ハンカチを作る時も最後の最後でまた色々入れ替えたりっていうのがあったりしたので、決まるのはもう少しかかるかもしれないですね!

 

おわりに

米山さん、栗林さんありがとうございました!
読者の方の中には、まだキャンパスグッズをお持ちでない方もいらっしゃるかと思います。
どれも手に取りやすく普段使いしやすいものなので、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事をシェアする

  • Facebookでシェア
  • Xでシェア
  • LINEでシェア

RECOMMEND

  • 活躍する大東人SP

    活躍する大東人100周年記念スペシャル #17 千葉 正樹 さん

    2024.04.15

    詳細
  • 100年の書

    「大東文化大学100年の書―書の大東を受け継ぐ人々―」を開催しました

    2024.04.04

    詳細
  • 記念その他

    【在学生・教職員の皆さまへ】創立100周年記念事業効果検証アンケートにご協力ください

    2024.04.03

    詳細
  • 多文化共生研究

    100周年記念シンポジウム≪ジェンダーと身体――「帝国」を再考する≫を開催しました。

    2024.03.30

    詳細