大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

国際関係学部からのお知らせ

2015年02月18日

2014年度写真コンテスト(インド)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
インド 出品作品一覧

誰が想像できただろうか?サードゥーと呼ばれる修行者にカメラを向けた途端なんとピースサインをしたのである。どこで覚えたのやら(小声)。が、しかしここはインドである。気前よく写真を許可する裏側には必ずチップをくれである。

放課後に立ち寄ったローカルマーケットでの一枚。アイスを食べている男の子が口の周りを汚しながら一生懸命話している姿がかわいい。周りで聞いている子達もなかなかの風格がある。

朝のバラナシでの一枚。道路の真ん中を堂々と歩く牛とおっさんの姿がなんだかクールだ。インドでは牛も犬も人も自由だ。

観光の時、インド門でシャボン玉を追いかけている、ドレスを着た女の子たちがすごくかわいくて、」ひときわ目立っていました。

ガンジス川のあるバラナシはヒンドゥー教徒にとって聖地である。写真は早朝のガンジス川をボートから撮ったもので沐浴する人々が写っている。

サールナートは、お釈迦様が初めて法を説かれた場所で仏教四大聖地の一つ。熱心な仏教徒だったアショーカ王が建てたダメーク・ストゥーパに向かい今日も祈りを捧げる。

早朝のカジュラホで撮れたインドの伝統的な服サリーが色鮮やかな一枚。昔ながらの暮らしをしている田舎女性の日常である洗濯と沐浴を垣間見ることができた。

インドは火を吹く、というステレオタイプは信じてなかったのですが、私の目の前で見事に吹き出しました。驚いたなあ。

このページのTOPへこのページのTOPへ