大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

国際関係学部からのお知らせ

2006年11月02日

現地研修ライブ : イラン、シーラーズ大学での様子

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2006年度イラン現地研修(9月27日〜10月22日・26日間)

テヘラン経由で空路シーラーズに入り、シーラーズ大学にてペルシア語の集中コース(15日間)実施した。その間およびその後に、ペルセポリス遺跡・フィルザバード遺跡(ゾロアスター教神殿)の見学、イスファハンに2泊3日、およびテヘランに2泊3日滞在し、イラン旅行の基本コースをまわった。

今年度特筆すべきことは、あえてラマザンの時期に研修を行い、われわれも食事の確保に苦労しながら、現地の昼間の断食と祈りの現実(シーア派)を体感し、その自己と神との直接の対話を重視するエートス(思想体系と生活態度)に触れることができたことである。さらに、帰国前に、トルコ・イスタンブール(スンナ派、ヨーロッパ文化の影響大の街)に立ち寄り、2泊3日と短い滞在だったが、日常生活や民族舞踊(ベリーダンスを含む)を垣間見て、イスラーム世界のきわめて大きな「多様性」を知ることができたと思われる。

臼杵英一

このページのTOPへこのページのTOPへ