大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

国際関係学部からのお知らせ

2012年10月02日

2012年度現地研修-インドネシア

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2012年度のインドネシア現地研修は8月25日~9月14日までの21日間でした。
インドネシアの現地研修は他の言語とは異なり、ホテルでの生活ではなく、ホームステイをしました。はじめの2週間はホームステイ、後の1週間は主に観光をしました。平日は、パジャジャラン大学(UNPAD)の言語センターでインドネシア語はもちろんのこと、西ジャワの習慣や伝統舞踊を学びました。UNPADの日本語学科の学生との交流もありました。80名近い学生が集まってくれ、有意義なひとときを過ごすことができました。

バテック バテック


ボロブドゥール、プランバナン寺院

ジョクジャカルタではこの二つの世界遺産をまわりました。現地のガイドさんの説明を聞きながら、歴史について学びました。

ボロブドゥール ボロブドゥール


お別れパーティ

2週間お世話になったホストファミリーとUNPADの先生方に感謝の気持ちを込めて、西ジャワの伝統舞踊を披露しました。当日は伝統的な衣装と化粧をして踊りました。お別れのときには涙が止まりませんでした。

伝統舞踊 伝統舞踊


この現地研修を通して

インドネシアでの現地研修はホームステイが中心であり、最初は言葉が通じるかなどの不安もありました。しかし、実際に行ってみると、どの家族もわたしたちをとてもあたたかく受け入れてくれました。現地での貴重な経験を生かしながら、より一層インドネシア語の勉強に励みたいと思いました。(生井鳳仁、和氣未來)

バリの夜 バリの夜
このページのTOPへこのページのTOPへ