大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経営学部からのお知らせ

2019年01月07日

【ゼミ紹介⑦】山口貴史ゼミナール

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

経営学部では、3.4年次に同一教員による連続した専門演習Ⅰ・Ⅱ(通称:ゼミ)という授業を行っています。ゼミとは、通常の講義とは異なり、学生も参加する演習です。

では、具体的にどんなことをやっているのでしょうか。

そこで、学生にアンケートをとってゼミの紹介してもらいました!

 

第7回目の今回は『山口ゼミナール』です。紹介してくれたのは、企業システム学科4年生の高澤晃貴さんです!

 

■研究テーマ:財務会計および財務分析の研究

ゼミでどんなことを学んでいますか?

私たちのゼミでは、財務会計、財務分析を学んで自分たちの興味のある企業や業界を分析し、プレゼンテーションをします。またコンテスト形式の株式投資学習プログラムである日経STOCKリーグに参加し、自分たちで企業の財務諸表を分析したうえで株式のポートフォリオを作成し、レポートを完成させます。

ゼミの雰囲気は?

グループワークを行うので、会話することが多く、すぐにゼミのメンバーと仲良くなれます。先生やゼミ仲間に相談しやすく、楽しい雰囲気の中で活動できています。

ゼミ長がこのゼミを選んだ理由は?

財務会計に興味があったのはもちろんですが、先生の人柄とゼミの雰囲気に惹かれました。ゼミの先輩の話を聞いている中で、「ゼミですごく力がついた」、「やる気があれば先生が教えてくれるので大丈夫」とおっしゃっていたことが決め手になりました。

ゼミの先生はどんな先生ですか?

先生は大阪府出身なので大阪弁がちょくちょく出て、とても明るいです。分からないことがあれば、とても丁寧にわかりやすく教えてくれたり、相談に乗ってくれたりする優しい先生です。

ゼミのPRポイントをどうぞ!

専門的知識が身に着くだけでなく、グループワークを通してコミュニケーション能力や協調性といった人間的な成長もできます。また財務会計、財務分析の知識は就職活動の際の企業分析や各種資格試験に役に立ちます。

最後に、担当教員から一言お願いします!

財務会計、財務分析を研究することを通して、問題発見能力・意思決定能力・プレゼンテーション能力等を磨き、社会で活躍するための土台作りを行います。
グループワーク中心にゼミを行っており、みんなで楽しく勉強しようというのがモットーです。

山口ゼミのみなさん、ありがとうございました!
このページのTOPへこのページのTOPへ