大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経営学部からのお知らせ

2018年12月17日

長谷川礼ゼミナール、国際経営7大学合同ゼミナール参加

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

長谷川礼ゼミナール3年生は、12月15日(土)、大東文化大学で開催された国際経営7大学合同ゼミナールに参加しました。

 

共通テーマ:ファン獲得の秘訣は?

 

長谷川礼ゼミナール3年生は、12月15日(土)、本学板橋校舎で開催された国際経営7大学合同ゼミナールに参加しました。7大学から21チームが参加、3会場を設けて、前半は、プレゼンテーション、司会、質疑応答、後半は、大学混合チームを編成、ディスカッションとプレゼンテーションを行いました。

 

 今年の共通テーマは、以下です。

プロ野球の広島カープのマツダスタジアムとDNAベイスターズの横浜スタジアムの公式戦のチケットが現在、入手しにくい状況になっています。これは2球団がファンの獲得に成功したことを示す現象だと考えられます。このようなファンの獲得は、スポーツチームだけでなく、ビジネスにおいても重要です。

 より多くの、より熱心なファンを獲得するためにどうすればいいでしょうか。国内だけでなく海外のファンの獲得に成功した企業や製品の事例を紹介しながら、プレゼンテーションをしてください。

 

 

前半は上述の共通テーマについてプレゼンを行いました。ファン獲得に成功した企業として、最近のネット系企業を選んだチームが多かったことが印象的でした。時代を反映してますね。後半は、大学混合チームを編成、その場で与えられた課題について、初対面のメンバーで短時間話し合って結論を出すという貴重な体験の場となりました。3年のゼミ生の皆さんには、本格化する就職活動において今回の合同ゼミナールの経験を活かし、自信をもって臨まれることを期待します。

このページのTOPへこのページのTOPへ