大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

学部長からのごあいさつ

法学部長 加藤 普章法学部長 加藤 普章

大東文化大学には現在、8つの学部があります。このなかで法学部は文学部・経済学部・外国語学部に続く4番目の学部として1973年に設立されました。当初は法律学科から構成されていましたが、1990年には政治学科が新設され、今日のような2つの学科により構成される法学部として成長してきました。また法学部を基礎として、さらに高度な研究を目指す学生のための大学院(法学研究科)も整備されてきました。

高校生の皆さんには、都内の私立大学、とりわけ文系の学部では大きな教室に多数の学生が押し込められた「マスプロ教育」が行われているというイメージがあるかもしれません。しかし、大東文化大学の法学部では可能なかぎり教員と学生が交流し、また教育できるような教育環境の整備に努めてきました。例えば、東松山校舎で学ぶ1年生には少人数で行われる英語のクラス(必修科目、クラスの人数は25名から30名前後)を単位として、専門科目の一部もクラス指定とし、少人数による教育環境を用意しています。さらに法律学や政治学の入門レベルの講義も、英語のクラスを単位として、法学部の専任教員が担当し、指導する仕組みとなっています。2年生に対しても基本的に同じ教育体制をとっています。

大学での勉強方法は高校のものと当然ですが、異なります。この不安に応えるために、法律学科では勉強成果の発表方法を学ぶ科目(文章表現法1A・1B)、そして政治学科では演習形式で学生参加型の科目(入門演習A・B)が用意されています。加えて学生から教員へ気軽に質問できる仕組み(「オフィス・アワー」と呼びます)も用意されています。講義以外の時間(教員が面会時間をそれぞれ設定しています)に学生諸君が個人的な質問を教員にすることも可能です。その意味で教員から学生へ情報の伝達だけ、というような一方通行の講義だけではないことを強調しておきます。

また大学では自分の興味や関心に応じて多数ある科目の中から(ある程度ですが)自由に選択することになります。当然、選択に悩むことになりますが、講義内容については大学のホームページなどを通して毎年、シラバスなどを公表しています。シラバスから講義の概要や毎週の講義テーマを事前に学生諸君は把握することができます。講義科目を選び、自分の知的好奇心を満たすことは大学生活の醍醐味のひとつです。ただし、クラス指定がかかっていない講義などでは履修する学生が多いこともあり、100名とか150名がひとつの教室で学ぶこともあります。このため、講義内容により、少人数の講義や演習だけではなく、多数の学生と学ぶこともあります。配置されている時間割などを考えて履修のプランを組み立ててください。

法学部では学生諸君は1年生と2年生を緑あふれる東松山校舎で過ごします。無事に進級が認められると3年生と4年生は池袋に近い板橋校舎学ぶことになります。ここでは法律学科も政治学科も多数の専門科目を開講していますので、法律学や政治学のより本格的な勉強を行うことができます。科目によっては大教室で履修することになりますが、少人数の専門演習(あるいは専門ゼミと呼びます)において教員と学生が学問的な交流を図ることが可能です。ゼミの仲間は学問的な仲間だけでなく、大学卒業後も信頼のおける友人となることでしょう。法学部で開講されている専門科目は基幹的なものから高度に応用・展開的なものと広がりを持っています。

さて法学部では何を学ぶのでしょうか。3年生や4年生になると、法律学科でも政治学科でもそれぞれ専門的で技術的な事柄を学ぶことでしょう。私はそうした専門的・技術的知識の修得と並行して、法学部では公平さや正義をどのように実現するかを学ぶ機会を学生諸君に提供していると思います。現代社会においては、個人と個人、団体と団体、個人と国家、そして国家と国家の間においていろいろな対立や紛争が生まれています。そうした紛争や対立が無くなれば理想的な社会と呼べるでしょうが、残念ながら現代の民主社会ではそうした対立が無くなることはありません。法学部で学ぶことは、法律や政治を通して当事者が納得する原理や原則、解決に向けての手続きやプロセス、そして紛争解決のメカニズムを探求することと私は考えています。また東松山校舎で開講される全学共通科目では、幅広い教養を身に着けていただき、人間社会の特質を理解する洞察力を学生諸君には深めてもらうことを期待しています。その意味で文学や歴史の知識も法学部の学生諸君には不可欠なものと思います。さらに法学部では英語をメインとしていますが、外国語の基礎力があれば、自分の視野を広げることが可能です。英語以外の外国語の修得に意欲を持つ学生のために、仏語や独語などの外国語も学ぶことが可能です。

われわれはいろいろ工夫して学生諸君の問題関心に応えることができるように努力しています。知的好奇心と問題関心を持つ皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ