大東文化大学 社会学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 社会学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

鶴田 佳史

研究分野 持続可能な社会における企業経営と組織とはどのようなものか?
担当講義 「環境経営」「経営学概論A・B」「フレッシュマンセミナーA・B」「社会学演習Ⅰ・Ⅱ」「卒業研究」
学歴・略歴 2004年3月 横浜国立大学大学院 環境情報学府 環境マネジメント専攻 博士課程単位取得後退学
2004年4月 中部大学非常勤講師(2010年3月まで)
2005年4月 法政大学人間環境学部非常勤講師(2012年3月まで)
2007年4月 成蹊大学経済学部非常勤講師(現在に至る)、成蹊大学大学院経済経営研究科非常勤講師(2007年9月まで)
2008年4月 法政大学大学院環境マネジメント研究科客員准教授(2011年3月まで)
2010年4月 大東文化大学環境創造学部環境創造学科専任講師(2013年4月から准教授)
2009年3月 国土交通省「日 ASEAN 交通連携環境行動計画に関する検討会」委員(2010年5月まで)
2010年9月 環境省「開発途上国におけるコベネフィット型温暖化対策・CDM推進検討会」委員(2011年3月まで)
2015年8月 東京商工会議所「eco検定アワード」審査委員会審査委員長(現在に至る)
所属学会 日本経営学会、組織学会、環境経営学会、Academy 0f Management、国際ビジネス研究学会、環境社会学会等
学位 横浜国立大学大学院 経営学研究科 経営学専攻 修士課程修了[経営学修士(横浜国立大学営修第289号)]
主な研究業績

野村佐智代・佐久間信夫・鶴田佳史編(2014)『よくわかる環境経営』ミネルヴァ書房。
村井秀樹・川村雅彦・鶴田佳史編(2011)『カーボン・ディスクロージャー ―企業の気候変動情報の開示動向―』税務経理協会。
鶴田佳史(2017)「ステークホルダビリティの理論的展開に向けて」『日本近代學研究』第58号、韓国日本近代学会、pp.349~361、査読有。
鶴田佳史(2012)「中小企業における環境経営の展開 -低炭素経済との関係から-」環境経営学会『サステイナブル・マネジメント』第11号第2巻、pp.33~40、査読有、「平成15年度環境経営学会優秀研究賞(環研2号)」受賞、環境経営学会、2003年5月。

学⽣へのメッセージ

持続可能性、気候変動、SDGs、ESG投資、エシカル等と企業との関係性について一緒に考えていきましょう。

  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ