大東文化大学 社会学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 社会学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

社会学部からのお知らせ

2018年12月15日

社会学部のキャリア支援行事「将来(これから)をみつめる日」が開催されました

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
講師の坪田まり子氏講師の坪田まり子氏
なりたい自分を思い描く学生たちなりたい自分を思い描く学生たち

 

 去る2018年12月15日(土)、社会学部のキャリア支援行事「将来(これから)をみつめる日」が、大東文化大学キャリアセンターとの共催で行われました。この行事は、大学でのキャリア教育の充実が求められるなか、新設社会学部としてこれを重視する立場から、学生にいち早く自分の将来をみつめる機会をもって頂きたい、という趣旨で開催されました。

 

 行事は2部構成で、第1部はプロフェッショナル・キャリア・カウンセラーである坪田まり子氏(有限会社コーディアル代表取締役)による、「キャリア形成のために今始めること」と題した講演でした。「なりたいものには必ずなれる」と、目標に向かって諦めずに努力することの重要性を説いた講演に、学生は皆熱心に耳を傾けていました。

 

それぞれの道で活躍する先輩たち     それぞれの道で活躍する先輩たち     
夢を掴むために、今なにをすべきか夢を掴むために、今なにをすべきか
たくさんの助言をいただきました            たくさんの助言をいただきました            

 

 

 第2部は、大東文化大学のOB・OGによる進路相談会で、本学キャリアセンターが「大東Café」として行ってきた恒例の行事を、今回は社会学部向けというかたちで催しました。

 

 

 当日は、民間企業従業員、公務員の、17名の卒業生が来訪し、年齢差のある1年生を相手に、適職の見つけ方や、社会人としての振舞い方などを、優しく説明していました。

 

 当日の参加は、学生95名、教員16名、職員7名でした。ご協力いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

 

このページのTOPへこのページのTOPへ