大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

法学部からのお知らせ

2019年03月09日

2018年度政治学科アクティブラーニング、沖縄、東北、南砺プログラムについて報告します!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2018年度政治学科アクティブラーニング、沖縄、東北、南砺プログラムの現地研修についてお伝えします!

政治学科アクティブラーニングでは、2018年8月21日から26日に沖縄現地研修、9月17日~20日に東北(福島・宮城)現地研修、11月23日から25日に南砺現地研修を実施しました。

沖縄現地研修では、史跡・戦跡の視察や基地周辺での住民・政治家へのヒアリング、メディアへのヒアリングなどを通して沖縄が抱える問題について考えました。

東北現地研修では、福島県・宮城県の被災地を視察し、被災された方・親しい方を亡くされた方のお話を聞き、震災の被害について多角的に学びました。

南砺現地研修では、富山県南砺市・石川県金沢市を訪れ、南砺出身の政治家松村謙三を中心に旧加賀藩の偉人について調査し、研究発表を行いました。

事前学習に取り組み、その上で臨んだ現地研修での貴重な体験。その様子をお伝えします!

このページのTOPへこのページのTOPへ