大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ディプロマ・ポリシー

教育研究上の目的

外国語学部は言語に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有し、専攻する言語およびその言語が使用される地域の文化、社会、歴史等の教育・研究を通じて、国際的な幅広い知識と教養を身につけた外国語のスペシャリストを育成することを目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

外国語学部は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(中国語学、英語学、日本語学 )の学位を授与する。

1.豊かな教養と専門的知識およびそれを活用する技能
  • 専攻言語で議論を行うことができる程度の語学力を修得している。
  • 専攻する地域の文化、社会、歴史等に関する知識を基礎にして、国際社会で貢献できるだけの幅広い教養と国際的知識を修得している。
2.他者との共同による問題発見・解決能力と、それを支える思考・判断・表現力
  • 語学力およびITスキルを使って、必要な情報を収集し、分析し、判断する能力を修得している。
  • 問題を適切に設定し、他者の言葉に耳を傾け、自らの考えをまとめ、他者に向けて表現する能力を修得している。
3.自律的学習者として学び続け、社会に貢献する意欲と能力、社会の担い手としての使命感
  • 能動的な学修姿勢を身につけ、語学の知を実践の力へと高めることができる。
  • 語学の知に基づいた実践の力によって、地域社会や国際社会が直面する課題に対応することができる。
4.本学の建学の精神や本学の理念に対する理解
  • 本学の建学の精神(漢学の振興と東西文化の融合)に基づいて、異文化を知り、自文化を相対化することができる。
  • 本学の理念(多文化共生)に基づいて、文化の多様性を知り、多様性の中から新しい価値を創造することができる。
中国語学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

外国語学部中国語学科は、中国語学に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

中国語学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(中国語学)の学位を授与する。

1.豊かな教養と専門的知識およびそれを活用する技能
  • 中国語で自分の専門分野に関する内容について議論することができる程度の運用能力を修得している。
  • 自ら課題を設定し、調査分析した結果を文章や口頭でわかりやすく論理的に表現できる 知識と技能を修得している。
2.他者との共同による問題発見・解決能力と、それを支える思考・判断・表現力
  • 中国を中心とする華語圏の文化、社会、政治、経済等についての問題意識を持ち、自らの視点で考えをまとめ、発表することができる。
  • ITスキルに関する知識を駆使して、必要な情報を収集・分析し、結論を導き出すことができる。
  • 英語圏における文化、社会等についての問題意識を持ち、それらについて自分の意見を平易な英語で表現できる。
3.自律的学習者として学び続け、社会に貢献する意欲と能力、社会の担い手としての使命感
  • 中国を中心とする華語圏の文化、社会、政治、経済等に関する知識および中国語の表現力を修得した後も研鑽を続け、社会の変化に適応し、社会に貢献できる人材足り得る能力を有する。
4.本学の建学の精神や本学の理念に対する理解
  • 中国を中心とする華語圏の人々との交流や折衝において、多様な文化を理解し尊重する姿勢、物事を円滑に進める能力を発揮することができる。
英語学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

外国語学部英語学科は、英語学に加えてドイツ語学、フランス語学に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

英語学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(英語学)の学位を授与する。

1.豊かな教養と専門的知識およびそれを活用する技能
  • 英語学および関連領域についての豊かな専門知識を有し、目標学修言語を用いて円滑なコミュニケーションをとることができる。
2.他者との共同による問題発見・解決能力と、それを支える思考・判断・表現力
  • 社会的・世界的なことがらについて、目標学修言語によるメディアからの情報を正確かつ批判的に読み取り、あるいは聞き取り、それについて自分の考えを述べ、また文章にまとめることができる。
  • 英語学および関連領域についての豊かな専門知識を基盤として、自らの視点から目標学修言語を通して発信することができる。
  • ITスキルを駆使して収集したデータを分析し、結論を導いて発表することができる。
3.自律的学習者として学び続け、社会に貢献する意欲と能力、社会の担い手としての使命感
  • 現在の知識をもとに新しい情報を常に収集し学び続けることで、急激に変わりゆく現代社会に貢献できる能力を有する。
4.本学の建学の精神や本学の理念に対する理解
  • 西洋の文化の理解を深め、東西文化を融合して新しい文化の創造に貢献することができる。
  • 異文化体験や異文化理解を通じて培った多文化への許容性を活用し、理解ある構成員として多文化共生社会で活躍する。
日本語学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

外国語学部日本語学科は、日本語学に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本語学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(日本語学)の学位を授与する。

1.豊かな教養と専門的知識およびそれを活用する技能
  • 母語として、または第二言語・外国語としての日本語の高度な運用能力を有し、それを基礎として国際社会で求められる幅広い教養と知識を修得している。
  • 日本語学の専門的な知識をもとに、日本語を客観的および分析的に理解することができる。
2.他者との共同による問題発見・解決能力と、それを支える思考・判断・表現力
  • 日本語学・日本語教育学の専門的な知識と、語学・異文化理解等の能力を組み合わせて、専門分野に関して議論することができる。
  • 自らの視点による考えをまとめ、文章や口頭で発表する能力を修得している。
3.自律的学習者として学び続け、社会に貢献する意欲と能力、社会の担い手としての使命感
  • 日本語学・日本語教育学の専門知識をもって地域社会や国際社会のニーズに応えようとする意欲を持っている。
  • 日本の文化・社会・歴史等についての問題意識を持ち、先入観を持たず自ら課題を設定することができる。
4.本学の建学の精神や本学の理念に対する理解
  • 日本語および日本文化を東西文化の接触・交流の観点から理解している。
  • 自らが学んだ内容が、多文化共生を前提とした現代社会において果たしうる役割を理解している。
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ