大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

アドミッション・ポリシー

教育研究上の目的

外国語学部は言語に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有し、専攻する言語およびその言語が使用される地域の文化、社会、歴史等の教育・研究を通じて、国際的な幅広い知識と教養を身につけた外国語のスペシャリストを育成することを目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

外国語学部は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(中国語学または英語学、日本語学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 専攻言語で専門分野に関する内容について議論することができる程度の運用能力を修得している。
  • 専攻する地域の文化、社会、歴史等に関する知識を基礎にして、国際社会で貢献できるだけの幅広い教養と国際的知識を修得している。
2.思考力・判断力・表現力
  • ITスキルに関する知識を駆使して、必要な情報を収集・分析し、結論を導き出す能力を修得している。
  • 専攻する地域の文化、社会、歴史等についての問題意識を持ち、自らの視点で考えをまとめ、発表(プレゼンテーション)する能力を修得している。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 能動的・積極的な学習・研究姿勢を身につけ、語学の知を実践の力へと高めることができる。
  • 語学の知をもって地域社会や国際社会が直面する課題に対応することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

外国語学部は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 共通教育においては、初年次教育、キャリア教育を含む全学共通科目と本学部の教育が有機的に結合するよう体系的な教育課程を編成し、実施する。
  • 初年次においては、基礎演習科目において学習に必要なスキルを学ぶ。
  • 各学生が自らの希望・選択する分野でより専門的履修が行えるようコース別の教育課程を整備し、すべての学生が1コースを選択する枠組みを設定する。
  • 少人数制による演習科目・ゼミナールを数多く編成し、実施する。
2.教育方法
  • ネイティブスピーカーの徹底指導により、専攻言語の読む・書く・聞く・話す能力を総合的に修得させる。
  • 修得した言語能力を幅広く活用するための異文化やITスキルに関する知識を修得させる。
  • 各学科独自の留学制度、現地研修制度を通じて、専攻言語の実践的な語学力をアップさせ、異文化理解をさらに徹底したものとする。
  • 専攻する言語を日本のみならず国際舞台で幅広く活用できる教員を育成するため、外国語教授法や国際関係についての知識を修得させる。
  • 少人数によるクラス編成、及びゼミナール等における指導を通じて、自分の力で情報を収集・分析し、結論を導き出し、発表する能力を養成する。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の形成的な評価として、外国語学部における卒業要件達成状況、単位 取得状況、GPA、外部客観テスト等の結果によって測定するものとする。
  • 単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

外国語学部は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 専攻言語を学ぶのに十分な基礎学力、並びに高い意欲がある。
2.思考力・判断力・表現力
  • 留学プログラムに積極的に参加して、異文化を体験することにより、価値観、ものの見方、多文化共生の有り方などについて、考察し、表現することが出来る。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 国際社会で活躍するために自分の意思を自由に表現できる実践的な語学力(技能)を身に付け、主体性を持って異なる文化的背景を有する多様な人々と協働することを将来の目的として学ぶ意欲がある。
  • 日本語を言語の一つとして客観的に学習してみたいと思う人。
  • 外国の社会、文化、歴史だけではなく、日本についての知識を深めることを目的として学ぶ意欲がある。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について
入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
AP1 AP2 AP3
センター(前・中・後) センター試験
全学部統一(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試(3教科) 学力試験
(国・英・選択)
英語外部試験活用 総合評価型 外部試験スコア
(GTEC CBT・TEAP・IELTS™・日本英語検定協会実用英語技能検定)
調査書 ●※3
課題 ●※4
自己推薦(前・後) 課題 ●※1 ●※1
自己推薦書 ●※2
中国語 ●※1 ●※1
日本語 ●※3 ●※3
個人面接 ●※2
推薦 指定校 調査書 ●※3
小論文 ●※1 ●※1
個人面接 ●※2 ●※5 ●※5
スポーツ 調査書 ●※3
個人面接 ●※2
公募制 調査書 ●※3
小論文 ●※4 ●※4
個人面接 ●※2
特別選抜 社会人 調査書 ●※3
課題 ●※1 ●※1
小論文 ●※2 ●※5 ●※5
個人面接 ●※2
留学生 調査書 ※3
英語 ●※2
小論文 ●※2
自己推薦書 ●※3 ●※3
個人面接 ●※2

※1=中国語学科のみ
※2=英語学科のみ
※3=日本語学科のみ
※4=中国語学科・日本語学科のみ
※5=英語学科・日本語学科のみ

中国語学科 アドミッション・ポリシー
教育研究上の目的

外国語学部中国語学科は、中国語学に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

中国語学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(中国語学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 中国語で専門分野に関する内容について議論することができる程度の運用能力を修得している。
2.思考力・判断力・表現力
  • 中国を中心とする華語圏の文化、社会、歴史等についての問題意識を持ち、自らの視点で考えをまとめ、発表する能力を修得している。
  • ITスキルに関する知識を駆使して、必要な情報を収集・分析し、結論を導き出す能力を修得している。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 中国を中心とする華語圏の文化、社会、歴史等に関する知識および中国語の表現力を修得した後も研鑽を続け、社会の変化に適応し、社会に貢献できる人材であり得る。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

中国語学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 1、2年次にはクラス担任制による責任を持った指導を行う。2年次より「中国語・社会(ビジネス)コース」と「中国語・言語(通訳翻訳)コース」に分かれ、前者のコースにおいては現代の中国を理解し中国語をビジネスに活用できる能力を修得させ、後者のコースでは中国語を深く掘り下げて学ぶことで、通訳翻訳のできる能力を修得させる。
  • いずれのコースにおいても、中国語ネイティブスピーカーの指導により、中国語の読む・書く・聞く・話す能力を確実に修得させる。それと同時に日中関係を視野に入れながら、日中経済動向、日中貿易関係および中国と関係の深い華語圏の社会文化に関する知識を修得させる。
  • 外国語科目としては1年次の英語を必修科目とし、2年次の英語は選択科目とする。全学共通科目のうち12単位を卒業に必要な選択必修科目とする。
  • 受身の態度ではなく、自ら積極的に学ぶ姿勢を養うことで、卒業後も絶えずスキルアップができる能力・技術・態度を修得させる。
2.教育方法
  • 3、4年次には1、2年次に修得した基礎の上に、中国語の文献を深く読み込み、理解し、自分の考えをまとめた後は、それを中国語で表現できる能力を高めるための科目群を置く。
  • 3、4年次には、さらにゼミ教員による卒業研究指導により、情報を的確に収集し、集めた情報を正確に分析し、それをまとめて報告・討論できる能力と技術を修得させる。
  • 中国・台湾における短期留学(研修)や長期留学に参加することにより、中国語の実践的な語学力を向上させ、異文化理解に関する知識を修得させる。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の形成的な評価として、中国語学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA、外部客観テスト等の結果によって測定するものとする。
  • 学位授与方針で掲げられた形成的評価と比較して、その評価に届かない学生については、教員による個人面談を実施する。
  • ゼミを選択した学生については、4年間の総括的な学修成果として、ゼミ教員による卒業論文あるいはそれに代わるものの評価を行う。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

中国語学科は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 高等学校卒業レベルの十分な学力を有している。
  • 中国語を学ぶ意欲と基礎学力を有している。
2.思考力・判断力・表現力
  • 中国の言語、文化、娯楽、歴史、政治、経済について興味があり、そうした事柄についてより深く学びたいと考えている。
  • 単なる知識の修得にとどまらず、その知識にもとづいてより深く考え、自分の考えをまとめ、発表する能力を得たいと考えている。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 将来は中国語を使う職業につきたいと考えている。
  • すでに一定の中国語能力を有しているが、その中国語の運用能力をさらに向上させたいと考えている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について
   
入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
AP1 AP2 AP3
センター(前・中・後) センター試験
全学部統一(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試(3教科) 学力試験
(国・英・選択)
英語外部試験活用 総合評価型 外部試験スコア
(GTEC CBT・TEAP・IELTS™・日本英語検定協会実用英語技能検定)
調査書
課題
自己推薦(前・後) 課題
自己推薦書
中国語
個人面接
推薦 指定校 調査書
小論文
スポーツ 調査書
個人面接
公募制 調査書
小論文
個人面接
特別選抜 社会人 調査書
課題
個人面接
留学生 調査書
小論文
個人面接
英語学科 アドミッション・ポリシー
教育研究上の目的

外国語学部英語学科は、英語学に加えてドイツ語学、フランス語学に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

英語学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(英語学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 日常的なことがらについて、目標言語(英語、英語とドイツ語、英語とフランス語)で話される内容を理解し、また対話することができる。
2.思考力・判断力・表現力
  • 社会的・世界的なことがらについて、目標言語(英語、英語とドイツ語、英語とフランス語)によるメディアからの情報を正確かつ批判的に読み取り、あるいは聞き取り、それについて自分の考えを述べ、また文章にまとめることができる。
  • 英語学および関連領域、専攻する地域の文化、社会、歴史等における幅広い知識を有し、問題意識を持って自らの視点から意見を述べることができる。
  • ITスキルを駆使してデータを収集、分析し、結論を導いて発表することができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 現在の知識をもとに新しい情報を常に収集し学び続けることで、急激に変わりゆく現代社会に有為に貢献する構成員となる高い資質を有する。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

英語学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 英語コースおよびヨーロッパ2言語コースの2コース制をとる。英語コースは英語を、ヨーロッパ2言語コースは英語とドイツ語または英語とフランス語を主たる目標言語とする。
  • いずれの目標言語においても、日常的な事柄について対話するスキルを向上させる授業科目を置く。
  • いずれの目標言語においても、社会的な事柄、グローバルイッシューについて語り、また書く授業科目を置く。
  • 英語学およびその関連領域、専攻する地域の文化、社会、歴史等について学ぶための、入門、概論、研究という系統だった科目群を置く。
  • 情報を収集し、分析し、発表するためのITスキルを養成する科目群を置く。
  • 自分の力で情報を収集・分析し結論を導き出して発表するスキルを養う、ゼミナールを配する。
  • 学問分野で分類された基本科目、学際的な課題(テーマ)科目、教職資格専門科目からなる全学共通科目を置く。
2.教育方法
  • 主体的な学びを促進するために、専門科目においては、アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法を採用する
  • 1年次より4年次まで、少人数のゼミナールの履修を必修化し、インタラクティブな教育を実施する。
  • 海外での体験学習の受講(留学)を積極的に推奨する。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の修得度合いを、英語学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA、外部客観テスト等の結果によって形成的に測定する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

英語学科は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 高等学校卒業レベルの十分な学力を有している。
  • 英語の運用能力をさらに向上させたいと考えている。
  • 英語という言語および関連する分野について、学問としてさらに深く学びたいと考えている。
  • ドイツ語あるいはフランス語を学び、またドイツ語圏やフランス語圏などのヨーロッパ文化について学びたいと考えている。
2.思考力・判断力・表現力
  • 現代社会の諸相について問題意識を持ち、外国語を通じてそれらについてより深く学びたいと考えている。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 異文化体験・異文化理解を通じて自分自身のものの見方を広げ、また深めたいと考えている。
  • 将来、英語、ドイツ語、フランス語の能力を活かした職業に就きたいと考えている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について
入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
AP1 AP2 AP3
センター(前・中・後) センター試験
全学部統一(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試(3教科) 学力試験
(国・英・選択)
英語外部試験活用 総合評価型 外部試験スコア
(GTEC CBT・TEAP・IELTS™・日本英語検定協会実用英語技能検定)
調査書
課題
自己推薦(前・後) 自己推薦書 ●(言語の技能)
個人面接
(英語実技面接含む)
推薦 指定校 調査書
個人面接
(英語実技面接含む)
スポーツ 調査書
個人面接
公募制 調査書
個人面接
(英語実技面接含む)
特別選抜 社会人 調査書
小論文 ●(言語の技能)
個人面接
留学生 調査書
英語
小論文 ●(言語の技能)
個人面接
日本語学科 アドミッション・ポリシー
教育研究上の目的

外国語学部日本語学科は、日本語学に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有する人材の養成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本語学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に、卒業の認定を行い、学士(日本語学)の学位を授与する。

1.知識・技能
  • 母語としての日本語、あるいは、第二言語・外国語としての日本語の高度な運用能力を基礎として、国際社会で活躍できる幅広い教養と知識を修得している。
  • 日本語学の専門的な知識をもとに、日本語をより客観的に、より深く理解することができる。
2.思考力・判断力・表現力
  • 日本語学・日本語教育学の専門的な知識を持ち、語学・異文化理解等の能力を用いて、専門分野に関して議論することができる。
  • 日本の文化・社会・歴史等についての問題意識を持ち、自らの視点で考えをまとめ、発表する能力を修得している。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 日本語学・日本語教育の知を実践の力へと高めることができる。
  • 日本語学・日本語教育の知をもって地域社会や国際社会のニーズに応えることができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

日本語学科は、卒業認定・学位授与方針に掲げる能力を修得させるために、以下のような内容、方法、評価の方針に基づき、教育課程を編成する。

1.教育内容
  • 全学共通科目においては、基本科目のABCDの4系列の履修を通して、広く一般的な教養を身につけさせる。
  • 基礎教育科目の選択科目「キャリア・デザイン」によりキャリア教育を行う。
  • 初年次においては、必修の基礎教育科目で、日本語の基礎的運用能力を前提として専門的な研究に入るためのスタディスキルやITスキルを修得させる。
  • 専門教育科目では、日本語学、言語学、日本語教育学関連の必修科目および語学の選択必修科目の学修を通じて、日本語学、言語学、日本語教育学、語学、異文化理解等の能力を修得させる。
2.教育方法
  • 日本語に加えて複数の外国語を学ばせることによって、日本語と他言語との比較の視点や、日本語教育上必要な学習者の母語についての知識を修得させる。
  • 3・4年次においては、日本語学、言語学、日本語教育学、日本言語文化学など、学科カリキュラムに対応した少人数のゼミである専門演習で、活発な議論や卒業論文の執筆を行うことにより、特定の課題について問題意識を持ち、自らの視点で考えをまとめ、発表する能力を修得させる。
  • 日本語の運用能力を高めるための科目の学修により、社会人として仕事をするうえでの強みとなる実務的かつ高度な日本語力を修得させる。
3.評価方法
  • 学位授与方針で掲げられた能力の形成的な評価として、日本語学科における卒業要件達成状況、単位取得状況、GPA、外部客観テスト等の結果によって測定するものとする。
  • 単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準を明確化し、成績評価を厳格化する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

日本語学科は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 日本語学に対する深い関心と、それを専門的に学ぶのに十分な基礎学力を持っている。
  • 日本語について専門的に学ぶための基礎となる確かな日本語力を持っている。
2.思考力・判断力・表現力
  • 日本語や日本の文化を世界の言語・文化の中で相対化し、客観的に見ることのできるだけの批判的な思考力や判断力を持ち、その思考や判断を的確に表現できる。
  • 先入観や偏見にとらわれず、広い視野から外国文化に触れ、それをありのままに理解できる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 日本語や日本の文化を深く学ぶとともに、外国語・外国文化にも関心を抱き、異文化交流に積極的に参加する意欲を持っている。
  • 日本語教師・国語教師のみならず、本学科で修得した能力と知識を生かして、広く世界と日本の中で活躍できる職業につきたいと考えている。
  • 日本語学科で学んだことを創造的に活用して、大きな変動の中にある現代社会の需要に応えたいと考えている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について
入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
AP1 AP2 AP3
センター(前・中・後) センター試験
全学部統一(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試(3教科) 学力試験
(国・英・選択)
英語外部試験活用 総合評価型 外部試験スコア
(GTEC CBT・TEAP・IELTS™・日本英語検定協会実用英語技能検定)
調査書
課題
自己推薦(前・後) 自己推薦書
日本語
個人面接
推薦 指定校
スポーツ
調査書
個人面接
公募制 調査書
小論文
個人面接
特別選抜 社会人 調査書
小論文
個人面接
留学生 調査書
小論文
自己推薦書
個人面接
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ