大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

文学部からのお知らせ

2020年04月15日

日本文学科 新2、3、4年生の皆さんへ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日本文学科 新2、3、4年生の皆さんへ

 

 新型コロナウィルズ感染拡大の影響から、ガイダンス等が中止になり、授業開始も連休明けにずれ込むなど、予定された日程が大幅に崩れ、皆さんも当惑していることと推察いたします。

 

 ガイダンスは、必要不可欠な情報を伝達する機会になっています。それが中止されたダメージを少しでも軽減するために、事務職員を中心にさまざまな手立てを講じていますが、皆さん方の方でも、ホームページやDBポータルに掲示される情報を熟読して、支障なく新年度を迎えられるよう努めて下さい。

 

 授業が開始になるまでの時間を有効に使って下さい。授業で取り上げられる作品や文献を自主的に読み進めるなど、スムーズに授業開始を迎えられるよう準備を整えて下さい。とりわけ4年生は、各自が卒業論文で取り上げることになっているテーマについて、自主的な勉強を推し進めて下さい。

 図書館が利用できないために、勉学の面でも不利な条件下にあると思いますが、WEB上で利用できる資料を活用するなど、それぞれに工夫して乗り切って下さい。教員にも相談してみて下さい。

 

 授業開始後も、感染拡大を防ぐ観点から、やむをえず自宅学習中心の変則的な授業形態をとらざるをえなくなりました。ですが、そもそも大学の授業というものは、教室で受けた授業時間の数倍に及ぶ自宅学習を必要とするものなのです。これを機会に自宅で学習する習慣を身につけてほしいと願っています。

 

 4年生は、就職活動の方面でも、新型コロナウィルスの影響を受けて、困惑していることと思います。条件はみな同じなので、焦らず、衛生面に留意して、所期の目標を達成できるよう、忍耐強く慎重に活動して下さい。

 

      2020年4月14日

                        日本文学科主任  藤尾 健剛

このページのTOPへこのページのTOPへ