大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

文学部からのお知らせ

2022年05月17日

「 オタクって何だろう?〜オタクから学ぶコミュニティの作り方〜」をテーマに春季定例会を開催

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

東松山キャンパスにて、2022年度教育学会春季定例会を開催しました。テーマは「 オタクって何だろう?〜オタクから学ぶコミュニティの作り方〜」。学生自身がこれまで経験したコミュニティを反省的に捉え、集団とのよき関わり方を模索する場となりました。

 

定例会の構成

第1部(60周年記念講堂)では、新入生から上級生まで全体で課題を共有したのち、第2部(11号館 11-0301〜11-0305教室)では、各12名程度のグループを作り、「コミュニティボール」や「えんたくん」といったツールを使用して参加者同士の対話を深めるワークショップを行いました。互いを認め合えるような考え方や、個性を尊重し合える社会や環境を主体的に作り上げていく姿勢を養うよい機会となっていました。

 

アイスブレイクの自己紹介の段階から、上級生下級生の枠を超えて、和やかで活発な雰囲気は、教育学科ならではのものです。感染症対策から対面活動ができなかった長い期間を経ても、教育学科の強い絆や知的で活発な様子は健在でした。

このページのTOPへこのページのTOPへ