大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

中国文学科

中国の文化と中国語を総合的に理解し、
バランス感覚豊かな国際性を養う。

学科の特徴

漢文訓読の授業が充実しています。日本では明治時代まで公式文章に漢文や漢文訓読が用いられていたこともあり、漢文訓読を学ぶことは日本の文化や歴史を理解する手がかりにもつながります。そのため1年次からしっかり漢文訓読を学ぶカリキュラムになっています。

中国語もネイティブスピーカーの教員とともに実用的な中国語能力を高め、コミュニケーション力の向上を図っています。さらに、中国の山東大学や台湾の輔仁大学と提携しており、国際交流センター主催の短期・長期の留学プログラムや学科の奨学金留学の制度を利用して学ぶことが可能です。

漢文や中国語と並行して書道を学ぶことができるため、国語だけでなく書道の教員免許も取得することができます。高校で本大学出身の書道の先生に学び、その先生の勧めで本学へ入学した学生も大勢います。

毎年、春には教員・大学院生・OBや外部講師などによる中国文学科講演会・漢学会大会(同時開催)を開催、秋にはより本格的な研究発表会が行われます。この講演会や発表会では、普段の授業とは異なる角度から中国文化についての知識を得ることができます。

本学では約7万冊の漢籍を所蔵しています。中国では戦乱のたびに書物が失われ、日本に輸入され日本にしか残っていないとても貴重な古書に触れることができます。

POINT
漢文読解力の養成。

中国の文学・哲学・史学の古典文を読解することにより、漢文訓読力の向上を図ります。

POINT
中国文化の理解。

文学をはじめ、哲学・思想、歴史、書道芸術などを通して、中国人の精神的背景となっている伝統的な文化への理解を深めます。

POINT
中国語を習得。

ネイティブスピーカーの教員とともに、実用的な中国語の能力を高め、中国語を話す人々とのコミュニケーションを図ります。

POINT
国際感覚を養う。

中国文化圏に対する総合的な理解に基づく国際感覚を養うことで、中国と日本との架け橋となれる人材を育成します。

学ぶ領域

学ぶ領域

中国文学科と中国語学科の違い

中国文学科と中国語学科の違い
文学部 中国文学科とは
文学、哲学・思想、歴史などを通じ、中国の文化的遺産を学びます。

文学、哲学・思想、歴史、中国語、書道芸術など、中国が長い歩みの中で生み出し、育んできた文化を中心に学習。文化遺産について学びながら、現代中国へと理解を進めていきます、中国の文化そのものに深い造詣を持つ優れた人材の育成を目指します。

外国語学部 中国語学科とは
実用的な中国語教育により、より実践的な能力を養成します。

実用的なコミュニケーションの手段としての中国語を修得していきます。パソコンスキルの習得にも力を入れ、ダイナミックに成長を遂げる中国経済の中で活躍したり、中国でのビジネスを広げる日本企業などを志望する人に必要な能力を養成していきます。

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
このページのTOPへこのページのTOPへ