大東文化大学英米文学科 Department of English and American Literature

学科紹介
英米文学科概要
先生・ゼミ紹介
カリキュラム
資格取得
受験生向け情報
卒業後進路
英米ってなに!?
ギャラリー
FAQ

TOPページ

学科紹介 | Introduction
 

バーバラ・イエツ Barbara Yates
Hello everyone.
My name is Barbara and I live in the wild west of the Kanto plain in Kiyose where I like to stargaze from cabbage patches.
I graduated from the University of Iowa about the Jomon period, with a Doctorate in Law and all the coursework for a PhD in American Studies.



■ 教えている科目とその内容(What do you teach?)

I teach the literatures and cultures of the Americas and about gender and sexuality, race and ethnicity through fiction and fim.

I celebrate all our diversities through my teaching.


■ 先生の研究テーマ(What are you researching?)

I'm currently researching Borders, what they are, and how and why we create them.
My newest book, "Sparkling Rain" and other stories of women who love women from Japan is scheduled for publication this year in March.




■ 好きな言葉はなんでしょう?

YES WE CAN!


■ 専門のおもしろさを語ってください!

Minorities and immigrants in both Japan and America are gaining power and influence, making for a more multicultual society. Hooray!


■ 受験生に向けてのメッセージをお願いします!

YES YOU CAN





学生から見た、先生の紹介文


Barbara 先生は一言で言ってパワフルな先生です。大学教授と言えばお堅いイメージがあるかもしれませんが、Barbara先生はその様なイメージとは異なり、良い意味で先生らしくない先生だと思います。そしてアメリカ出身の方らしく「自由」を体現されている印象がとても強いです。初めて会う人はその自由さに衝撃を受けるかもしれませんが、Barbara先生は本当に学生のことを良く考えてくださり、学生がやりたいことをどんどんプッシュしてくれて、とても心強いです。

また、先生のご自宅があるアメリカのオレゴン州を訪問させていただいた際には「私はツアーガイドじゃない」と異国の地で多少ほったらかしにされましたが、それも学生主体で行動するべきだ、という先生のお考えからの発言でありました。「私はツアーガイドじゃない」とはおっしゃられましたが、実際にはオレゴンの文化や観光名所などを沢山教えていただき、その情報を基にオレゴンでの滞在を満喫させていただきました。

「先生らしくない先生」と書いてしまいましたが、それは堅い印象がないというだけであって、Barbara先生は大変知識が豊富でいらっしゃるので、どんな質問をしても的確かつ論理的に答えていただけます。文化や歴史に限らず、アメリカの映画などにも興味があるなら、Barbara先生の授業を受けてみたらいいカトネ!

 



先生紹介へ戻る