大東文化大学英米文学科 Department of English and American Literature

学科紹介
英米文学科概要
先生・ゼミ紹介
カリキュラム
資格取得
受験生向け情報
卒業後進路
英米ってなに!?
ギャラリー
FAQ

TOPページ

学科紹介 | Introduction
 

田仲 勉  Tsutomu Tanaka
こんにちは。ぼくは最近、勉強も趣味も本当に楽しいものに集中して深く味わうことを心かげています。学生の皆さんにも、勉強を楽しさに近づく道だということを伝えたいと望んでいます。



■ 教えている科目とその内容(What do you teach?)

英米詩演習、英米詩概論、イギリス文学史、ゼミ(ロマン主義の詩)

■ 先生の研究テーマ(What are you researching?)

イギリスロマン主義の詩、特にブレイク、ワーズワース、キーツなどを中心に勉強しています。


■ 週末は何をしていますか?(What do you do on the weekend?)

金曜の午後はポター資料館のポタジェ(菜園)の手入れ、土曜の午後は碁友と対局、日曜の午後は秘密の趣味のけいこをして、どれも楽しくやっています。




■ 好きな言葉はなんでしょう?

......to live as if to live and love were one. (Ahley Montagu)


■ 専門のおもしろさを語ってください!

詩を読み、その豊かな想像力の世界を、響きのいいことばで味わうことは、えもいわれぬ楽しみです。詩は自然や絵画的な美しさや人のこころの真実、理想などを、音の美しさと空想的なイメージを伴って、人の心に響かせます。まさにすばらしいことばの芸術です。


■ 受験生に向けてのメッセージをお願いします!

大学は知の習得を通して、人生の喜びと広さ、深さを学ぶところです。ぼくの好きなアメリカの思想家A.モンタギューという人は、「全ての学問は人間を幸せにすることに向かわなければならない」と言っています。受験勉強は苦しい忍耐を伴うものだと思いますが、一旦大学に入れば、今の苦しみがきっと人生の意義を学ぶ大きな喜びに変わります。大学は受験勉強の試練を乗り越えたあなたを待っています。





授業履修学生から見た、先生の紹介文

父親のように温かい心を持っていて、一年間、とても充実したゼミ活動をすることができました。
イギリスロマン主義の詩を学び取るだけでなく、田仲先生の優しい気持ちも私たちには伝わってきました。

 



先生紹介へ戻る