大東文化大学英米文学科 Department of English and American Literature

学科紹介
英米文学科概要
先生・ゼミ紹介
カリキュラム
資格取得
受験生向け情報
卒業後進路
英米ってなに!?
ギャラリー
FAQ

TOPページ

学科紹介 | Introduction
 

照沼 阿貴子 Akiko Terunuma
こんにちは。照沼(てるぬま)です。私は東松山校舎に研究室を持っており、学生のみなさんとは、主に1年生・2年生の時に授業でお会いすることになると思います。どうぞよろしくお願いします。



■ 教えている科目とその内容(What do you teach?)

英語を運用するために必要な基本的な文法を体系的に学ぶ授業や、
英語の音声、語彙、文構造、歴史などについて概観し、中学・高校で学ぶ英文法とは異なった視点から英語とはどんな言語なのかを学ぶ授業を担当しています。

■ 先生の研究テーマ(What are you researching?)

私の専門は言語学・英語学です。言語学・英語学の学問領域にも様々な分野がありますが、私は言語取得(子供がどのように母語に関する知識を取得するのか)に興味を持っています。


■ 週末は何をしていますか?(What do you do on the weekend?)

特に週末に限ったことではないのですが、私の趣味はピアノで、気分転換にピアノをよく弾きます。もっとも今は、ピアノを習っていた子供の頃のように毎日というわけにはいきませんが・・・。
主にクラッシックを弾きます。




■ 好きな言葉はなんでしょう?

「信」

(好きな言葉とは少し違いますが、学生をはじめ、周囲の人から信頼される人でありたいと思っています。)


■ 専門のおもしろさを語ってください!

私が専門とする言語学の面白みの1つは、言語や言語獲得過程の背後にある規則性を見出していくことだと思います。また、私が特に興味を持っている第一言語獲得の研究では、子供を対象とした調査を行うことがあります。その調査の方法を具体的に考えて実行することも、大変ではありますが、楽しくもあります。


■ 受験生に向けてのメッセージをお願いします!

皆さんの中には、文学部英米文学科は単に読書をする所だと思っている人がいるかもしれません。しかし、英米文学科はただ本を読むだけの所ではありません。イギリスやアメリカの文化・歴史・思想についても学びますし、英語という言語そのものについて学ぶ言語学の授業もあります。英米文学科をよく知るために、まずは、オープンキャンパスに来て、体験授業に参加し、学科別相談で教員と話をしてみて下さい。





ゼミ所属学生から見た、先生の紹介文

照沼先生は、優しく穏やかで英米文学科の誇る魅力的な先生と言えるでしょう。
授業では多くの学生の専門分野への関心をひきつけてくれます。
美人で、発音もスタイルも声も全てが素敵な先生です。
説明もとてもわかりやすく、フレンドリーな授業です。

 



先生紹介へ戻る