大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

現代経済学科

カリキュラム

授業・ゼミ紹介

経済データ分析A・B
角田 保

経済データ分析A・B

パソコンを用いて確率論や統計学の初歩を学びます。例えば表やグラフをExcelでつくって確率を直感的に学んだり、キーボードのタイピング速度を2回計って、2回目の方が速いといえるか統計的に検定したりします。知識のみではなくPC操作を楽しみながら学べます。

応用経済学A・B・C・D(情報と行動の経済学A・B)
岡田 知久

応用経済学A・B・C・D(情報と行動の経済学A・B)

前期は経済学に心理学の考え方を取り入れた「行動経済学」、後期は経済活動における情報の役割を考える「情報の経済学」を学びます。どちらも近年のノーベル経済学賞と関わり、今熱い分野といえます。前期ではスマートフォンを使っての実験で、その結果を基に進めます。

現代産業論A・B(漁業経済学A・B)
山下 東子

現代産業論A・B(漁業経済学A・B)

食用魚介類は、その半分以上を天然資源に依存しているため獲りすぎればなくなってしまいます。養殖も餌にする小魚は野生生物です。この授業では水産資源を取り巻く諸問題を多角的に取り扱います。水産業を通して日本と世界を眺める目を養いましょう。

専門演習Ⅰ・Ⅱ(マクロ経済学)
顧 濤

専門演習Ⅰ・Ⅱ(マクロ経済学)

世の中の経済活動に対し、データを収集して分析するマインドの養成が目標です。また経済データと経済理論の対応関係を学習し、経済学でものを考えるセンスを磨いていきます。日々変動する「生きた経済」に絶えずアプローチすることを心掛けています。

研究テーマ一覧

  • 産業組織論・流通経済論
  • 銀行や資本市場を通じた資金融通メカニズム(金融システム論・企業金融論)
  • 英語学(認知・機能文法)
  • カオス理論とその応用
  • 行動経済学・実験経済学
  • 経済思想史、経済学説史
  • 経済データを用いた集中度指数の計測
  • 交通の研究
  • 数学・計量経済学・ExcelなどのPC操作
  • 解析的整数論
  • 金融論・マクロ経済学
  • マクロ経済学
  • 国際経済学・空間経済学
  • 都市と人口の実証研究
  • 日本経済の現在、過去、未来
  • 開発経済学・ミクロ計量経済学
  • マクロ経済学
  • 人口減少と日本経済
  • ソフトウェアとアルゴリズム(算法)
  • 資源経済学
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ